オンライン家庭教師のメガスタ
専修大学1
志望校に届いていない高校生へ 対策が分かれば合格できます!

E判定から
専修大学
合格するための
入試傾向・対策ページ

柿台 / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)

専修大学受験に役に
立つ情報をお届けします!

専修大学を目指している方へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 専修大学の偏差値に届いていない
  • 専修大学で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、大学受験に対して不安も大きいと思います。

このページでは、専修大学に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

専修大学に合格するための受験勉強の進め方

専修大学に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ志望学部の入試情報を確認し、勉強の優先順位を決める

専修大学に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。

ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのために、まずは志望学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めましょう。

ご存じだと思いますが、大学入試では大学や学部によって科目、配点、出題範囲はバラバラです

ですので、入試情報で配点が高い科目や出題範囲をしっかりと確認し、入試に重要なところから優先的に対策を進めていくことが合格への近道です。

反対に、入試情報を知らないまま受験勉強を進めてしまうと、配点の高い科目を後回しにしてしまったり、入試に出ない範囲の勉強に時間を使ってしまったりと、非効率な受験勉強をしてしまう可能性があります。

下記は、専修大学の学部別の入試情報です。

専修大学 
学部別入試情報

※前期のみ掲載 ※偏差値、大学入学共通テスト(センター試験)得点率は河合塾のデータを参照

経済学部

学科 偏差値
現代経済 55.0
生活環境経済 50.0
国際経済 52.5

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[一般選抜・前期/大学入学共通テスト併用AS方式](400点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ★以下の大学入学共通テスト指定科目から1科目選択
  • 外国語:英(リスニング含む)、独、仏、中、韓
  • 国語:国(漢文を除く)
  • 地歴:世A、世B、日A、日B、地A、地B
  • 公民:現社、倫、政経、「倫・政経」
  • 数学:数I、「数I・数A」、数II、「数II・数B」
    ※大学入学共通テストの配点を100点に換算

[国際経済/一般選抜・前期、英語重視C方式](350点満点)

  • 英語(150点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

法学部

学科 偏差値
法律 55.0
政治 55.0

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[一般選抜・前期/大学入学共通テスト併用AS方式](400点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ★以下の大学入学共通テスト指定科目から1科目選択
  • 外国語:英(リスニング含む)、独、仏、中、韓
  • 国語:国(漢文を除く)
  • 地歴:世A、世B、日A、日B、地A、地B
  • 公民:現社、倫、政経、「倫・政経」
  • 数学:数I、「数I・数A」、数II、「数II・数B」
    ※大学入学共通テストの配点を100点に換算

経営学部

学科 偏差値
経営 55.0
ビジネスデザイン 52.5

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[一般選抜・前期/英語重視C方式](350点満点)

  • 英語(150点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

商学部

学科 偏差値
マーケティング 55.0
会計 55.0

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[一般選抜・前期/大学入学共通テスト併用AS方式](500点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ★以下の大学入学共通テスト指定科目から1科目選択
  • 外国語:英(リスニング含む)
  • 国語:国(古文・漢文を除く)
  • 地歴:世B、日B、地B
  • 公民:政経、「倫・政経」
  • 数学:数I、「数I・数A」、数II、「数II・数B」、簿
    ※大学入学共通テストの配点を200点に換算

[一般選抜・前期/得意科目重視B方式](350点満点)

  • 英語:コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語:国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴:日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民:政治・経済
  • 数学:数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ※英語重視=英語150点、国語100点、地歴・公民・数学100点
    ※国語重視=国語150点、英語100点、地歴・公民・数学100点
    ※地歴・公民・数学重視=地歴・公民・数学150点、国語100点、英語100点

