オンライン家庭教師のメガスタ
早稲田
志望校に届いていない高校生へ 11月からでも間に合います!

E判定から
早稲田大学
文化構想学部

合格するための
入試傾向・対策ページ

引用元:写真AC

本年度受験生の受付終了まであと3日

大学に
逆転合格できました!

  • 「D判定から早稲田に逆転合格できました!」

    合格校:早稲田大学(文化構想・文・法・国際教養)ほか
    小川 葵さん(愛知県)

  • 「諦めかけていた早稲田に受かりました!」

    合格校:早稲田大学(文化構想・教育・スポーツ科学部)ほか
    結城 玲奈さん

  • 「偏差値20アップで早稲田に合格!」

    合格校:早稲田大学(政治経済・文化構想・文・教育・社会科学)ほか
    池上達志さん

このページでは、早稲田大学の文化構想学部に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

早稲田大学文化構想学部に合格するには?

早稲田大学文化構想学部に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ早稲田大学 文化構想学部の入試を確認し、勉強の優先順位を決める

早稲田大学文化構想学部に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。
ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのためには、文化構想学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めることが大切です。

ご存じだと思いますが、早稲田大学は学部によって入試内容がバラバラです。
同じ大学でも学部によって、受験科目・配点・問題の傾向などが異なります。

ですので、文化構想学部の入試内容を知った上で傾向に沿って、「出やすいところ」から優先順位をつけて対策をしていくことが合格への何よりの近道です。

下記では、文化構想学部の入試情報をご紹介しています。ぜひ確認してみてくださいね。

早稲田大学 文化構想学部 入試情報

※偏差値は河合塾のデータを参照 ※入試内容は更新時点での2022年入試の最新内容です。
入試内容の変更となる場合があるため、詳細は大学の最新の発表内容をご確認ください。

文化構想学部

学部 偏差値
文化構想 67.5

[文化構想/一般]配点(200点満点)

教科 配点 科目
外国語 75点 英語(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)
国語 75点 国語総合、現代文B、古典B
地歴 50点 世界史B、日本史Bから1科目選択

いかがでしょうか?

配点の高い科目ほど合格を左右する重要科目です。もし苦手だったり、後回しにしていたりする科目の場合には、受験勉強のやり方を変える必要があります。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

ステップ早稲田大学 文化構想学部の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

早稲田大学文化構想学部の場合、入試問題の傾向は毎年一定でほぼワンパターンであることをご存知ですか? 問題量、難易度、出やすい分野が決まっています。

2022年度入試でも入試に大きな変更がないことが発表されていますので、早稲田大学文化構想学部に合格するためには、傾向を知った上で優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、文化構想学部の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

早稲田大学 文化構想学部 科目別対策

英語 入試傾向と対策ポイント

大問数 5題
解答形式 マークシート式+記述式
試験時間 90分

全体的に高い語彙力が要求されるため、過去問を中心に対策を練ろう

早稲田大学文化構想学部の英語では、長文読解問題が3題、会話問題、英作文問題が出題されます。長文読解は分量が多く、難易度の高い単語も頻出するため念入りな対策が必要です。

出題形式は、英作文以外はマークシート方式の選択問題が出題されます。時間内に解き終わるためにも、速読を心がけ平易な問題はリズムよく解答することを意識しましょう。

試験対策は、単語や英文法などの基礎学力を身につけた後は、過去問を中心に演習問題に取り組むことをおすすめします。演習を通じて語彙力を高めつつ、様々なジャンルの英文に接するよう心がけましょう。

国語 入試傾向と対策ポイント

大問数 3題
解答形式 マークシート形式+記述式
試験時間 90分

問題自体は平易だが分量が多いため、時間内に解くための対策が必要

早稲田大学文化構想学部の国語は大問が3題出題されます。例年大問1は現代文と明治文語文が出題され、大問2で現代文読解問題、大問3では現代文と古文、漢文の融合問題が出題されます。

問題自体は正誤問題や空欄補充問題など典型的な内容が多いものの、大問1の明治文語文などは事前に対策をしておかなければ対応するのが難しいでしょう。

古文や漢文の基本的な知識を確実に身につけた後は、時間を測りながら同学部の過去問に取り組み問題の形式に慣れるよう心がけましょう。

日本史 入試傾向と対策ポイント

大問数 4題
解答形式 マークシート式+記述式
試験時間 60分

テーマ史を意識した勉強を行い、過去問に取り組み傾向を掴もう

早稲田大学文化構想学部の日本史は、大問が4題出題されます。それぞれテーマ史が出題され、全体的に近現代史から出題される比重が多いのが特徴です。

過去、社会経済史や文化史からの出題も多く、これらは重点的な対策が必要です。

問題形式は内容正誤問題や空欄補充問題、年代並べ替え問題や記述問題が出題されます。形式は平易ですが内容はレベルが高い問題が多く、できるだけ多くの過去問や同レベルの問題集に取り組みながら知識を深める必要があるでしょう。

世界史 入試傾向と対策ポイント

大問数 8題
解答形式 マークシート式+記述式
試験時間 60分

細かい内容を問う知識問題が多いので、徹底して深い知識を深めよう

早稲田大学文化構想学部の世界史は、60分間で8題の大問が出題されます。

内容正誤問題や地図を使った問題、地名や人の名前を記述させる問題などが例年出題されます。基本的な内容から教科書には掲載されていない難易度の高い問題まで出題されることから、早い段階から用語集や資料集を活用してより深い知識を習得することが大切です。

時間内で全ての問題を解答するためには、時間配分に意識しながらリズムよく問題に取り組む必要があります。時間を計りながら過去問を解き、素早く解答する習慣を身につけましょう。

いかがでしょうか?
今まで早稲田大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。

繰り返しになりますが、早稲田大学の場合、学部によって入試傾向はまったく異なります。
入試傾向を知らずに勉強を進めていては、なかなか合格は近づきません。

  • ステップ1
    「文化構想学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」
  • ステップ2
    「文化構想学部の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」

この2つのステップで受験勉強を進められれば、たとえ偏差値が届かない状況からでも合格できる可能性ははるかに上がるのです。

早稲田大学 文化構想学部対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には早稲田大学の文化構想学部の対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での早稲田大学文化構想学部対策とは個別指導塾での早稲田大学文化構想学部対策とは

塾や予備校での早稲田大学文化構想学部対策とは個別指導塾での早稲田大学文化構想学部対策とは

塾や予備校での早稲田大学文化構想学部対策とは個別指導塾での早稲田大学文化構想学部対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、どうやって受験対策をすればいいのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタ オンラインは大学受験の専門家です。
早稲田大学に合格させるノウハウをもっています。
ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「早稲田大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタ オンラインの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

早稲田大学 文化構想学部の
入試問題の
合格点を
取れるようにします!
合格圏外から逆転合格させる
メガスタの早稲田大学
文化構想学部対策とは!?

早稲田大学 文化構想学部の入試で出やすいところから解けるようにします。

早稲田大学の入試で出やすいところから解けるようにします。

あなただけの合格プランを考えて指導します。

常に最短ルートで合格させるための指導を行います。

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

メガスタの
「受かる
早稲田大学 文化構想学部対策」
に興味のある方は、
まずは無料の資料を
ご請求ください!

「早稲田大学 文化構想学部の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

無料資料の内容
資料
資料内容
無料資料請求
こちら

お急ぎの場合には、
お電話での無料学習相談へお進みください

メガスタの
早稲田大学
文化構想学部
対策とは?

早稲田大学文化構想学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが早稲田大学文化構想学部の受験生に選ばれる6つの理由

早稲田大学文化構想学部対策はメガスタにご相談ください

早稲田大学文化構想学部に合格させるための指導とは

早稲田大学文化構想学部に合格させる指導プラン

早稲田大学文化構想学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が早稲田大学文化構想学部対策をします

早稲田大学文化構想学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが早稲田大学文化構想学部の受験生に選ばれる6つの理由

早稲田大学文化構想学部対策はメガスタにご相談ください

早稲田大学文化構想学部に合格させるための指導とは

早稲田大学文化構想学部に合格させる指導プラン

早稲田大学文化構想学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が早稲田大学文化構想学部対策をします

早稲田大学文化構想学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが早稲田大学文化構想学部の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

早稲田大学文化構想学部対策はメガスタにご相談ください

早稲田大学文化構想学部に合格させるための指導とは

早稲田大学文化構想学部に合格させる指導プラン

早稲田大学文化構想学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が早稲田大学文化構想学部対策をします

早稲田大学 
文化構想学部紹介

早稲田大学 文化構想学部は、旧第一文学部と旧第二文学部の改組・再編成により生まれた学部です。文学部も同時に生まれています。文学部が伝統的な人文科学・文化科学を学ぶのに対し、文化構想学部は人文科学・文化科学の新しい領域を展開・学ぶことを方針としています。
キャンパスは文学部とともに4年間戸山キャンパスです。

早稲田大学の文化構想学部は、体系的な教育課程と生活環境の中で学問・文化・価値観・言語の交流を学び、地球社会に貢献できる人材を育成するのが目的になります。
多面的な様相が見られる時代に生き抜く幅広い教養を持った人材を育成し、豊かな発想を大切にする教育方針の学部です。
入試問題は、文学部と似た出題傾向にありますが、年度によって難易度に差が出ることもあります。

URL

早稲田大学公式サイト
https://www.waseda.jp/top/

住所

【早稲田キャンパス】〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104

【戸山キャンパス】〒162-8644 新宿区戸山1-24-1

【西早稲田キャンパス】〒169-8555 新宿区大久保3-4-1

【日本橋キャンパス】〒103-0027 中央区日本橋1-4-1

【東伏見キャンパス】〒202-0021 東京都西東京市東伏見3-4-1

【所沢キャンパス】〒359-1192 所沢市三ケ島2-579-15

【本庄キャンパス】〒367-0035 埼玉県本庄市西冨田1011

【北九州キャンパス】〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2-7

詳細情報

  • ・歴史:1949年
  • ・文化構想学部:合計860名、男性 43.5%、女性 56.5%

早稲田大学 文化構想学部 英語の受験傾向や対策ポイント

早稲田大学 文化構想学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。

過去問を徹底分析して、合格するためのポイントをまとめましたので、早稲田大学 文化構想学部を目指す受験生は、ぜひ参考にしてください。

早稲田大学 文化構想学部の英語の入試傾向

早稲田大学 文化構想学部の英語の出題傾向についてご紹介します。

試験時間90分に対し、長文読解3題、会話文1題、要約英作文1題と非常にボリュームが多い試験となっています。

設問は全て英文で書かれており、英作文を除き、全問マークシート式です。

出題傾向は、文学部と似ているので文化構想学部を受験する場合には、文学部の過去問も演習に活用することをおすすめします。

早稲田大学 文化構想学部の英語の注意点

文化構想学部の英語は、読解中心の出題です。総語数は、2,500~3,000語程度ですが、長文の1つ1つの語数は、200語~300語程度の英文が中心で、語数が多い大問3の長文でも600語程度と、いわゆる超長文は出題されません

しかし、その分大問1・2の中では、300語程度の長文が2~3題と、大問2の(C)で500~600語程度の長文が1題出題される傾向があるので、長文の数は会話文・要約英作文も含めて8題とかなりのボリュームです。

速読力はもちろん、高度な語彙力・熟語力、文法・構文力、内容・文脈把握力、記述力とバランスのとれた英語力が求められ、早稲田大学の中でも比較的英語の難易度は高くなっています。

設問のパターンはそれほど多くないので、過去問で演習を繰り返し行い、問題形式に慣れておくことで解答時間を短縮することができます

早稲田大学 文化構想学部の英語の空所補充問題対策

大問1は、200~300語程度の英文が2題出題されます。設問は長文内の空所に単語や熟語を補填する空所補充問題です。

語彙の空所補充は、模試や問題集でも頻出の設問ですので、大問1はなるべく点数を稼いでおきたいポイントです。

選択肢の語彙自体は、大学入試の標準レベルでいわゆる難単語は出題されません。しかし、どの単語を当てはめても文章としてはおかしくならないような選択肢が揃っているので、英文の内容をどれだけ読み込めているかどうかが問われます。

大問1で得点をとるには、読解の中での速読力・推測力が重要です。長文を読み進めながら、空所にはどんな表現が入るのが適切なのかを前後の文から推測できることが正答につながります。

日ごろから300語程度の英文に対する速読力・精読力を鍛えておきましょう。少ない語数の英文を集めた難関大受験者向けの問題集では、やっておきたい英語長文300などがおすすめです。

早稲田大学 文化構想学部の英語の内容一致問題対策

文化構想学部の大問2は、2015年度以降は300語程度の英文が2題と、500~600語程度の英文が1題出題されています。設問は、全て内容一致問題です。

大問2の設問も大問1同様、模試や問題集でも頻出の内容一致です。長文を読んで、内容に関する問いに答える内容一致問題では、速読力・精読力に加え、解答に関わる文を英文の中からいち早く見つける捜索力が求められます。

語数が少ない英文とはいえ、その先の設問を考えると全文を精読している余裕はありません。まずは設問をしっかりと読み解き、どの部分が解答に関わってくるのかを探しながら、英文を読解しましょう。

また、早稲田らしく設問は高難度に設定されており、英文の中では、設問の単語や表現が別の語彙で言い換えられていることもあるので要注意です。

早稲田大学 文化構想学部の英語の文補充問題対策

大問3の文補充問題は、多くの受験生が苦手としている設問です。

早稲田大学の文化構想学部の文補充問題は、ダミーの選択肢も含まれているため、難易度が高くなっています。

文補充問題の攻略ポイントは、焦らずにしっかりと読解することです。

「この文章の次には、どんな文章が入るのが自然だろうか?」と考え、適切な文章を補充することが求められていますので、前後の文をしっかりと読み、話の展開として不自然でない英文を補填しましょう。

But,Howeverなど、前の文との逆説を示す接続詞や、SomeやItなどの代名詞は、前の文章とのつながりのヒントですので、つながるものはどの表現なのか、特に注意して見極めるようにしましょう。

早稲田大学 文化構想学部の英語の長文読解対策

文化構想学部の英語で最も必要になるのは、全体の文脈・大意・要点・流れを把握し、最短で英文を読みきることです。

細かい文法・構文の知識や段落ごとの精読も大切ですが、まずは英文の大意をつかむことが最重要です。

苦手な場合は、段落ごとに内容をまとめて、前後の段落とのつながりを意識して全文を読む訓練をしましょう。

早稲田大学 文化構想学部の英語の英作文対策

早稲田大学 文化構想学部の英語では、英作文の代わりに0.5ページ程の長文を要約する要約英作文が出題されます。

設問では、「in your own words」と指定されていますので、本文の抜き出しはNGです。また、文の書き出しと、補填する語数も●語~●語以内と指定されています。

自分の言葉でという指定がありますが、本文中に使われている単語を使ってはいけないということではありません。しかし、英文内の文章表現をそのまま使ってしまうのはアウトなので、できるだけ自分の言葉を使って表現することを心がけましょう。

このような要約英作文では、まず長文の要点を的確に絞り込み、日本語で要約した文を英文に自分で訳すことがおすすめです。

ポイントは、難しい表現を使いすぎないことです。できるだけ間違える可能性がない語彙を使い、自分の考えを表現しましょう。

早稲田大学 文化構想学部の英語では、言いたいことを自分の言葉で表現できる語彙力、正確な文法力を身に着けることがポイントです。

早稲田大学 文化構想学部 おすすめの併願学部

早稲田大学の文化構想学部の英語の問題は、早稲田大学の文学部の問題構成と似ています。

ですので、早稲田大学の中で併願をするのであれば、文学部と併願することがおすすめです。

また、過去問演習にも文化構想学部同様、文学部の過去問も有効です。

早稲田大学文化構想学部受験生からのよくある質問

早稲田大学文化構想学部の受験科目は?

早稲田大学文化構想学部の受験科目は、一般選抜は英語、国語、地歴(世B、日Bから1科目選択)です。一般選抜・英語4技能利用は国語、地歴(世B、日Bから1科目選択)です。一般選抜・共通テスト利用は、数学、理科、地歴(数A、数B、理基、理、地理B、公から1科目選択)です。個別学力試験は英語、国語です。

早稲田大学文化構想学部にはどんな入試方式がありますか?

早稲田大学文化構想学部の入試方式は一般選抜、総合型選抜、学校推薦型選抜、帰国生・外国学生を対象とした入学試験などがあります。

早稲田大学文化構想学部の倍率・偏差値は?

早稲田大学文化構想学部の倍率は8.6倍程度です。早稲田大学文化構想学部の偏差値は67.5~70.0です。

早稲田大学文化構想学部に合格するための英語勉強法は?

早稲田大学文化構想学部はそれぞれ2~3問ずつ大問の1と2で長文が出題される傾向があります。大問数以上に読解をこなさなければなりません。高度な語彙・文法知識を前提とした速読による文脈理解が試される問題が頻出します。日頃からパラグラフごとに要旨を掴む練習をしておきましょう。また速読の練習は必須です。文化構想学部だけに出題される「長文読解の英文要約」は「自分の言葉で」かつ「英文1文で」としじされているため読解力と英作文力のどちらも求められる難問となっています。

早稲田大学文化構造学部の特長

早稲田大学文化構造学部とは、多元文化、複合文化、表象・メディア、文芸・ジャーナリズム、現代人間、社会構築の6つの論系と22のプログラムを組み立て、系統的に領域横断的に学び新しい文化の世界をダイナミックに構造出来る人材を育成することを目標としています。

早稲田大学文化構造学部の学科

文化構造

早稲田大学文化構造学部で取得可能な主な資格

教職(国・地歴・公・社・英)、司書、司書教諭、学芸員など

早稲田大学文化構想学部に届いていない生徒さんへ

早稲田大学文化構想学部合格へ向けて全力でサポートします

早稲田大学文化構想学部合格へ向けて全力でサポートします

早稲田大学文化構想学部合格へ向けて全力でサポートします

早稲田大学文化構想学部の受験生によくあるお悩み

早稲田大学文化構想学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

早稲田大学文化構想学部の受験生によくあるお悩み

早稲田大学文化構想学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

早稲田大学文化構想学部の受験生によくあるお悩み

早稲田大学文化構想学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

早稲田大学 学部別受験対策

早稲田大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント