オンライン家庭教師のメガスタ
日本薬科大学
志望校に届いていない高校生へ 対策が分かれば合格できます!

E判定から
日本薬科大学
合格するための
入試傾向・対策ページ

杉山真大 / CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)

日本薬科大学を目指している方へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 日本薬科大学の偏差値に届いていない
  • 日本薬科大学で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、大学受験に対して不安も大きいと思います。

このページでは、日本薬科大学に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

日本薬科大学に合格するための受験勉強の進め方

日本薬科大学に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ志望学部の入試情報を確認し、勉強の優先順位を決める

日本薬科大学に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。

ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのために、まずは志望学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めましょう。

ご存じだと思いますが、大学入試では大学や学部によって科目、配点、出題範囲はバラバラです

ですので、入試情報で配点が高い科目や出題範囲をしっかりと確認し、入試に重要なところから優先的に対策を進めていくことが合格への近道です。

反対に、入試情報を知らないまま受験勉強を進めてしまうと、配点の高い科目を後回しにしてしまったり、入試に出ない範囲の勉強に時間を使ってしまったりと、非効率な受験勉強をしてしまう可能性があります。

下記は、日本薬科大学の学部別の入試情報です。

日本薬科大学 
学部別入試情報

※前期のみ掲載 ※偏差値、大学入学共通テスト(センター試験)得点率は河合塾のデータを参照
※2020年度の入試情報です

薬学部

学科 偏差値
37.5
医療ビジネス薬科学 37.5

[薬/N方式] 配点(200点満点)

  • 理科(100点):「化基・化」・「生基・生」から1科目選択
  • 数学(100点):数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)
  • 外国語(100点):コミュ英I・コミュ英II・英語表現I
    ※数学・外国語から1科目選択

[医療ビジネス薬科学/N方式] 配点(200点満点)

  • 国語(100点):国語総合(古典を除く)
  • 数学(100点):数I
  • 理科(100点):化基・生基から選択
  • 外国語(100点):コミュ英I
    ※国語・数学から1科目選択
    ※理科・外国語から1科目選択

※当ページの大学入試情報は執筆時点での情報となります。最新の情報については、大学の公式サイトをご確認ください。

志望学部の入試情報はご確認いただけましたか?

もし、配点の高い科目が苦手科目だったり、後回しにしてしまっている科目だったりした場合には、要注意です。今すぐに受験勉強の進め方を変える必要があります。

ステップ日本薬科大学の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

日本薬科大学の場合、入試問題の傾向は、毎年一定で、ほぼワンパターンです。
問題量、難易度、出やすい分野が決まっているのです。

ですから、日本薬科大学に合格するためには、日本薬科大学の傾向を知った上で、 優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

いかがでしょうか?

今まで、日本薬科大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。
ですが、日本薬科大学の入試に出ない分野の勉強を行っても、合格は近づきません。

反対に、日本薬科大学の傾向を事前に理解し、受験勉強を進めていけば、日本薬科大学に合格できる可能性ははるかに上がるのです

日本薬科大学に合格する
受験勉強法まとめ

さて、今までは日本薬科大学に合格するための受験勉強の進め方について、ご紹介しました。

まず、ステップ1が「志望学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」、そして、ステップ2が「日本薬科大学の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」です。

この2つのステップで受験勉強を進められれば、日本薬科大学の合格は一気に近づきます。

日本薬科大学対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には、このように日本薬科大学の傾向に合わせて受験勉強を進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

たとえば、「英語の長文読解が苦手」といっても、苦手な原因が、単語なのか文法なのか、速読なのか読解なのか、自分では分からないという人も少なくないと思います

また、苦手な原因が分かっていても、それを克服するには、どんな参考書を使って、どんな勉強を進めればいいのか、自分で考えて対策を進めるのはなかなかハードルが高いですよね。

受験生の多くが通う塾・予備校では、基本的に集団授業なので、生徒さん一人ひとりに合わせた日本薬科大学対策はしてくれません。

さらに、授業以外の自習の時間の勉強内容はすべて自分で考える必要があります

では、個別指導塾や家庭教師はどうなのかというと、偏差値が届いていない状況から日本薬科大学に合格するには、教えてくれる講師側に、学力や指導力に加えて、日本薬科大学対策への専門性、偏差値の届かない状況から多くの生徒さんを合格させてきた実績があることが必要です

しかし、都市部から離れれば離れるほど、そういった大学受験専門のプロ講師が近くの教室にいる可能性は低くなっていきます。

では、成績が届いていない生徒さんは、日本薬科大学を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタは、日本薬科大学に合格させるノウハウをもっています。

ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「日本薬科大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

メガスタの
日本薬科大学対策とは

日本薬科大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが日本薬科大学の受験生に選ばれる6つの理由

日本薬科大学対策はメガスタにご相談ください

日本薬科大学に合格させるための指導とは

日本薬科大学に合格させる指導プラン

日本薬科大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が日本薬科大学対策をします

日本薬科大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが日本薬科大学の受験生に選ばれる6つの理由

日本薬科大学対策はメガスタにご相談ください

日本薬科大学に合格させるための指導とは

日本薬科大学に合格させる指導プラン

日本薬科大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が日本薬科大学対策をします

日本薬科大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが日本薬科大学の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

日本薬科大学対策はメガスタにご相談ください

日本薬科大学に合格させるための指導とは

日本薬科大学に合格させる指導プラン

日本薬科大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が日本薬科大学対策をします

日本薬科大学への逆転合格は
メガスタに
おまかせください!!

日本薬科大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

日本薬科大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

日本薬科大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

まずは、メガスタ

資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

日本薬科大学 
キャンパス&大学紹介

URL

■日本薬科大学公式サイト
https://www.nichiyaku.ac.jp/

住所

■【さいたまキャンパス】〒362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室10281

■【お茶の水キャンパス】〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目15-9

詳細情報

  • ・歴史:2004年
  • ・薬学部:合計350名、男性 54%、女性 46%

日本薬科大学に
成績が届いていない生徒さんへ

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、期待する結果を出せる可能性は非常に高まります。メガスタは、日本最高レベルのトッププロ講師陣と業界で最も手厚いサポート体制で、みなさんの求める結果を出すために全力でサポートします。

そんなお悩みを一つでも抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒にがんばりましょう!

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

関東地方の大学別・入試傾向と対策ポイント