文学部

学科 偏差値
日本文学文化 57.5
英語英米文 52.5
55.0
歴史 55.0
環境地理 52.5
ジャーナリズム 55.0

[日本文学文化、哲、歴史、ジャーナリズム/一般選抜・前期、3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済、倫理
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[日本文学文化/一般選抜・前期、国語重視D方式](400点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(200点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[英語英米文/一般選抜・前期、3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済、倫理
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[英語英米文/一般選抜・前期、英語単独E方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 総合英語(150点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
    ★以下、大学入学共通テスト指定科目
  • 外国語:英(リスニング含む)
    ※大学入学共通テストの配点を50点に換算

[環境地理/一般選抜・前期、3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

人間科学学部

学科 偏差値
心理 57.5
社会 55.0

[心理/一般選抜・前期、3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[社会/一般選抜・前期、3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済、倫理から1科目選択
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

国際コミュニケーション学部

学科 偏差値
日本語 55.0
異文化コミュニケーション 55.0

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

[異文化コミュニケーション/一般選抜・前期、英語重視C方式](350点満点)

  • 英語(150点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(100点):国語総合(漢文を除く)、現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択

ネットワーク情報学部

学科 偏差値
ネットワーク情報 50.0

[一般選抜・前期/3教科同一配点A方式](260点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(60点):現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ★以下の大学入学共通テストの受験必須
  • 数学:数I・数A
    ※合格点には含めず、基準点以上を合格判定対象とする

[一般選抜・前期/大学入学共通テスト併用AS方式](360点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 国語(60点):現代文B
  • 地歴(100点):日本史B、世界史B、地理Bから1科目選択
  • 公民(100点):政治・経済
  • 数学(100点):数I・数A・数B(数列・ベクトル)
    ※地歴・公民・数学から1科目選択
    ★以下、大学入学共通テスト指定科目
  • 数学:数I・数A
    ※大学入学共通テストの配点を100点に換算

[一般選抜・前期/2教科数学重視F方式](300点満点)

  • 英語(100点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(200点):数I・数II・数III・数A・数B(数列・ベクトル)

※当ページの大学入試情報は執筆時点での情報となります。最新の情報については、大学の公式サイトをご確認ください。

志望学部の入試情報はご確認いただけましたか?

もし、配点の高い科目が苦手科目だったり、後回しにしてしまっている科目だったりした場合には、要注意です。今すぐに受験勉強の進め方を変える必要があります。

ステップ専修大学の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

専修大学の場合、入試問題の傾向は、毎年一定で、ほぼワンパターンです。
問題量、難易度、出やすい分野が決まっているのです。

ですから、専修大学に合格するためには、専修大学の傾向を知った上で、 優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、専修大学の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

専修大学 
科目別入試傾向と対策

英語

大問数 5題
解答形式 マーク式
試験時間 60分

設問によってボリュームに差があり!過去問で時間配分をするのが大切

専修大学文学部の英語対策で特に注力したいのが、長文読解問題です。入試では大問3つの出題となっており、いずれも文脈の正しい内容や意味にマッチしたものを選択する形となります。普段から英文を読み、何を訴えているのがということを考えるトレーニングをしておきましょう。

また、専修大学文学部の英語対策は、文法と語彙力アップもしておくと、英文の空所補充がスムーズに確実に解答できます。本試験ではボリュームがある設問と、時短で解ける 設問の構成となっています。専修大学文学部の英語対策をするときは、過去問を確認して、時間配分を考えながら臨みましょう。

数学

大問数 3題
解答形式 記述式
試験時間 60分

計算式の数をこなし、図示する問題にも慣れておこう

専修大学経済学部の数学対策の範囲は、方程式・定数・確率はじめとする「数学I・数学II・数学A」です。全て計算式を求めた後に答えを出す記述式となっているので、取り掛かりやすい設問を見極めることが重要です。

また、xyなどを平面上に図示する問題や放物線の範囲が出題された年度もあるので、過去問や類似問題で慣れておくと良いでしょう。

また、専修大学経済学部の数学対策で肝心なのは、早い段階で得手不得手の分野を認識することです。不得手を知ることで入試対策がよりしやすくなり、試験の段取りもしやすくなるでしょう。

国語

大問数 3題
解答形式 マーク式
試験時間 60分

全体把握力と文法力を身につけることが合格点突破への近道

専修大学経営学部の国語対策は、評論文の全体把握と古文法をメインにしておきましょう。

現代文に関しては、論旨に一致する選択肢から正しいものを選ぶ形がメインなので、過去問などをやるときは「筆者が訴えていること」を感じ取る力を積み上げましょう。古文に関しては、文法を正しく覚えているかどうかが点数稼ぎにつながります。

そして、専修大学経営学部の国語対策は、現代文や古文だけではありません。四字熟語や故事成語といった一般常識モノや文学史も出題されているので、すき間時間を有効活用して覚えておきましょう。

日本史

大問数 3題
解答形式 マーク式
試験時間 60分

時代背景をしっかりと覚えておくと高得点につながる

専修大学文学部の日本史対策は、ただ用語を覚えるのではなく、「明治時代に何があったか」といった時代背景の理解が必要です。

日本史の問題形式は、歴史に関する文章が書かれている内容に基づき、傍線部の内容と一致した出来事や内容をマークするのが多い傾向です。また、古い順から出来事を並べる設問や地図から読み取る設問があります。資料を活用しながら確実に覚えておきましょう

そして、専修大学文学部の日本史対策では、出題頻度が高い明治時代以降はマストです。ほかの時代と比べて覚える内容が多いので、時間をかけて取り組むことをおすすめします。

世界史

大問数 3題
解答形式 マーク式
試験時間 60分

長文問題で出題!歴史的事実を文章で読むことに慣れよう

専修大学文学部の世界史対策は、歴史的事実が記された長文に慣れておくのが必須です。実際に本試験では、長文構成の傍線部や空所部分の正しい内容や用語を選んで答えを導く設問が出されています。

また、専修大学文学部の世界史は、古代や近代に関係なく出題されていますが、その中でも、毎年20世紀以降の世界情勢の頻度は高め。しかも情報量も多いので、その時代にどのようなことがあったかということを新聞やネットで調べておくとよいでしょう。

専修大学文学部の世界史対策で大切なのは、過去問と類似問題で慣れておくことです。時代の流れと用語を覚えれば成績が上がりやすい科目なので、設問をしっかり読む習慣をつけましょう。

いかがでしょうか?

今まで、専修大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。
ですが、専修大学の入試に出ない分野の勉強を行っても、合格は近づきません。

反対に、専修大学の傾向を事前に理解し、受験勉強を進めていけば、専修大学に合格できる可能性ははるかに上がるのです

専修大学に合格する
受験勉強法まとめ

さて、今までは専修大学に合格するための受験勉強の進め方について、ご紹介しました。

まず、ステップ1が「志望学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」、そして、ステップ2が「専修大学の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」です。

この2つのステップで受験勉強を進められれば、専修大学の合格は一気に近づきます。

専修大学対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には専修大学対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での専修大学対策とは個別指導塾での専修大学対策とは

塾や予備校での専修大学対策とは個別指導塾での専修大学対策とは

塾や予備校での専修大学対策とは個別指導塾での専修大学対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、専修大学を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタは、専修大学に合格させるノウハウをもっています。何をやれば専修大学に合格できるのかを知っています。

ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「専修大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

メガスタの
専修大学対策とは

専修大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが専修大学の受験生に選ばれる6つの理由

専修大学対策はメガスタにご相談ください

専修大学に合格させるための指導とは

専修大学に合格させる指導プラン

専修大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が専修大学対策をします

専修大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが専修大学の受験生に選ばれる6つの理由

専修大学対策はメガスタにご相談ください

専修大学に合格させるための指導とは

専修大学に合格させる指導プラン

専修大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が専修大学対策をします

専修大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが専修大学の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

専修大学対策はメガスタにご相談ください

専修大学に合格させるための指導とは

専修大学に合格させる指導プラン

専修大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が専修大学対策をします

専修大学への逆転合格は
メガスタに
おまかせください!!

