オンライン家庭教師のメガスタ
慶應義塾大学
志望校に届いていない高校生へ 11月からでも間に合います!

E判定から
慶應義塾大学
商学部

合格するための
入試傾向・対策ページ

本年度受験生の受付終了まであと3日

慶應義塾大学 商学部の受験に
役立つ情報をお届けします!

このページでは、慶應義塾大学の商学部に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしています。ぜひ参考にしてください。

慶應義塾大学商学部に合格するには?

慶應義塾大学商学部に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ慶應義塾大学 商学部の入試を確認し、勉強の優先順位を決める

慶應義塾大学商学部に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。
ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのためには、商学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めることが大切です。

ご存じだと思いますが、慶應義塾大学は学部によって入試内容がバラバラです。
同じ大学でも学部によって、受験科目・配点・問題の傾向などが異なります。

ですので、商学部の入試内容を知った上で傾向に沿って、「出やすいところ」から優先順位をつけて対策をしていくことが合格への何よりの近道です。

下記では、商学部の入試情報をご紹介しています。ぜひ確認してみてくださいね。

慶應義塾大学 商学部 入試情報

※偏差値は河合塾のデータを参照 ※入試内容は更新時点での2022年入試の最新内容です。
入試内容の変更となる場合があるため、詳細は大学の最新の発表内容をご確認ください。

商学部

学科 偏差値
65.0

[商/一般A方式]配点(400点満点)

教科 配点 科目
外国語 200点 英語(コミュ英I・II・III、英語表現I・II)
地歴 100点 世界史B
日本史B
地理B
から1科目選択
数学 100点 数I・II・III・A・B
※数Aは「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」を出題
※数Bは「整列」「ベクトル」を出題

[商/一般B方式]配点(400点満点)

教科 配点 科目
外国語 200点 英語(コミュ英I・II・III、英語表現I・II)
地歴 100点 世界史B
日本史B
地理B
から1科目選択
小論文 100点 与えられた資料から論理的理解力を評価

いかがでしょうか?

配点の高い科目ほど合格を左右する重要科目です。もし苦手だったり、後回しにしていたりする科目の場合には、受験勉強のやり方を変える必要があります。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

ステップ慶應義塾大学 商学部の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

慶應義塾大学商学部の場合、入試問題の傾向は毎年一定でほぼワンパターンであることをご存知ですか? 問題量、難易度、出やすい分野が決まっています。

2022年度入試でも入試に大きな変更がないことが発表されていますので、慶應義塾大学商学部に合格するためには、傾向を知った上で優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、商学部の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

慶應義塾大学 商学部 科目別対策

英語 入試傾向と対策ポイント

大問数 7~8題
解答形式 マーク・記述併用式
試験時間 90分

語彙力と論理的思考力が求められる。時事対策をしっかりと行おう

慶応大学商学部の英語は、例年マーク式問題と記述問題が出題されます。大問の数は年によって変動しており、全部で7~8題出題されます。最初の3題は基本的な問題が多いのですが、分量が多い長文問題が出題されます。時間内で解くためには、スピード感を持ってリズム良く解き進める訓練を行いましょう。

単語力や熟語力を問う問題も多く出題され、中には難易度の高い問題も含まれます。語形の変化に意識しながら豊富な語彙力を身につけることが大切です。

長文問題のテーマとして、例年時事問題や話題性のあるトピックが取り上げられています。日頃からネットニュースや新聞、テレビなどに触れることを意識し、社会情勢に関する知識を蓄えておくと良いでしょう。

数学 入試傾向と対策ポイント

大問数 3~4題
解答形式 マーク・記述併用式
試験時間 70分

例年問題量が多く、正確に速く問題を解く能力が求められる

慶応大学商学部の数学は毎年分量が多く、時間内に問題を解くためには時間配分を意識しながらスピーディーに解き進める必要があります。日頃から時間を意識しながら問題を解き、確かな計算力を身につけることが大切です。

出題範囲としては、数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学Ⅱから満遍なく出題されます。

発想力が問われる難易度の高い問題も出題される傾向があります。高校レベルの基本的な問題を着実に押さえながら、数年分の過去問対策も行いましょう。

日本史 入試傾向と対策ポイント

大問数 3題
解答形式 マーク・記述併用式
試験時間 60分

基本的な知識を確実に身につけた上で、論述対策も行おう

慶応大学商学部の日本史は、例年マーク式問題と記述問題、論述問題が出題されます。全体的に標準的な問題が多く出題されることから、安易な失敗は許されません。教科書レベルの知識は確実に身につける必要があるでしょう。

記述問題は、歴史用語を漢字で書かせる問題が多く出題されます。漢字で正しく記述できるように、日頃から手を動かして書く訓練を行いましょう。

商学部ということもあり、経済や産業に関するテーマが出題される傾向があります。戦後史も問われることが多いことから、近代史や現代史、時事テーマの対策をしっかりと行い確実に押さえましょう。

世界史 入試傾向と対策ポイント

大問数 3題
解答形式 マーク・記述併用式
試験時間 60分

経済に関する歴史や時事問題への対策は必須

慶應大学商学部の世界史は、教科書レベルの基本的な知識を問う問題や20~30文字の記述問題が比較的多く出題される傾向があります。

経済史や経済関連、政治関連の時事的な問題も例年出題されています。テレビやネットのニュースで取り上げられている代表的なキーワードやトピックは、普段から意識して押さえておきましょう。

歴史用語や都市名、国名を答えさせる記述問題も出題されます。間違うことなく正確に記述できるように、普段から漢字を書いて覚える習慣を身につけておきましょう。

いかがでしょうか?
今まで慶應義塾大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。

繰り返しになりますが、慶應義塾大学の場合、学部によって入試傾向はまったく異なります。
入試傾向を知らずに勉強を進めていては、なかなか合格は近づきません。

  • ステップ1
    「商学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」
  • ステップ2
    「商学部の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」

この2つのステップで受験勉強を進められれば、たとえ偏差値が届かない状況からでも合格できる可能性ははるかに上がるのです。

慶應義塾大学 商学部対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には慶應義塾大学の商学部の対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での慶應義塾大学商学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学商学部対策とは

塾や予備校での慶應義塾大学商学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学商学部対策とは

塾や予備校での慶應義塾大学商学部対策とは個別指導塾での慶應義塾大学商学部対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、どうやって受験対策をすればいいのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタ オンラインは大学受験の専門家です。
慶應義塾大学に合格させるノウハウをもっています。
ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「慶應義塾大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタ オンラインの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

慶應義塾大学 商学部の
入試問題の
合格点を
取れるようにします!
合格圏外から逆転合格させる
メガスタの慶應義塾大学
商学部対策とは!?

慶應義塾大学 商学部の入試で出やすいところから解けるようにします。

慶應義塾大学の入試で出やすいところから解けるようにします。

あなただけの合格プランを考えて指導します。

常に最短ルートで合格させるための指導を行います。

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

メガスタの
「受かる
慶應義塾大学 商学部対策」
に興味のある方は、
まずは無料の資料を
ご請求ください!

「慶應義塾大学 商学部の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

無料資料の内容
資料
資料内容
無料資料請求
こちら

お急ぎの場合には、
お電話での無料学習相談へお進みください

メガスタの
慶應義塾大学
商学部
対策とは?

慶應義塾大学商学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学商学部の受験生に選ばれる6つの理由

慶應義塾大学商学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学商学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学商学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学商学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学商学部対策をします

慶應義塾大学商学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学商学部の受験生に選ばれる6つの理由

慶應義塾大学商学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学商学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学商学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学商学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学商学部対策をします

慶應義塾大学商学部に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが慶應義塾大学商学部の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

慶應義塾大学商学部対策はメガスタにご相談ください

慶應義塾大学商学部に合格させるための指導とは

慶應義塾大学商学部に合格させる指導プラン

慶應義塾大学商学部対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が慶應義塾大学商学部対策をします

「本当にE判定から合格できるの?」「元々できる生徒さんだったんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、慶應義塾大学に届かない状況から逆転合格を果たした先輩は一人二人ではありません。論より証拠、そのほんの一部をご紹介します。

慶應義塾大学 に
合格した先輩の声

※ご紹介の体験談は個人の体験談であり、成果を保証するものではございません。

慶應義塾大学 
商学部紹介

慶應義塾大学商部は、「独立自尊」「実学の精神」「半学半教」の3つのキーワードで独自の教育を理念としています。
また、4Field(フィールド)という体系化を掲げており、経営学・商業学・会計学・経済産業の分野で社会をとらえて網羅するカリキュラムが組まれています。

URL

■慶應義塾大学公式サイト
https://www.keio.ac.jp/ja/

住所

■【三田キャンパス】〒108-8345 東京都港区三田2-15-45

■【日吉キャンパス】〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

■【矢上キャンパス】〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1

■【信濃キャンパス】〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

■【湘南藤沢キャンパス】〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322

■【芝共立キャンパス】〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30

■【新川崎タウンキャンパス】〒212-0032 神奈川県川崎市幸区新川崎7-1

■【殿町タウンキャンパス】〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-10

■【鶴岡タウンキャンパス】〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町14-1

■【浦和公立キャンパス】〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田600

■【慶應丸の内シティキャンパス】〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル10階

■【慶應大阪シティキャンパス】〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号

詳細情報

  • ・歴史:1957年
  • ・商学部:合計1000名

慶應義塾大学商学部 英語の受験傾向や合格ポイント

慶應義塾大学商学部の英語の受験傾向・入試対策をご紹介します。

慶應義塾大学の商学部を目指す受験生のみなさんの中には、英語の対策に悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

慶應義塾大学の場合、英語の難易度はさることながら、全学部に共通する対策はないといわれるほど学部ごとに出題傾向が異なっています。

したがって、商学部に合格するためには商学部のための対策が必要です。

このページでは、慶應義塾大学商学部の英語の出題傾向に沿って、具体的な対策の進め方をご紹介します。

慶應義塾大学商学部の英語の出題傾向

慶應義塾大学商学部の英語の出題傾向についてご紹介します。

試験時間 90分
大問数 7題
大問構成 長文読解(評論5題・随筆1題)、文法・語彙(1題)
設問形式 選択式:空所補充、内容真偽、文意の理解、要約、文脈の理解
記述式:派生語
総語数 3,000語程度
注意事項 選択・記述併用

慶應義塾大学商学部の英語は、試験時間90分の200点満点です。

問題構成は、長文読解が6題、文法・語彙問題が1題の大問7題構成で、長文読解が8割以上を占めています

2017年の入試からそれまで8題だった大問が7題となりましたが、問題数に大きな変動はありませんでした。

慶應義塾大学商学部の英語の注意点

慶應義塾大学の商学部の英語は、語数の多さと設問数の多さが特徴的です。

解答形式は、選択式と記述式の併用型で、選択式が8割以上を占めています。設問数は、例年50問程度です。

記述式問題といっても、英文の中に単語を語形を変えて埋める問題なので、英作文や和文英訳・英文和訳のような記述量はありません。

大問5の文法問題を除き、全体的に速読力・読解力が求められます。

慶應義塾大学商学部の英語の空所補充問題対策

慶應義塾大学の商学部の英語では、空所補充問題の割合が非常に高いため、対策は必須です。

大問1~4の中の空所補充では、英文の内容に最もふさわしい語句や文を4つの選択肢から選ぶ問題が出題されます。大学入試では頻出のスタンダードな空所補充問題です。

選択肢の語句自体の難易度は高くないので、前後の英文をしっかりと読解できているかどうかがポイントです。

また、文法知識が問われる設問も出題されます。特に、大問6・7は、文脈に合わせて単語を正しい語形に変えた上で、空所に補充する難問です。

長文を読み進めながら、当てはまる単語に検討を付け、正しい語形に変えて記述式で解答する必要があるので、読解力とともに高い文法力・語彙の知識が問われます。

2016年、2017年、2018年と動詞を名詞形へ変えて穴埋めする大問が1題出題されているので、動詞を覚えるときには別の語形、特に名詞形を合わせて覚えるように心がけましょう。

慶應義塾大学商学部の英語の文意理解・文脈把握問題対策

文意理解・文脈把握問題は、大問1~大問3の長文読解で出題されます。大学受験に頻出の読解力が問われる問題です。

慶應義塾大学の商学部の長文は、特に経済・経営に関するテーマの長文が頻出です。

読解の難易度は、慶應らしく簡単に読み解ける英文ではないため、読解対策は必須です。

全文を精読している余裕はないので、まず設問に目を通して、どんなところに気をつけて英文を読む必要があるのか認識しておきましょう。

英文を読む際には、スラッシュリーディングやパラグラフリーディングなどの読解テクニックを使って解答に関わる部分をいち早く見つけることが問題を解き切るコツです。

難解な英文の理解に自信がない場合には、英文解釈の参考書に取り組むと、文構造から意味を理解しやすくなります。

慶應義塾大学商学部の英語の内容真偽問題対策

内容真偽問題は多くの受験生は苦手としている問題です。

慶應義塾大学の商学部では、正しい選択肢を1つ選ぶパターンと、間違っている選択肢を1つ選ぶパターンの内容真偽問題が出題されます。

解き方としては、設問をよく読み、長文のどの部分に関する問いなのかをまず理解することが重要です。

間違っている選択肢を選ぶパターンの場合には、選択肢の内容に該当する部分を探し、1つずつ本文の内容と照らし合わせましょう。

高い読解力が問われる問題ですので、過去問や長文読解の問題集で演習を重ねましょう。

慶應義塾大学商学部の英語の長文読解対策

慶應大学 商学部の英語の長文読解問題について解説します。

長文読解問題は大問7題中6題を占め、配点の6割以上は読解に関わる問題です。

とにかく時間との勝負!

慶應義塾大学商学部の英語は、とにかく時間との勝負です。

特に、2,500語にもおよぶ長文は、受験生をもっとも悩ます商学部の壁です。

商学部に合格するためには、まず90分という限られた試験時間の中で、2,500語にもおよぶ長文を読みきる速読力を身につけなければいけません。

考える時間や、設問の解答時間を考えると、大体1語あたり60~100語のペースで読みきることを日ごろから目標にしましょう。(700語の長文であれば、7~11分程度)

色々な語数の英文に触れておく

慶應大学商学部の2017年度の長文読解問題の出題は、100~200語の英文が3題、600~700語の英文が2題、1000語程度の英文が1題の6題構成でした。

2016年度以前は、長文読解問題は7題の構成で、大問の中で100語以下の英文が3題出題される問題が出題されていましたが、2017年度は出題されていません。

今後も問題の出題傾向の変動は十分に予想されますが、長文読解中心の出題は2019年度入試も変わらないと予想されています。

慶應大学の商学部では、100語以下~1,000語レベルと様々な長さの英文が例年出題されています。

日ごろから1,000語レベルの長文はもちろん、100語以下の英文にも触れて慣れておくようにしましょう。

慶應義塾大学商学部の英語の時事問題対策

長文読解は、時事問題メインの評論文が出ます。ビジネス論を中心に、経済論、社会論、環境問題、社会保障問題、科学技術などが題材となることが多いです。

企業経営や環境問題などに関する話題や用語にも、慣れておく必要があるでしょう。

慶應義塾大学商学部の英語の空所完成問題対策

慶應義塾大学 商学部の文法・語法問題では、短文の空所完成問題が頻出です。同じ慶應義塾大学の法学部では、「誤文指摘」、理工学部では「日本文つきの空所完成問題」が出題されるなど、学部により問題形式に特徴があります。

文法・語法問題は、基本的な知識を問うものなので、文法・語法の基礎力を固めて確実に得点できるようにしましょう。

慶應義塾大学では、単語の意味がつかめても、英文の意味を理解することに手間取るような複雑な英文が頻出です。

慶應義塾大学商学部受験生からのよくある質問

慶應義塾大学商学部の受験科目は?

慶應義塾大学商学部のA方式の受験科目は英語、数学、地歴です。B方式の入試科目は英語、地歴、論文です。

慶應義塾大学商学部にはどんな入試方式がありますか?

慶應義塾大学商学部の入試方式は一般選抜と学校推薦型選抜、帰国生入試、外国人留学生入試、などがあります。

慶應義塾大学商学部の倍率・偏差値は?

慶應義塾大学商学部の倍率は3.5倍程度で、例年B方式の方がやや倍率が高い傾向があります。慶應義塾大学商学部の偏差値は、65.0~67.5です。

慶應義塾大学商学部に合格するための英語勉強法は?

慶應義塾大学商学部の語数の多さと設問数のの多さが特徴的で、長文読解が8割以上を占めています。大問5の文法問題を除き、全体的に速読力・読解力が求められます。長文読解は時事問題メインの評論文が出ます。ビジネス論を中心に、経済論、社会論、環境問題、社会保障問題、科学技術などが題材となることが多いです。

慶應義塾大学商学部の特長

慶應義塾大学商学部では、研究対象を現代の産業社会全般ととらえ、経営、会計、商業、経済・産業の4つをコアに多様な教育・研究を展開し「実学」の精神で、時代の一歩先を見通せる未来の組織リーダーを育成してしていくことを目的としています。

慶應義塾大学商学部の学科

慶應義塾大学商学部で取得可能な主な資格

教職(地歴・公・社・商業)

慶應義塾大学商学部に届いていない生徒さんへ

慶應義塾大学商学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学商学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学商学部合格へ向けて全力でサポートします

慶應義塾大学商学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学商学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

慶應義塾大学商学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学商学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

慶應義塾大学商学部の受験生によくあるお悩み

慶應義塾大学商学部対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

慶應義塾大学 学部別受験対策

慶應義塾大学の学部別受験対策はこちらから見ることができます。

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント