オンラインプロ教師のメガスタ
志望校に届いていない高校生へ 対策が分かれば合格できます!

E判定から
成蹊大学
合格するための
入試傾向・対策ページ

Dick Thomas Johnson(Flickr) / CC BY (https://creativecommons.org/licenses/by/2.0)

成蹊大学に
逆転合格できました!

  • 「自宅で授業を受けられるのが最大の強みです!」

    合格校:成蹊大学(理工学部)ほか
    皆川 佑月さん(東京都)

  • 「オンラインで添削もしてくれた!」

    合格校:成蹊大学(法学部)ほか
    松本 茜さん(埼玉県)

  • 「成蹊に逆転合格!」

    合格校:成蹊大学(法学部)
    小倉 優花さん(福岡県)

成蹊大学を目指している方へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 成蹊大学の偏差値に届いていない
  • 成蹊大学で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、大学受験に対して不安も大きいと思います。

このページでは、成蹊大学に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

成蹊大学に合格するための受験勉強の進め方

成蹊大学に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ志望学部の入試情報を確認し、勉強の優先順位を決める

成蹊大学に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。

ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのために、まずは志望学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めましょう。

ご存じだと思いますが、大学入試では大学や学部によって科目、配点、出題範囲はバラバラです

ですので、入試情報で配点が高い科目や出題範囲をしっかりと確認し、入試に重要なところから優先的に対策を進めていくことが合格への近道です。

反対に、入試情報を知らないまま受験勉強を進めてしまうと、配点の高い科目を後回しにしてしまったり、入試に出ない範囲の勉強に時間を使ってしまったりと、非効率な受験勉強をしてしまう可能性があります。

下記は、成蹊大学の学部別の入試情報です。

成蹊大学 
学部別入試情報

※前期のみ掲載 ※偏差値、大学入学共通テスト(センター試験)得点率は河合塾のデータを参照

経済学部

学科 偏差値
経済数理 55.0
現代経済 57.5

[経済数理/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(400点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 100点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
数学 200点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)
外国語 100点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[現代経済/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(300点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 100点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 100点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴 100点 世B・日Bから選択
●公民 100点 政経
●数学 100点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)
●→地歴、公民、数学から1科目選択

[経済数理/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(500点満点)

教科 配点 科目または備考
数学 200点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III
外国語 300点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[現代経済/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(500点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 300点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[現代経済/G方式(2教科型グローバル教育プログラム統一入試)]2教科(700点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 400点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

経営学部

学科 偏差値
総合経営 57.5

[経営/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(350点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 100点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 100点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴 100点 世B・日Bから選択
●数学 200点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)
●→地歴、数学から1科目選択

[経営/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(600点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 400点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[経営/G方式(2教科型グローバル教育プログラム統一入試)]2教科(700点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 400点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

法学部

学科 偏差値
法律 57.5
政治 57.5

[法/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(320点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 100点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 120点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
●地歴 100点 世B・日Bから選択
●公民 100点 政経
●数学 100点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II
●→地歴、数学から1科目選択

[法/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(500点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 300点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[法/G方式(2教科型グローバル教育プログラム統一入試)]2教科(700点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 400点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

文学部

学科 偏差値
英語英米文 57.5
日本文 57.5
国際文化 57.5
現代社会 55.5

[英語英米文/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(450点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 150点 国語総合・現代文B・古典B
地歴 100点 世B・日Bから1科目選択
外国語 200点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[日本文/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(350点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 150点 国語総合・現代文B・古典B
地歴 100点 世B・日Bから1科目選択
外国語 100点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[国際文化、現代社会/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(400点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 150点 国語総合・現代文B・古典B
地歴 100点 世B・日Bから1科目選択
外国語 150点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[英語英米文、国際文化、現代社会/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(500点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B・古典B
外国語 300点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[日本文/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(500点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 300点 国語総合・現代文B・古典B
外国語 200点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[英語英米文、国際文化/G方式(2教科型グローバル教育プログラム統一入試)]2教科(700点満点)

教科 配点 科目または備考
国語 200点 国語総合・現代文B(古文・漢文を除く)
外国語 400点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

理工学部

学科 偏差値
物質生命理工 50.0
情報科学 52.5
システムデザイン 50.0

[理工/A方式(3教科型学部個別入試)]3教科(360点満点)

教科 配点 科目または備考
数学 120点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III
理科 120点 「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」から1科目選択
外国語 120点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

[理工/E方式(2教科型全学部統一入試)]2教科(600点満点)

教科 配点 科目または備考
数学 300点 数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル)・数III
外国語 300点 コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II

※当ページの大学入試情報は執筆時点での情報となります。最新の情報については、大学の公式サイトをご確認ください。

志望学部の入試情報はご確認いただけましたか?

もし、配点の高い科目が苦手科目だったり、後回しにしてしまっている科目だったりした場合には、要注意です。今すぐに受験勉強の進め方を変える必要があります。

ステップ成蹊大学の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

成蹊大学の場合、入試問題の傾向は、毎年一定で、ほぼワンパターンです。
問題量、難易度、出やすい分野が決まっているのです。

ですから、成蹊大学に合格するためには、成蹊大学の傾向を知った上で、 優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、成蹊大学の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

成蹊大学 
科目別入試傾向と対策

英語

大問数 6題
解答形式 マークシート方式
試験時間 90分

長文読解の対策が合否を大きく影響する

成蹊大学経済学部の英語(E方式)は、大問が6題、全てマークシート方式で出題されます。大問3以外は全て長文読解問題が出題され、大問3では対話文形式の問題が出題されます。

細かな文法の知識を問う問題よりも英語の読解力を問う問題が比較的多く、問題文を読みその文章の全体の要旨を短時間で把握して選択肢を選ぶ必要があります。

成蹊大学経済学部の英語の対策としては、毎日一定量の英文を読み、文章の内容を掴む訓練を行いましょう。問題の中には英語で出題されるもののあるので、出題形式に慣れるために数年分の過去問を解き、過去問分析を行うことも必須です。

数学

大問数 3題
解答形式 マークシート方式+記述式
試験時間 75分

失点することなく確実に解答しよう

成蹊大学理工学部の数学(E方式)は、大問が3題出題されます。大問1は小問集合問題が出題され、大問2や大問3では証明問題や総合問題などが出題されます。大問1、大問2はマークシート方式、大問3は記述式問題が出題されます。

数Ⅰ、数Ⅱ、数Ⅲから満遍なく出題されますが、難易度はそれほど高くありません。教科書や問題集の標準問題レベルの問題が多いため、失点しないように確実に解答しましょう。

成蹊大学理工学部の数学の対策としては、教科書や問題集に掲載している基本問題の解法を確実にマスターし、時間内に解けるように正確な計算力を身につけることが必要です。

国語

大問数 3題
解答形式 マークシート方式
試験時間 75分

現代文の読解問題を徹底的に演習しよう

成蹊大学経済学部の国語は、大問が3題されます。3題とも全て現代文の読解問題が出題され、小問の中に漢字や文学史、語彙力を問う問題などがバランスよく出題されます。

問題文の分量はいずれも多いことから、速読することが要求されます。内容正誤問題では分かりにくい選択肢もあるため、文章の細かな箇所まで精読する必要があるでしょう。

成蹊大学経済学部の国語の難易度は標準レベルです。普段から漢字の読み書きに意識しながら、できるだけ多くの読解問題に取り組むことをおすすめします。演習する際は時間を測り、速読を意識しながら問題に取り組みましょう。

日本史

大問数 4題
解答形式 マークシート方式
試験時間 60分

事務処理能力を身につけて時間内に解答しよう

成蹊大学経済学部の日本史は、大問が3題出題されます。全てマークシート方式で問題が出題され、大問1では史料を使った問題が例年出題されています。

全体的に問題の難易度は高く、いずれの時代も満遍なく細かな知識まで問われます。教科書や重要用語集に掲載されている知識は確実に身につけると同時に、史料集に掲載されている様々な史料を時代ごとに確実に押さえる必要があるでしょう。

成蹊大学経済学部の日本史の対策としては、基本知識だけでなく一歩踏み込んだ細かな知識まで網羅的に押さえることが大切です。普段から史料集や用語集を手元に置き、丹念に確認しながら知識を増やすことをおすすめします。

世界史

大問数 5題
解答形式 マークシート方式
試験時間 60分

分量が多いため時間配分に気をつけよう

成蹊大学経済学部の世界史は、大問が5題されます。全てマークシート方式の問題が出題され、小問の数が多いことから時間配分に注意をしながら解き進める必要があります。

網羅的に出題されますが現代史に関する問題の出題が比較的多く、中には時事的な内容を問う問題も出題されます。政治経済の知識も問われるため対策する必要があるでしょう。

成蹊大学経済学部の世界史は、難易度は標準レベルですが出題範囲が広く、特に近代現代に力を入れて対策を立てることが重要です。基本重要用語を確実に押さえながら細かな知識まで学習し、過去問対策も忘れずに行いましょう。

物理

大問数 4題
解答形式 マークシート方式+記述式
試験時間 80分

重要用語集を最大限に活用しよう

成蹊大学理工学部の物理は、大問が4題されます。大問1では小問集合問題が出題され、大問2以降は力学や波動、電磁気などの総合問題が出題されます。

難易度はそれほど高くなく、標準的なレベルの問題で構成されています。記述式では解き方や計算過程を書かせる問題もあることから、普段から意識して学習する必要があるでしょう。

成蹊大学理工学部の物理の試験対策としては、まずは全ての範囲の基本レベル・標準レベルの解法を正確に押さえましょう。計算量が多くミスが許されないことから、時間を測りながら演習問題に取り組み、速く正確に解くスキルを身につけることが重要です。

化学

大問数 6題
解答形式 マークシート方式+記述式
試験時間 80分

記述対策は必須であり、化学式やイオン式などを確実にマスターしよう

成蹊大学理工学部の化学は、大問が6題されます。大問1〜大問3はマークシート方式の小問集合問題が出題され、大問4〜6は記述式問題が出題されます。

問題の分量が多く、難易度は高くないものの記述式問題では化学式や計算過程を正確に書くことも求められます。有機化学や無機化学から満遍なく出題されるため、合格するためには弱点を作らず基本問題を確実に解答する必要があります。

成蹊大学理工学部の化学の対策としては、基本問題が一通り掲載している問題集を徹底的にマスターし、できるだけ多くの過去問に取り組みましょう。記述問題の形式を把握し、時間をかけて過去問対策を行いましょう。

いかがでしょうか?

今まで、成蹊大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。
ですが、成蹊大学の入試に出ない分野の勉強を行っても、合格は近づきません。

反対に、成蹊大学の傾向を事前に理解し、受験勉強を進めていけば、成蹊大学に合格できる可能性ははるかに上がるのです

成蹊大学に合格する
受験勉強法まとめ

さて、今までは成蹊大学に合格するための受験勉強の進め方について、ご紹介しました。

まず、ステップ1が「志望学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」、そして、ステップ2が「成蹊大学の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」です。

この2つのステップで受験勉強を進められれば、成蹊大学の合格は一気に近づきます。

成蹊大学対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には成蹊大学対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での成蹊大学対策とは個別指導塾での成蹊大学対策とは

塾や予備校での成蹊大学対策とは個別指導塾での成蹊大学対策とは

塾や予備校での成蹊大学対策とは個別指導塾での成蹊大学対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、成蹊大学を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタは、成蹊大学に合格させるノウハウをもっています。何をやれば成蹊大学に合格できるのかを知っています。

ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「成蹊大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

成蹊大学の入試問題の
合格点を取れるようにします!
合格圏外から逆転合格させる
メガスタの成蹊大学対策とは!?

成蹊大学の入試で出やすいところから解けるようにします。

成蹊大学の入試で出やすいところから解けるようにします。

あなただけの合格プランを考えて指導します。

常に最短ルートで合格させるための指導を行います。

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

私たち、メガスタで逆転合格できました!私たち、メガスタで逆転合格できました!

  • 「学力向上の最短コースでした」

    合格校:成蹊大学(経済学部)ほか
    Cさん

  • 「私の性格にあった先生で良かった」

    合格校:成蹊大学(理工学部)ほか
    R.Rさん

  • 「勉強の捉え方が変わった」

    合格校:成蹊大学(理工学部)ほか
    C.Yさん

メガスタの
「受かる成蹊大学対策」
に興味のある方は、
まずは無料の資料を
ご請求ください!

「成蹊大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

無料資料の内容
資料
資料内容
無料資料請求
こちら

お急ぎの場合には、
お電話での無料学習相談へお進みください

メガスタの
成蹊大学対策とは

成蹊大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが成蹊大学の受験生に選ばれる6つの理由

成蹊大学対策はメガスタにご相談ください

成蹊大学に合格させるための指導とは

成蹊大学に合格させる指導プラン

成蹊大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が成蹊大学対策をします

成蹊大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが成蹊大学の受験生に選ばれる6つの理由

成蹊大学対策はメガスタにご相談ください

成蹊大学に合格させるための指導とは

成蹊大学に合格させる指導プラン

成蹊大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が成蹊大学対策をします

成蹊大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが成蹊大学の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

成蹊大学対策はメガスタにご相談ください

成蹊大学に合格させるための指導とは

成蹊大学に合格させる指導プラン

成蹊大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が成蹊大学対策をします

成蹊大学への逆転合格は
メガスタに
おまかせください!!

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

まずは、メガスタ

資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

成蹊大学 
キャンパス&大学紹介

URL

■成蹊大学公式サイト
https://www.seikei.ac.jp/university/

住所

■【吉祥寺キャンパス】〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1

詳細情報

  • ・歴史:1949年
  • ・経済学部:合計230名、男性 60.0%、女性 40.0%
  • ・法学部:合計440名、男性 64.4%、女性 35.6%
  • ・歴史:1962年
  • ・理工部:合計400名、男性 81.1%、女性 18.4%
  • ・歴史:1965年
  • ・文学部:合計420名、男性 23.6%、女性 76.4%
  • ・歴史:2020年
  • ・経営学部:合計290名

「個性を持った自立的な人間の創造」

創立者の中村春二は、その教育の基本的なあり方を、日本古来の教育理念ともいえる「修養」(精神を練磨し、優れた人格を形成することにつとめる)としました。人間はどんな状況におかれても、それを乗り越えるだけの「心の力」がもともと一人ひとりに備わっており、その「尊い心」の存在に気づくことで、自奮自発の強固な精神力が培われる――こうした人間育成、人格養成を教育の根幹に据えたのです。成蹊学園では、この創立者の理念を礎として、「個性の尊重」「品性の陶冶」「勤労の実践」の3つを建学の精神とし、個性の発見伸長と自発的精神の涵養を目指す、独自の教育を実践してきました。

勤労の実践、作業教育、実地観察などの奨励が建学以来行われてきましたが、現代においても、教室の中だけでなく自然や現実社会そのものも教材として捉え、フィールドワーク、ボランティア、留学などによる実体験が持つ教育効果を引き出し、未知のものに積極的に挑む姿勢を育んでいきます。

校章やロゴマークとは別に「ピーチ君」という隠れマスコットがいます。桃に顔と手足がついたキャラクターで、学生部作成のスケジュール帳や資料にしばしば登場しました。

成蹊大学の受験情報

■一般選抜について
成蹊大学では一般選抜でも幅広い方式の大学独自の入試が実施されています。
◇ 独自入試
【3教科型学部個別入試(A方式)】
3教科型学部個別入試は、成蹊大学独自の3教科型入試です。科目ごとの基準点はなく、3教科の合計点で合否を判断します。
<複数学科志願制度について(理工学部)>
A方式では、理工学部のみにおいて「複数学科志願制度」を実施しており、第一志望学科の他に第二・第三志望の学科まで志願できます。この制度を利用した場合、合否判定は第一志望の学科から順に行われます。上位志望学科で合格した場合には、下位志望学科の合否判定は行いませんが、上位志望学科で補欠もしくは不合格となった場合、下位志望学科においても合否判定が行われます。
【2教科型全学部統一入試(E方式)】
2教科型全学部統一入試は、成蹊大学独自の2教科型入試です。科目ごとの基準点はなく、2教科の合計点で合否を判断します。
経済(現代経済学科)・経営・法・文学部は、1回の試験で複数学部に出願が可能です。また、成蹊大学会場以外に全国5会場で受験することができます。
【2教科型グローバル教育プログラム統一入試(G方式)】
成蹊大学のグローバル教育プログラム「EAGLE」に所属する学生を選抜するための試験です。2教科型全学部統一入試(E方式)の「国語」・「外国語」の得点に、「英語外部検定試験」のスコアを用いた得点と、「活動報告書」を段階的に評価した得点を加算し、合否を判断します。
加算に必要な各検定試験は以下の通りです。
●ケンブリッジ英語検定
●実用英語技能検定(英検CBT® 英検S-CBTを含む)
●GTEC(Advanced Basic CBT)
●IELTS™
●TEAP
●TOEFL iBT®
●TOEICR L&R + TOEICR S&W
◇ 共通テスト・独自併用入試
【共通テスト・独自併用 5科目型国公立併願アシスト入試(P方式)】
経済・法・文学部のみで実施される試験です。科目ごとの基準点はなく、共通テスト5科目の得点に、独自試験(E方式)の1科目の得点を加算して合否を判断します。独自試験には英語(文学部日本文学科は国語)を使用します。
【共通テスト・独自併用5科目型多面評価入試(M方式)】
経済学部のみで実施される試験です。共通テスト5科目の得点と、独自に実施する面接試験結果をもとに総合的に合否を判断します。面接試験はグループで行われ、主体性・協調性・論理的思考力などを多面的に評価されます。
※年度によって変更となる可能性があるため、必ず最新情報は成蹊大学の公式ホームページでご確認ください

成蹊大学受験生からのよくある質問

成蹊大学の受験科目は?

成蹊大学の受験科目は学部によって異なります。詳しくは、ページ上部の学部別情報をご確認ください。

成蹊大学にはどんな入試方式がありますか?

成蹊大学の入試方式は一般選抜、総合型選抜、学校推薦型選抜、帰国生・社会人・外国人入試などがあります。

成蹊大学の倍率・偏差値は?

成蹊大学の倍率・偏差値は学部によって異なります。詳しくは、ページ上部の学部別情報をご確認ください。

成蹊大学に
成績が届いていない生徒さんへ

成蹊大学合格へ向けて全力でサポートします

成蹊大学合格へ向けて全力でサポートします

成蹊大学合格へ向けて全力でサポートします

成蹊大学の受験生によくあるお悩み

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

成蹊大学の受験生によくあるお悩み

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

成蹊大学の受験生によくあるお悩み

成蹊大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント

メガスタ よくあるご質問

×
よくある質問カテゴリー

教師について

指導内容や
教材について

指導回数や
日程について

料金について

オンライン指導
について

その他

疑問は解決しましたか?
他の項目もご覧になる場合は「いいえ」を押してください。

いいえ

はい

よくある質問カテゴリーに戻る >

無料資料請求する

大学受験のプロが丁寧に対応しますので、安心してお問い合わせ下さい。

無料電話相談

よくあるご質問のウィンドウを閉じる >