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

まずは、メガスタ

資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

専修大学 
キャンパス&大学紹介

URL

■専修大学公式サイト
https://www.senshu-u.ac.jp/

住所

【神田キャンパス】〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8

【生田キャンパス】〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1

詳細情報

  • ・歴史:1949年
  • ・経済学部:合計751名、男性 73.9%、女性 26.1%
  • ・法学部:合計697名、男性 64%、女性 36%
  • ・歴史:1962年
  • ・経営学部:合計553名、男性 69%、女性 31%
  • ・歴史:1965年
  • ・商学部:合計648名、男性 60.6%、女性 39.4%
  • ・歴史:1966年
  • ・文学部:合計671名20男性 46.6%、女性 53.4%
  • ・歴史:2001年
  • ・ネットワーク情報学部:合計235名、男性 79.3%、女性20.7%
  • ・歴史:2010年
  • ・人間科学部:合計224名、男性 46.1%、女性53.9%
  • ・歴史:2020年
  • ・国際コミュニケーション学部:合計221名

高度な専門知識と豊かな教養を身につけた有為な人材の育成

専修大学は、1880(明治13)年、米国留学から帰国した相馬永胤・田尻稲次郎・目賀田種太郎・駒井重格ら4人の若者により創立されました。米国の地で「専門教育によって日本の屋台骨を支える人材を育てよう。そのことが海外で長年勉強する機会を与えてもらった恩に報いることだ」と考え、帰国後本学の前身である「専修学校」を創立しました。青年を教育・指導することによって社会に「報恩奉仕」するという精神を建学の精神としており、学風として「質実剛健・誠実力行」を挙げています。

黒門(くろもん)は、神田キャンパスの校門の一つであり、専大通りに面している。東京大学の赤門にあやかり、専修大学の異称にもなっている。

江戸時代の神田神保町は、旗本や御家人の武家屋敷の地で、その多くは冠木門といわれる両側の柱上部に冠木と呼ばれる横木を渡した屋根のない門構えであり、専修学校の校門にもそれが使われました。このころ、すでに帝国大学(後の東京帝国大学)が赤門という代名詞で呼ばれており、専修学校は黒門(くろもん)という代名詞で呼ばれるようになった。1907年の校舎改築に伴って、黒門は破却されたが、2010年に、神田キャンパスで約100年ぶりに復元されました。

専修大学の受験情報

専修大学の前期入学試験には、1回の試験で全学部・全学科の併願受験が可能な「全学部統一入試」があります。その他、7つの方式におよぶ「学部個別入試」があり、試験の日程はすべてを含むと計4日間です。
学部は、経済学部・法学部・経営学部・商学部・文学部・人間科学部・国際コミュニケーション学部・ネットワーク情報学部があり、学科によってテスト方法や募集人数が異なるので、以下の各学部情報に記載します
【経済学部】
現代経済学科と生活環境経済学科の前期の試験方法は、A方式・AS方式の2つあります。前期の募集人員は、現代経済学科132名、生活環境経済学科133名で、後期は各5名ずつです。
国際経済学科の前期の試験方法は、A方式・AS方式・C方式の3通りがあります。前期の募集人員は85名、後期は5名です。
【法学部】
法律学科と政治学科の前期の試験方法は、A方式・ASの2通りがあります。前期の募集人員は196名と54名。後期は15名と5名です。
【経営学部】
経営学科とビジネスデザイン学科の前期の試験方法は、A方式・C方式の2通りがあります。前期の募集人員は130名と70名。後期は2学科で28名です。
【商学部】
マーケティング学科と会計学科の前期の試験方法は、A方式・AS方式・B方式の3通りがあります。前期の募集人員は161名と84名。後期は2学科で10名です。
【文学部】
日本文学文化学科の前期の試験方法は、A方式・D方式の2通りがあります。前期の募集人員は68名、後期は4名です。
英語英米文学科の前期の試験方法は、A方式・E方式の2通りがあります。前期の募集人員は、83名、後期は6名です。
哲学科と歴史学科の前期の試験方法は、A方式のみです。前期の募集人員は38名と84名。後期は3名と6名です。
環境地理学科とジャーナリズム学科の前期の試験方法は、A方式のみです。前期の募集人員は38名と45名。後期は2名と3名です。
なお、英語英米文学科のE方式の「総合英語」は、A方式とは異なります。英語の解釈力、推論力など英語の応用力・活用力を問う試験です。レベルはA方式とほぼ同等で、高校3年生までの英語の基礎学力があれば解答できるでしょう。ただし、文法・構成・語彙を知識だけとして学習しているのではなく、実際に活用・運用して正しく読解し、表現する力を問われる問題が出題されます。
【人間科学部】
心理学科と社会学科の前期の試験方法は、A方式のみです。前期の募集人員は45名と91名。後期は、2名と5名です。
【国際コミュニケーション学部】
日本語学科の前期の試験方法は、A方式のみです。前期の募集人員は38名、後期は5名です。
異文化コミュニケーション学科の前期の試験方法は、A方式・C方式の2通りがあります。前期の募集人員は76名、後期は5名です。
【ネットワーク情報学部】
ネットワーク情報学科の前期の試験方法は、A方式・AS方式・F方式の3通りがあります。前期の募集人員は65名、後期は2名です。
前期のF方式は、英語受験者の中でも得点が上位85%以内である場合のみ合格判定対象となります。(得点が下位15%以下は合格判定の対象外です)また、ネットワーク情報学科のA方式、全学部統一入学試験、後期入学試験、全学部統一入学試験、前期入学試験(数学基準型)を選択した場合は、大学入学共通テストの「数学Ⅰ・数学A」の受験が必須になります。基準点《2021(令和3)年度試験では30点》以上が合格判定対象となります。なお、国語は、現代文のみを判定に使用するので、古文や漢文に解答する必要はありません。ただし、同一試験日に他の学科を併願し受験する際には、すべての問題を解答してください。
【日程・会場】
例年の出願期間は、一般選抜前期1月初旬~2月初旬、後期は2月中旬~下旬です。試験の日程は、前期が2月中旬で後期は3月初旬頃となります。合格発表は前期が2月下旬、後期は3月中旬頃です。試験会場は例年、前期の全学部統一入試は、仙台、郡山、水戸、大宮、津田沼、横浜、新潟、長野、静岡、名古屋、専修大学神戸校舎、専修大学生田校舎の12会場から選択できます。前期の学部個別入試は、水戸、大宮、津田沼、横浜、新潟、長野、静岡、専修大学神戸校舎、専修大学生田校舎の9会場から選択できます。なお、英語英米文学科E方式、ネットワーク情報学科のF方式試験を希望した人は、専修大学神戸校舎、専修大学生田校舎の2会場から選択できます。後期は、仙台、新潟、長野、静岡、専修大学神戸校舎、専修大学生田校舎の6会場から選択できます。
※年度によって変更となる可能性があるため、必ず最新情報は専修大学の公式ホームページでご確認ください。

専修大学受験生からのよくある質問

専修大学の受験科目は?

専修大学の受験科目は学部によって異なります。詳しくは、ページ上部の学部別情報をご確認ください。

専修大学にはどんな入試方式がありますか?

専修大学の入試方式は一般選抜、大学入学共通テスト利用選抜、学校推薦型選抜、総合型選抜、特別入学試験などがあります。

専修大学の倍率・偏差値は?

専修大学の倍率・偏差値は学部によって異なります。詳しくは、ページ上部の学部別情報をご確認ください。

専修大学に
成績が届いていない生徒さんへ

専修大学合格へ向けて全力でサポートします

専修大学合格へ向けて全力でサポートします

専修大学合格へ向けて全力でサポートします

専修大学の受験生によくあるお悩み

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

専修大学の受験生によくあるお悩み

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

専修大学の受験生によくあるお悩み

専修大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント