オンライン家庭教師のメガスタ

志望校に届いていない高校生へ

対策が分かれば合格できます!

E判定から中央大学
合格するための
入試傾向・対策ページ

中央大学の受験に
役に立つ情報をお届けします!

中央大学を目指している方へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 中央大学の偏差値に届いていない
  • 中央大学で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、大学受験に対して不安も大きいと思います。

このページでは、中央大学に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

中央大学に合格するための受験勉強の進め方

ご存じだと思いますが、中央大学は学部によって入試内容がバラバラです。
同じ大学でも学部によって、受験科目・配点・問題の傾向などが異なります

では、一体どのように対策を進めれば中央大学合格を近づけることができるのでしょうか?

下記では中央大学に合格するための受験勉強の進め方を2つのステップに分けて、学部・科目別にご紹介しています。ぜひ受験勉強の参考にしてください。

中央大学 
学部・科目別合格対策

いかがでしょうか?

上記ページで紹介している2つのステップで受験勉強を進められれば、たとえ偏差値が届かない状況からでも合格できる可能性ははるかに上がります。

中央大学対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には中央大学対策を一人で進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

塾や予備校での中央大学対策とは個別指導塾での中央大学対策とは

塾や予備校での中央大学対策とは個別指導塾での中央大学対策とは

塾や予備校での中央大学対策とは個別指導塾での中央大学対策とは

では、成績が届いていない生徒さんは、中央大学を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタは、中央大学に合格させるノウハウをもっています。何をやれば中央大学に合格できるのかを知っています。

ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「中央大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

短期間でも合格させます!
メガスタの
オンライン指導をお見せします

クリックすると動画が再生されます。
オンライン指導の様子をぜひご覧ください。

メガスタの
中央大学対策とは?

中央大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが中央大学の受験生に選ばれる6つの理由

中央大学対策はメガスタにご相談ください

中央大学に合格させるための指導とは

中央大学に合格させる指導プラン

中央大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が中央大学対策をします

中央大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが中央大学の受験生に選ばれる6つの理由

中央大学対策はメガスタにご相談ください

中央大学に合格させるための指導とは

中央大学に合格させる指導プラン

中央大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が中央大学対策をします

中央大学に強いオンライン家庭教師のメガスタとは?

メガスタが中央大学の受験生に選ばれる6つの理由

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

理由6

中央大学対策はメガスタにご相談ください

中央大学に合格させるための指導とは

中央大学に合格させる指導プラン

中央大学対策のプロ講師が指導します

オンライン家庭教師が中央大学対策をします

中央大学 
キャンパス&大学紹介

URL

中央大学公式サイト
https://www.chuo-u.ac.jp/

住所

【多摩キャンパス】〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1

【後楽園キャンパス】〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27

【市ヶ谷キャンパス】〒162-8473 東京都新宿区市谷本村町42-8

【市ヶ谷田町キャンパス】〒162-8478 東京都新宿区市谷田町1-18

詳細情報

  • ・教員数:教授461・准教授129・講師1・助教72
  • ・学生総数:男15,434・女9,523、計24,957
  • ・新入生総数:6,043
  • ・付置研究所:日本比較法・経理・経済・社会科学・人文科学・企業・保健体育・理工学・政策文化総合

中央大学の特徴

中央大学は、1885年(明治18年)7月8日に増島六一郎、菊池武夫、穂積陳重、藤田隆三郎ら18人の法律家により英吉利法律学校として設立され、この日が創立記念日となっています。1905年(明治38年)8月に経済学科の設置によって中央大学と改称、1920年(大正9年)に日本の私立大学では早稲田大学・慶應義塾大学についで、最も古い段階で大学令に基づく大学となりました。

英吉利法律学校設立時の建学の精神は「實地應用ノ素ヲ養フ」であり、これをもとに建学の精神と学風をまとめて現在では個人の自由の尊重と実証的・合理主義の学風という表現にしています。

創立当初から実学教育重視の姿勢を取り、現在でもインターンシップなどの実践的教育に力を入れています。2003年度からは各学部の教育に加えて、学籍は各学部に置きながらも学部横断的に設置された課程に所属するファカルティリンケージプログラム (FLP) を導入し、学際分野でも実践的教育を行うようになりました。現在、欧米・東アジアの大学を中心に約180校の派遣留学協定大学があります。

校章とシンボルマークは白門を表す白色で大学と中央の文字をあしらった校章のほか、「C」のシンボルマークもよく知られています。

中央大学の受験情報

2022年度入試について、中央大学ではいくつかの変更点が発表されました。
中央大学では一般選抜の名称が大きく変更されます。
これまでの「統一入試」は「6学部共通選抜」と呼ばれ、「一般入試」「英語外部検定試験利用入試」「大学入学共通テスト利用入試(併用方式)」はそれぞれ「学部別選抜 一般方式」「学部別選抜 英語外部試験利用方式」「学部別選抜 大学入学共通テスト併用方式」とされ、「大学入学共通テスト利用入試(単独方式)」は「大学入学共通テスト利用選抜(単独方式)」とされます。
また名称変更に伴い、入学検定料も変更となります。

理工学部では新たに学部別選抜 英語外部試験利用方式を実施します。
通称『理工グローバル入試』と呼ばれ、募集人員は数学科3名、物理学科2名をはじめとし、理工学部全体では24名です。
出願資格には英語資格・検定試験の基準がありますが、例えば実用英語技能検定においては準1級・1級に限り、リーディング575以上、ライティング575以上、リスニング495以上、スピーキング495以上など細かく基準が設定されており、これらすべてを満たす必要があります。なお志望学科によって、これらの基準スコアは異なります。
合否判定は理工学部一般方式「理科」「数学」の2教科2科目の合計得点で行われます。
物理学科、電気電子情報通信工学科は理科において「物基・物理」「化基・化学」のみの選択、その他の学科では「生基・生物」も含めた3科目からの選択となっています。
配点は各100点満点、2教科2科目の合計200点満点(数学科は数学の配点を200点に換算するため300点満点)となっています。

また、特別入試においても変更があり、法学部・経済学部・商学部・理工学部・文学部・総合政策学部のスポーツ推薦入学試験の選抜区分は、これまでの「学校推薦型選抜」から「総合型選抜」へとなります。
理工学部についてはさらに出願資格にも一部が変更があり、これまで「数学Ⅲ」は履修していることが望ましいとされていましたが、2022年度入試より「数学Ⅲ」の履修を必須とすることとなりました。

中央大学の倍率・偏差値・入試難易度

中央大学は、東京都八王子市にメインキャンパスを置く私立大学です。中央大学は、GMARCHの一角を占める人気の有名私立大学で、看板学部の法学部の司法試験対策を始め、各種資格試験に強い大学として、全国の受験生に人気があります。また、芸術・芸能・マスコミなど多方面に著名人を輩出していることでも有名です。2019年度には国際経営学部、国際情報学部の2学部が新設され、英語で経済や情報学が学べる学部として人気が高まっています。

中央大学の入試倍率は、法学部2.9倍、経済学部4.5倍、商学部4.9倍、理工学部3.2倍、文学部2.8倍、総合政策学部3.9倍、国際経営学部4.1倍、国際情報学部5.2倍となっており、学部によってやや変動はあります。また、入試方式もさまざまで科目数にもよって人気が変動するため、志望する学部の入試方式と得意科目、募集人数等を照らし合わせて日程を選ぶことが合格の可能性を引き上げます。

中央大学の偏差値は、河合塾基準で法学部57.5~65、経済学部、総合政策学部、国際経営学部、国際情報学部60~62.5、商学部、文学部57.5~60、理工学部55~60です。とくに看板学部である法学部法学科の国公立大学や早慶などの法学部志望者からの併願人気も高く、全国から受験生が集まります。

中央大学の入試難易度は、GMARCHの中でも特に標準的な問題が出題されるため初めて過去問を見た際には拍子抜けするかもしれません。しかし、油断は一切禁物で、その分合格最低点が非常に高いことで知られています。そのため、早慶で出題されるような難問・奇問をたくさん解くよりも、標準的な問題で間違えないように土台をしっかりと固めておくことが重要です。また、中央大学は入試改革後も入試の内容に大きな変動はありませんので、過去問を活用して演習を繰り返し、出題パターンに慣れておくこと、出やすい単元や頻出問題を把握して入試に準備しておくことが合格を近づけます。

中央大学受験生のよくある質問

中央大学を目指す受験生からよくお伺いいただくご質問をご紹介します。 ぜひ、受験勉強の参考にしてください。

中央大学の受験科目は?

中央大学の受験科目はどの学部を受験するかによって異なります。詳しくは中央大学学部別傾向・対策ページをご確認ください。

中央大学にはどんな入試方式がありますか?

中央大学には総合型選抜入学試験、自己推薦入学試験、高大接続入学試験、高大接続型自己推薦入学試験、海外帰国生等特別入学試験、英語運用能力特別入学試験、ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語特別入学試験、スポーツ推薦入学試験、社会人入学試験、指定校推薦入学試験、指定校推薦入学試験、などがあります。詳しくは中央大学の公式ホームページをご確認ください。

中央大学の倍率・偏差値は?

中央大学の一般選抜の倍率は、4倍~8倍ほどで学部によって差があります。例年、倍率が10倍前後なのが国際情報学部と経済学部で、 中央大学の中で例年控えめなのが法学部、理工学部、文学部です。 中央大学の偏差値は、55.0~65.0で、学部によって差がありますがどの学部も難関レベルです。

中央大学の受験に合格するための勉強法は?

中央大学の入試問題は、標準的な問題を中心に出題されることが特徴です。そのため、中央大学に合格するには、高得点を取る必要があります。中央大学の発表している合格者最低点は、偏差値法によって換算されている点数ですので、素点ではありません。
素点は公表されていないので定かではありませんが、学部によっては自己採点で7割取れていても落ちたという受験生もいらっしゃいますので、合格ラインは75%~80%程度だと想定されます。したがって、標準的な訪問で高い得点を取れる力が必要となります。
早稲田や慶應のように、教科書外からの知識も多数出題される大学とは効率的な対策方法が異なってきますので、注意が必要です。

中央大学合格に向けて
メガスタと一緒に頑張りませんか!

中央大学合格へ向けて全力でサポートします

中央大学合格へ向けて全力でサポートします

中央大学合格へ向けて全力でサポートします

中央大学の受験生によくあるお悩み

中央大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

中央大学の受験生によくあるお悩み

中央大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

中央大学の受験生によくあるお悩み

中央大学対策について知りたい方は資料をご請求ください

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

地方の大学別・入試傾向と対策ポイント