オンライン家庭教師のメガスタ

合格者インタビュー 「上智大学に合格!」 「メガスタは合格への近道!」 上智大学(外国語学部)

瀧崎 くるみさん(東京都)
瀧崎 くるみさん(東京都)

上智大学(外国語学部)

メガスタスタッフとご本人のインタビューを掲載しております。

まさか自分が上智に合格!
夢じゃないのかな、と思いました。

メガスタ:合格おめでとうございます! 合格した今のお気持ちはいかがですか?

くるみさん:まさか自分が上智……という感じです。本当に信じられなかったのですが、だんだん現実味が湧いてきました。嬉しいどころではありません。

メガスタ:合格がわかったとき、どんな気持ちでしたか?

くるみさん:いやぁ……泣きました。母と一緒に泣いて「これ本当夢見ているのではないか」と思いました。

メガスタ:公募推薦はもともと意識されていたのですか?

くるみさん:最初は自己推薦1本で行こうと思っていたのですが、推薦について全くわかっていませんでした。「公募って何?」って感じだったのですが、上智の公募推薦を紹介していただき、公募の方が受かりやすいのではないかと思い、挑戦しました。

大嫌いな世界史が好きになった!
家庭教師の先生のおかげです。

メガスタ:受験勉強を始めたのはいつ頃でしたか?

くるみさん:高2の後半くらいです。

メガスタ:メガスタで家庭教師をつけ始めたのも高2後半くらいでしたよね。

くるみさん:はい、高2の3月です。

メガスタ:その頃の成績はいかがでしたか?もともと勉強は得意だったんでしょうか?

くるみさん:いやぁ、全くなんですよ。本当に高1と高2の前半までは本当に成績がひどくて、学校ではビリレベル。でも英語はもともと得意でしたが、それ以外はひどかったです。高2の後半から結構上位をキープできるようになってきましたね。そこからずっと一応、勉強が好きになりました。

メガスタ:家庭教師を始めたことで、結構成績が上がってきたのでしょうか?

くるみさん:世界史と現代文がすごく苦手でしたが、結構成績もアップしました。ありがとうございます。

メガスタ:家庭教師の講師をつけから成績はすぐ上がってきましたか?

くるみさん:そうかもしれないです。成績も上がり、世界史が大嫌いでしたが好きになりました。

メガスタ:良かったです!今回の上智大の公募推薦は、内申点も結構かかわってきますよね?

くるみさん:はい、内申点はギリギリでしたがOKラインでした。世界史とかが5段階中の3だったのが上がったので、出願できたんだと思います。

メガスタ:世界史は5を獲れたんですか?

くるみさん:はい、5を獲れましたね!

メガスタ:すごい!それを聞いてすごく嬉しいです。

オンラインはすごく話しやすい!
お母さんも「オンライン最高」と言っています。(笑)

メガスタ:メガスタの家庭教師をつけようとしたきっかけは何でしょうか?

くるみさん:まずは世界史に強いというか、世界史を教えてくれる塾を探していました。母がインターネットで調べていたら、メガスタさんを見つけてホームぺ―ジの「絶対合格させます」という言葉に惹かれて、こちらにお願いしようかと思いました。

メガスタ:ほかにも塾や予備校など色々な選択肢があると思いますが、検討はされなかったのでしょうか?

くるみさん:私は東京に住んでいるのですが、オンラインという点で通わなく良いということで楽だなと思いました。母はオンラインに対して抵抗があり、「対面がいいんじゃないの」という感じででしたが、私はオンラインで全然良かったと思います。逆に私自身、人見知りなのでオンラインで良かったです。

メガスタ:実際にオンライン家庭教師をやってみて、思っていたものと比べてどうでしたか?

くるみさん:オンラインだと途中で止まったりしてやりにくいのかなと思いましたが、本当に会っているみたいな感じです。全然話しやすいですし、個人的にはオンラインの方が話しやすいと思いました。画質もいいし、電波も止まったりしないし、すごくいいです!ちょうど3月4月からコロナがひどくなってきたので、タイミングもちょうど良かったと思いました。

メガスタ:不安を抱えていたお母様もやっている様子を見て、オンラインへの印象が変わっていきましたか?

くるみさん:全然変わりました、180度変わりました。「もうオンライン最高」と言っています。(笑)

「世界史は何でも俺に任せろ」みたいな感じの先生と、
1の質問をすると100答えて下さる先生、どちらもすごかったです!

メガスタ:世界史と現代文を指導してもらっていたとのことで、それぞれ講師について教えて下さい。

くるみさん:世界史の講師は親身になって、自分の親みたいな感じで、すごく近くで接して下さってプロフェッショナルですし、「世界史は何でも俺に任せろ」みたいな感じで、ものすごく感じの良い講師でした。

メガスタ:そうだったんですね。さっき嫌いだった世界史が好きになったとおっしゃっていましたが、楽しい授業だったんですか?

くるみさん:先生ご自身のエピソードを話してくださるので、それですごく興味を持てました。

メガスタ:現代文の講師はどんなタイプでしょうか?

くるみさん:優しくて、ものすごく教え方がすごく丁寧で、マメな講師だ思いました。教え方もわかりやすいし、1の質問をすると100答えて下さっています。本当にそれが凄いと思いました。

メガスタ:小論文の対策を始めたのはいつ頃からだったんでしょうか?

くるみさん:9月か10月くらいに小論文も一緒にお願いしますということでやっていただきました。

メガスタ:小論文をやったのは受験間際だったんですね。

くるみさん:そうなんです。それでも、結構知識量が増えたなぁと思います。

メガスタ:後になりましたが、来年の受験生に向けてアドバイスをお願いします。

くるみさん:推薦を受ける方なら事前の小論文や志望理由書、自己推薦書とかを夏休み中に絶対やっておいた方がいいと思います。あとは一般受験をするにしても推薦を受けるにしても英語資格は絶対に取っておいた方がいいと思います。自分の得意科目を極めて、「本当にこの大学に入りたい!」というパッションを持ち、絶対にあきらめなければ誰でも合格できると思います。

メガスタ:ありがとうございました。

こちらのインタビューも読まれています

6/30
安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント