オンライン家庭教師のメガスタ
慶應義塾大学
志望校に届いていない高校生へ 11月からでも間に合います!

E判定から
慶應義塾大学
法学部

合格するための
入試傾向・対策ページ

慶應義塾大学 法学部の受験に
役立つ情報をお届けします!

このページでは、慶應義塾大学の法学部に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

慶應義塾大学法学部に合格するには?

慶應義塾大学法学部に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ慶應義塾大学 法学部の入試を確認し、勉強の優先順位を決める

慶應義塾大学法学部に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。
ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのためには、法学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めることが大切です。

ご存じだと思いますが、慶應義塾大学は学部によって入試内容がバラバラです。
同じ大学でも学部によって、受験科目・配点・問題の傾向などが異なります。

ですので、法学部の入試内容を知った上で傾向に沿って、「出やすいところ」から優先順位をつけて対策をしていくことが合格への何よりの近道です。

下記では、法学部の入試情報をご紹介しています。ぜひ確認してみてくださいね。

慶應義塾大学 法学部 入試情報

※偏差値は河合塾のデータを参照 ※入試内容は更新時点での2022年入試の最新内容です。
入試内容の変更となる場合があるため、詳細は大学の最新の発表内容をご確認ください。

法学部

学科 偏差値
67.5

[法律、政治/一般]配点(400点満点)

教科 配点 科目
外国語 150点 英語(コミュ英I・II・III、英語表現I・II)
ドイツ語
フランス語
から1科目選択
地歴 100点 世界史B
日本史B
から1科目選択
小論文 100点 与えられた資料から理解、構成、発想、表現の能力を評価

いかがでしょうか?

配点の高い科目ほど合格を左右する重要科目です。もし苦手だったり、後回しにしていたりする科目の場合には、受験勉強のやり方を変える必要があります。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

ステップ慶應義塾大学 法学部の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

慶應義塾大学経済学部の場合、入試問題の傾向は毎年一定でほぼワンパターンであることをご存知ですか? 問題量、難易度、出やすい分野が決まっています。

2022年度入試でも入試に大きな変更がないことが発表されていますので、慶應義塾大学経済学部に合格するためには、傾向を知った上で優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、法学部の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

慶應義塾大学 法学部 科目別対策

英語 入試傾向と対策ポイント

大問数 5題
解答形式 マークシート
試験時間 80分

長文に慣れた上で、総合的な英語力を鍛えよう

慶應義塾大学法学部の英語は、回答こそマークシートですが、全体を通して英語の文章量がとても長いことが特徴です。長文英語の速読は必須となります。2020年度は大問はひとつ増え、新形式の問題も出題されましたが、全体の問題量はあまり変わっていません。

長文問題には、論説文だけでなく会話文やインタビューなどからの設問もあり、また発音や語彙に関してのたいへん紛らわしい設問なども出題されます。問題文・回答の選択肢ともに英文を正確・迅速に読み取る速読の力と、紛らわしい選択肢を迷わず回答できる発音・語彙・文法に対しての知識など、総合的な英語力が試されます。

得意な部分は伸ばしつつ、苦手・知識不足と思う部分の強化で地力を底上げしていくことで、合格に近づきましょう。

日本史 入試傾向と対策ポイント

大問数 4題
解答形式 語群選択・マークシート
試験時間 60分

難化傾向にある日本史は、過去問演習で傾向を捉え、回答に慣れよう

慶應義塾大学法学部の日本史は、近年出題形式が多様化しています。用語を語群から選ぶ形式が特徴でしたが、表やグラフ、地図を用いた設問も増加傾向にあります。用語を抑えるだけでなく、時代の理解を重視しましょう。

60分と短い試験時間の中での回答ですが、類似する選択肢もありますので、全ての選択肢に目を通すことが大切です。時間配分を考えて過去問に取り組み、語群選択の回答形式に慣れておき、勘違いや気が逸ったミスを減らしましょう。

また、福沢諭吉や法制史に関しての詳しい知識を問われる問題は頻出です。一歩踏み込んだ学習を行う場合は、近現代に重点を置いて学習を進めましょう。

世界史 入試傾向と対策ポイント

大問数 4題
解答形式 マークシート
試験時間 60分

難関語句は出題されると思って、標準的知識は確実に

慶應義塾大学法学部の世界史は、難化した一昨年から変わらず、高い難易度を保っています。教科書への掲載が限られる・または掲載されていない難関語句も昨年、一昨年同様出題されました。

難易度の高い設問がある、と焦らずに、教科書・標準レベルの知識問題を確実に回答できるようにすることで確実に得点を積み重ねましょう。幅広い知識が問われますので、まずは教科書レベルの知識を完璧に、そののちに資料集や用語集の細かい知識を取り込んでいく、という着実な段階が必要です。

時事問題と絡めた設問も、出題されやすい傾向にあります。日常的に世界情勢に気を配っておき、単語だけでなく複合的に歴史を理解しておきましょう。

いかがでしょうか?
今まで慶應義塾大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。

繰り返しになりますが、慶應義塾大学の場合、学部によって入試傾向はまったく異なります。
入試傾向を知らずに勉強を進めていては、なかなか合格は近づきません。

  • ステップ1
    「法学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」
  • ステップ2
    「法学部の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」

この2つのステップで受験勉強を進められれば、たとえ偏差値が届かない状況からでも合格できる可能性ははるかに上がるのです。

慶應義塾大学 法学部対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には慶應義塾大学の法学部の対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での慶應義塾大学法学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学法学部対策とは

塾や予備校での慶應義塾大学法学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学法学部対策とは

塾や予備校での慶應義塾大学法学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学法学部対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、どうやって受験対策をすればいいのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタ オンラインは大学受験の専門家です。
慶應義塾大学に合格させるノウハウをもっています。
ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「慶應義塾大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタ オンラインの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

慶應義塾大学 法学部の
入試問題の
合格点を
取れるようにします!
合格圏外から逆転合格させる
メガスタの慶應義塾大学
法学部対策とは!?

慶應義塾大学 法学部の入試で出やすいところから解けるようにします。

慶應義塾大学の入試で出やすいところから解けるようにします。

あなただけの合格プランを考えて指導します。

常に最短ルートで合格させるための指導を行います。

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

メガスタの
「受かる
慶應義塾大学 法学部対策」
に興味のある方は、
まずは無料の資料を
ご請求ください!

「慶應義塾大学 法学部の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

無料資料の内容
資料
資料内容
無料資料請求
こちら

お急ぎの場合には、
お電話での無料学習相談へお進みください

メガスタの
慶應義塾大学
法学部
対策とは?

慶應義塾大学法学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学法学部の受験生に選ばれる6つの理由

慶應義塾大学法学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学法学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学法学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学法学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学法学部対策をします

慶應義塾大学法学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学法学部の受験生に選ばれる6つの理由

慶應義塾大学法学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学法学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学法学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学法学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学法学部対策をします

慶應義塾大学法学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学法学部の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

慶應義塾大学法学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学法学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学法学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学法学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学法学部対策をします

「本当にE判定から合格できるの?」「元々できる生徒さんだったんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、慶應義塾大学に届かない状況から逆転合格を果たした先輩は一人二人ではありません。論より証拠、そのほんの一部をご紹介します。

慶應義塾大学 に
合格した先輩の声

※ご紹介の体験談は個人の体験談であり、成果を保証するものではございません。

慶應義塾大学 
法学部紹介

慶應義塾大学法学部は、法律を学ぶ法律学科と政治を学ぶ政治学科の2学科になります。
法律学科は法律を中心に政治も学びます。政治学科は政治を中心に法律も学びます。 共に片方だけを専門的に学ぶのではなく、インターナショナルで活躍できるようなスペシャリスト&ジェネラリストの人材を育てる学部になります。

URL

■慶應義塾大学公式サイト
https://www.keio.ac.jp/ja/

住所

■【三田キャンパス】〒108-8345 東京都港区三田2-15-45

■【日吉キャンパス】〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

■【矢上キャンパス】〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1

■【信濃キャンパス】〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

■【湘南藤沢キャンパス】〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322

■【芝共立キャンパス】〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30

■【新川崎タウンキャンパス】〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-1

■【殿町タウンキャンパス】〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-10

■【鶴岡タウンキャンパス】〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町14-1

■【浦和公立キャンパス】〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田600

■【慶應丸の内シティキャンパス】〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル10階

■【慶應大阪シティキャンパス】〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号

詳細情報

  • ・歴史:1949年
  • ・法学部:合計1200名

慶應義塾大学法学部 英語の受験傾向や合格ポイント

慶應義塾大学法学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。

慶應義塾大学法学部の英語は例年レベルが高いことでも有名ですよね。
大学受験を目指す方の多くが、対策に苦戦しているのではないでしょうか?

慶應義塾大学法学部は私立大最難関と言われ、もちろん倍率も高いです。特に英語の読解問題は配点が大きいため、万全な対策が必要となります。

慶應義塾大学法学部の英語の文章量は、他学部と比較すると多くはありません。しかし試験時間が80分と短い点が難関です。
このような慶應義塾大学法学部の英語の特徴を捉えた受験勉強ができるかが合格のポイントになります。

市販の参考書では知ることのできない、「合格できる勉強法」「慶應義塾大学法学部の英語だけに特化した勉強法」を知りたいと思いませんか?
限られた時間をどう効率よく使うか、皆さんの大学受験の悩みを解決できればと思います。

是非、慶應義塾大学 法学部への合格のための対策の参考にしてくださいね!!

慶應義塾大学法学部の英語の出題傾向

慶應義塾大学法学部の英語のレベルは、私立大最難関と言えます。入試倍率も5倍前後と高く、特に読解問題は配点が大きいため、万全な対策が必要です。

試験時間 80分
大問数 5題
大問構成 発音・アクセント(1題)、文法・語彙(1題)、読解(会話文・随筆・評論からそれぞれ1題ずつ)
設問形式 発音上の仲間はずれの単語の選択、同音異義語、文法正誤、空所補充、文脈の理解、語句整序、要約、文意の理解
総語数 1,000~1,500語程度
注意事項 設問・指示は全て英語。マークシート方式

AO入試で合格を目指す受験生も、最低限英語は強化しておくべきでしょう。各科目の中でも、慶應義塾大学の場合には、英語攻略は合格に欠かせません。

慶應義塾大学法学部の英語の空所補充問題対策

慶應義塾大学法学部の英語問題の中で典型的なのが、名詞や接続詞の「空所補充問題」です。「精読」と「全体の文脈を把握すること」の両立が求められる問題です。

空所補充問題では、空欄の前後の文章を読んだだけでは、正解できない構造になっているので注意が必要です。

法学部では、高度な論理的思考力を持つ人材が求められることも背景にあるでしょう。併願受験でライバルが多い中で合格を勝ち取るには、配点の大きい長文問題は漏れなく対策しておく必要があります。

慶應義塾大学法学部の英語の会話文対策

慶應義塾大学法学部の英語は、会話文の対策も疎かにできません。法学部の英語会話文は長文並みの読解力が必要とされるほど難易度が高いです。

インタビューや、討論形式の会話文が出題され、「質疑応答の組合せ」「人物と主張の組合せ」といった他では見かけない設問が多く出題されるので、過去問での対策が必要です。

慶應義塾大学法学部の英語の注意点

慶應義塾大学の法学部では、発音・アクセント問題が出題される傾向があります。

発音・アクセント問題は、配点が低い上にあまり他の大学の入試で出題されないので、捨て問として対策をしないという受験生も少なくはないと思います。

しかし、慶應法レベルになると1、2点が合否の分け目となることが予想されます。

時間が許すのであれば、大学入学共通テスト対策とあわせて、軽んじることなく対策をするようにしましょう。

対策法は、ルールと例外を覚えることと、日ごろからネイティブの発音やアクセントを意識して音読をすることです。

一度覚えてしまえば、発音・アクセント問題は時間を短縮するチャンスになります!

慶應義塾大学法学部の英語の長文読解対策

慶應義塾大学法学部の英語長文では、経済学部や商学部のように学部色の強いテーマはあまり出ません。これは、法学部が、多様な人材を集める入試制度方針をとっていることも要因のひとつです。

そのため、長文読解のテーマは時事・科学技術・環境・医療など、社会問題が幅広くテーマとして、取り上げられます。

随筆や架空の国の物語の一部が抜粋されたり、小説の要約文が出題されることもあります。勉強でも偏りなく様々なテーマの英文を読んでみましょう。

和文英文問わず、文章に触れることが重要なので国語の小論文なども題材としてよいでしょう。

慶應義塾大学法学部の英語の時間配分を意識した対策

慶應義塾大学法学部を目指す受験生の多くが悩むのが、時間との戦いだと思います。

慶應義塾大学法学部の英語では、80分という短い試験時間の中で、55~65問程度の問題を解く力が求められます。

単純計算でも1問当たりにかけられる時間は、1分~1分半程度です。

速読即解を日ごろから心がけるようにしましょう。

対策としては、まず早い段階で慶應法の過去問を確認し、どんな問題が出題されるのか、どんな設問形式なのか、どんなところに目をつければ答えが見つかるのか、という過去問の分析をじっくりと行なってください。

過去問を分析したら、自分が時間をかけるポイントと時間を短縮するポイントを決めて、その時間に合わせて問題を解けるように勉強計画を立てましょう。

慶應義塾大学法学部の英語の合格の秘訣

慶應義塾大学法学部の英語を攻略する対策ポイントは2つあります。

文法は夏前までには完璧に

慶應義塾大学法学部の英語では、難易度の高い文法・語法問題が大問として出題されます。

つけた知識をアウトプットするような単純な出題形式ではなく、誤文訂正や空所補充に加え、文法的に正しい表記に単語を直す問題など、読解した上で文法知識を使って判断するといった難易度の高い出題となっています。

対策のコツは、普段から文法問題を解くときには、消去法ではなく、なぜ他の選択肢では当てはまらないのか、という理由まで考えながら対策を進めるクセをつけることです。

根拠をもって文法の正誤を判断するためには、しっかりとした知識をなるべく早い段階で身につけておくことが重要です。

長文読解は最重要分野。速読のトレーニングが必須

慶應義塾大学は長文の語数は多いことで有名ですが、法学部の入試においても例外ではありません。

1題は、700語~1000語と超長文とまではいきませんが、3題合わせると2,500語以上と超長文レベルの語数を誇っています。

試験時間は、100分と決して長くはないので、なにより時間との戦いとなることが予想されます。

時間内に長文読解を読みきるためには、速読即解を日ごろから意識して長文対策をすることが重要です。

どんなに英作文対策をがんばっても、大問1~3の長文読解問題の点数が足りていなければ、採点さえもしてもらえません。

日ごろから、内容を整理しながら速読即解をするトレーニングをしておきましょう。

慶應義塾大学法学部受験生からのよくある質問

慶應義塾大学法学部の受験科目は?

慶應義塾大学法学部の受験科目は英語、地歴、論述力です。

慶應義塾大学法学部にはどんな入試方式がありますか?

慶應義塾大学法学部の入試方式は一般選抜と学校推薦型選抜、外国人留学生入試、などがあります。

慶應義塾大学法学部の倍率・偏差値は?

慶應義塾大学法学部の倍率は4.2倍程度で、慶應義塾大学法学部の偏差値は、67.5~70.0です。

慶應義塾大学法学部に合格するための英語勉強法は?

慶應義塾大学法学部の英語のレベルは、私大最難関と言えます。法学部の英語会話文は長文並みの読解力が必要とされるほど難易度が高いです。超bんでは随筆や架空の国の物語の一文が抜粋されたり、小説の要約文が出題されることもあります。特に、文化論、・社会論は頻出です。語彙や発音を問う設問も出題されますので、単語、熟語の知識を固めておくことも重要です。

慶應義塾大学法学部の特長

慶應義塾大学法学部では、法律家の育成だけではなく、社会現象を法律的にとらえる能力であるリーガルマインドを養っています。社会的に注目されている国際関係法、知的財産法、環境法、情報関連法などに対応した科目を積極的に設置しています。

組織の指導者に求められる、個別の行為や現象を全体との関連で適切に位置づけるジェネラリストとしての素質を養い、諸外国の地域の研究などに対応した科目を開講しています。

慶應義塾大学法学部の学科

法律、政治

慶應義塾大学法学部で取得可能な主な資格

教職(地歴・公・社)

慶應義塾大学法学部に届いていない生徒さんへ

慶應義塾大学法学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学法学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学法学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学法学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学法学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

慶應義塾大学法学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学法学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

慶應義塾大学法学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学法学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

慶應義塾大学 学部別受験対策

慶應義塾大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント