オンライン家庭教師のメガスタ

総合型選抜(AO・推薦)で合格したい方へ 総合選抜(AO・推薦)は、
正しい対策ができれば
合格できます!

※本年度の高3・浪人生の
指導受付は終了しました

突然ですが、総合型選抜(AO・推薦)対策は順調ですか?
合格への道すじは見えていますか?

すべて順調であれば、これからお話することはあまり参考にならないと思いますので、ここでページを閉じていただければと思います。

もしも、「どうやって対策すればいいのか分からない」「合格できるかどうか不安」という状況であれば、必ずお役に立てるはずです。
決して損はさせませんので、どうか最後までお読みください。

総合型選抜(AO・推薦)、
こんなお悩みはありませんか?

私たちAOメガスタは、慶應・早稲田・上智などの難関大学を中心に4,500人以上の生徒さんをAO・推薦入試で合格させたノウハウに基づいたカリキュラムで多くの生徒さんを志望校に合格させてきました。

しかし、合格した生徒さんたちは決して最初から順風満帆だったわけではありません。というより、自信がなく不安を抱えていた生徒さんの方が圧倒的に多いのです。

そこで、私たちがたくさんの生徒さんを見てきた結果、AOや推薦入試で合格を目指す生徒さんが陥りやすい状況、解決したいと思っている問題を挙げてみます。

  • 対策のやり方が分からない
  • 自分にアピールできるものがない
  • コミュニケーションが苦手
  • 総合型選抜(AO)のことがよく分からない
  • 面接や小論文に自信がない

少しでも当てはまることはありませんか? これらは総合型選抜(AO・推薦)対策では、最も多く頂くお悩みです。

一般入試と違い、点数で自分の立ち位置を確認できない総合型選抜(AO・推薦)はモチベーションを保つのも大変ですし、不安を抱えている生徒さんも多いと思います。

反対に「部活で全国大会に行ったから大丈夫」「ボランティアしているから安心」と油断している生徒さんもいるかもしれませんね。しかし、スポーツ推薦を除いて、実績や経験だけで合否が決まる入試ではありません。

では、そんな総合型選抜(AO・推薦)は、どうやって対策すればいいのでしょうか?。

総合型選抜(AO・推薦)、
よくある4つの勘違いとは?

総合型選抜(AO・推薦)は、近年募集人数が急増しており、今や一般入試と並ぶほどの入試方式です。
しかし、先生や親御さんの中には総合型選抜(AO・推薦)について勘違いしている方が実は多いかもしれません。その勘違いのせいで合格できるチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。

ですので、まずは総合型選抜(AO・推薦)のよくある勘違いを確認してください。

①「少数派の入試」という勘違い

約2人に1人(44%)がAO・推薦入試で合格している!ひと昔前までは少数派のイメージが強かったAO・推薦入試ですが、今や大学入学者の約2人に1人がAO・推薦入試で合格しています。

大学入学者の
入試方式の内訳

総合型選抜入試(AO・推薦)を実施している大学は年々増えており、今や東京大学、京都大学を始めとする国公立大学、早慶上理、GMARCH、関関同立などの私立大学など、いわゆる難関大学と呼ばれる大学でも実施されています。 学力だけで評価しない入試だからこそ、早くから準備すれば憧れの大学に合格できるチャンスも広がっています。

②「一芸入試」という勘違い

AO・推薦入試は一芸入試ではない!ひと昔前までは、AO・推薦入試は目立つ実績や経験がないと合格が難しい特別枠の入試だというイメージがありました。

しかし、AO・推薦入試は、大学側が「求める学生像」に合う受験生かどうかを選抜する入試です。
芸能人や特別な経験のある生徒だけが受かる入試ではありません。
ですので、何か特別な実績や経験がないからといって初めから挑戦を諦める必要はありません。

③「合格基準はあいまい」という勘違い

試験官によって差がでないよう厳密な評価基準(採点基準)がある!AO・推薦入試は志望理由書や面接など、正解があるとは思われていないので、合否の基準があいまいで対策のしようがないと思い込んでいる方もいるかもしれません。

しかし、AO・推薦入試は採点者によって合否に差が出ないよう厳密な評価基準(採点基準)
が設けられています。つまり、その基準に届くように対策をすることが必要です。
ですので、AO・推薦入試の対策でも、その評価基準(採点基準)を用いて対策をすれば、合格に近づくための対策ができます。

④「面接一発勝負」という勘違い

最も大切なのは「志望理由」!AO・推薦入試は面接一発勝負だと勘違いしている方も多いと思います。
しかし、AO・推薦入試で何より重要なのは実は「志望理由」です。(評定・調査書重視の指定校推薦は除く)
なぜなら志望理由は、一次試験の書類選考から二次試験の面接やプレゼンテーションまで、一貫して合否に関わるからです。
入試は出願書類を作成する時点から始まっていますので、合格するためにはきちんと事前にしっかりと対策しておく必要があります。

面接や小論文勝負だと思っている生徒さんが多い分、志望理由を組み立てる段階からしっかりと対策をしていけばライバル達に差をつけることができます。

※大学・学部によって、出願要件・試験内容は異なります。

いかがでしょうか?
もしかしたら今まで総合型選抜について勘違いしていたという人もいるかもしれません。

総合型選抜は、対策によって合否が大きく変わる入試です。
志望校に合格するためには、正しい対策をすることが何よりも重要です。

実は、ほとんどの高校生が
正しい対策のやり方をわかっていない

では、総合型選抜(AO・推薦)入試の正しい対策とは何でしょうか?

実は、ほとんどの高校生が正しい対策のやり方を分かっていません。
つまり、大半の高校生は正しいやり方を知らないまま対策を進めているのです。

しかし、これは無理もないことです。
学力だけでなくさまざまな観点から総合的に評価される総合型選抜(AO・推薦)では、「合格するにはこれが重要だ」というのが分かりにくいのです。

ですから、総合型選抜(AO・推薦)は、対策のやり方次第でその結果が大きく左右されるのです。
適切なやり方で対策した生徒さんと、そうでない生徒さんとでは雲泥の差がつくことになります。

では、どうすればいいの?
総合選抜(AO・推薦)の正しい対策とは?

では、総合型選抜(AO・推薦)入試で合格するには、一体どうしたらいいのでしょうか?

みなさんもご存じのように、総合型選抜(AO・推薦)は特殊です。
また、志望校によって、入試の内容や求める学生像が異なるので、高校生が一人で対策をするには荷が重いことは明らかです。

では、そんな総合型選抜(AO・推薦)の対策は誰に頼るのがベストなのでしょうか?

もしも、通われている高校や塾に総合型選抜(AO・推薦)
専門の先生がいて、手取り足取り指導をしてもらえる機会が十分あるということであれば、これが一番理想的でしょう。

しかし、すべての塾や高校がこうした万全の体制を整えてくれているわけではありません。むしろこういうケースは稀と言えるでしょう。

ではその場合、どうすれば良いかと言うと、答えは言うまでもなく専門家に任せることです。

特殊な総合型選抜(AO・推薦)においては、やはり経験も裏づけられた専門性がなければ、競争率の高い志望校には合格させることができません。

なぜ、AO・推薦対策の専門家が必要なのか?
本当に、それで合格できるのか?

総合型選抜(AO・推薦)に限らず、どんな仕事においても、ベテランと素人の差は明らかです。当然、経験だけがすべてではありませんが、知っているのとそうでないのでは、天と地ほどの差があります。

もちろん、これは総合型選抜(AO・推薦)の場合にも当てはまります。

総合型選抜(AO・推薦)は、明確な評価基準(採点基準)があり、あいまいな試験ではないことはすでにわかっていただけたと思います。
総合型選抜(AO・推薦)対策の専門家は、「この大学はこんな生徒を求めている」「このエピソードはこの方が伝わりやすい」ということを経験上知っています。 そして、評価基準(採点基準)に従って、総合型選抜(AO・推薦)で合格させるための対策をします。

手探りの状態で自己流の対策をしてきた生徒さんと、総合型選抜(AO・推薦)の専門講師が指導する生徒さん、どちらが受験に有利かは明らかですよね。

答えのない総合型選抜(AO・推薦)で周りのライバルに埋もれず、合格するためには、総合型選抜(AO・推薦)を知り尽くした専門家に直接指導をしてもらうことが何よりの近道なのです。

AO・推薦で合格した生徒さんたち!
みんな最初は同じ悩みを抱えていました

総合型選抜の専門家に「正しい対策のやり方を教えてもらえれば結果が変わる」ということの証拠をお見せしたいと思います。

これからご紹介するのは、今年合格した生徒さんの声です。どの生徒さんも、指導を始めた当初は、何をすれば合格できるのか分からず、総合型選抜(AO・推薦)対策に悩んでいました。

AOメガスタでは、数多くの生徒さんたちが、現状をひっくり返し、志望校に合格しています。
部活動でのすごい実績や特別な経験もない生徒さんが、国公立大学や早慶などのいわゆる難関大学に合格することも充分可能です。

学校の先生からは「到底無理」と思われた第一志望校に合格することも決して珍しくないのです。

AO・推薦 合格速報!

「AOが全く分からない状態から早稲田、立教に合格!」「志望理由書の書き方さえ分かっていませんでした!」

中原 菜月さん(東京都)

合格インタビュー

中原 菜月さん(東京都)

直筆の合格体験記

「AO入試の対策を教わり高知大に合格!」「通っていた予備校にはAO対策はありませんでした!」

河野 美羽さん(高知県)

合格インタビュー

河野 美羽さん(高知県)

直筆の合格体験記

「AOで中央大学に合格!」「地方でAO専門対策ができた」

坂元 翔さん(宮崎県)

合格インタビュー

坂元 翔さん(宮崎県)

直筆の合格体験記

「慶應にAOで合格!」「満足いく志望理由書が完成!」

藤本 芽衣さん(静岡県)

合格インタビュー

藤本 芽衣さん(静岡県)

直筆の合格体験記

正しいやり方を知っているか、知らないか
たったそれだけで、大きな差がついてしまう総合型選抜!
正しい対策のやり方を知ってください!

総合型選抜(AO・推薦)は、対策のやり方次第で、その結果に大きな差がついてしまうことをご理解いただけたでしょうか?

ここまでお読みいただいたみなさんなら、お分かりいただけると思うのですが、総合型選抜(AO・推薦)はまずが正しいやり方を知ることがとても大事です。

ここまでお読みいただき、総合型選抜(AO・推薦)対策の進み具合がうまくいっていると安心された方はこのままページをお閉じください。

逆に少しでもうまくいってない、不安材料があると言うことであれば、迷わず「知らないと差がつく総合型選抜(AO・推薦)資料」を一式まるごとご請求ください。

たとえ、AOメガスタで指導を受けられることはなくても、総合型選抜(AO・推薦)で受験する上で必ず役に立つはずです。

この資料には、

  • 『すごい実績や経験がなくても合格できるノウハウ』
  • 『総合型選抜対策のプロが語る入試裏情報』
  • 『最新合格体験記』
  • 『詳しいシステム・料金』

など、総合型選抜(AO・推薦)対策に役立つ情報をギュッと詰め込んでいます。

大学受験は、大学だけでなく将来の職業や就職先を左右する人生の分岐点です。
ですので、どうか後悔のないよう手を尽くしてください。

できればすべての生徒さんが自信をもってその後の人生を歩めるように、この第一関門を突破して欲しいと願っています。

もし現在、対策のやり方が分からず悩んでいても、それは決して生徒さん自身の能力のせいではありません。総合型選抜(AO・推薦)
は、対策のやり方次第で合格できる入試です。 どうか、諦めることなく自分自身の可能性を最後の最後まで信じてください。

AOメガスタ
スタッフ 一同

AO推薦合格のために
全力を尽くします!
ゼロからスタートでの逆転合格は、
メガスタにおまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント