大阪大学

志望校に届いていない高校生へ 対策が分かれば合格できます! E判定から
大阪大学
合格するための
入試傾向・対策ページ

画像出典:ソライエ8288 [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

大阪大学を目指している方へ。
こんなお悩みはありませんか?

  • 受験勉強のやり方が分からない
  • 勉強しているのに成果がでない
  • 大阪大学の偏差値に届いていない
  • 大阪大学で何が出るのか分からない
  • 何を勉強すれば合格できるのか分からない

こういったお悩みを抱えていると、大学受験に対して不安も大きいと思います。

このページでは、大阪大学に合格するために具体的にどうすればいいのか、大学受験で実績のある私たちから詳しくお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

大阪大学に合格するための受験勉強の進め方

大阪大学に合格するために、受験勉強をどのように進めていけばいいのか、2ステップに分けて、具体的にご紹介します。

ステップ志望学部の入試情報を確認し、勉強の優先順位を決める

大阪大学に偏差値が届いていない場合、やみくもに何から何まで勉強している時間はありません。

ですので、効率的に受験勉強を進めていく必要があります。
そのために、まずは志望学部の入試情報を確認し、必要科目や配点などを参考に、受験勉強の優先順位を決めましょう。

ご存じだと思いますが、大学入試では大学や学部によって科目、配点、出題範囲はバラバラです

ですので、入試情報で配点が高い科目や出題範囲をしっかりと確認し、入試に重要なところから優先的に対策を進めていくことが合格への近道です。

反対に、入試情報を知らないまま受験勉強を進めてしまうと、配点の高い科目を後回しにしてしまったり、入試に出ない範囲の勉強に時間を使ってしまったりと、非効率な受験勉強をしてしまう可能性があります。

下記は、大阪大学の学部別の入試情報です。

大阪大学 
学部別入試情報

2次試験の動向

「発展的な学習内容」として記載されている内容からは出題されない。
一般選抜の追試験3/22,23実施予定。総合型選抜・学校推薦型選抜には特別措置あり
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/admissions/faculty/general/a

※前期のみ掲載 ※偏差値、大学入学共通テスト(旧センター試験)得点率は河合塾のデータを参照

文学部

学科 偏差値
人文 65.0

[一般選抜・個別学力検査](400点満点)

  • 外国語(150点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 国語(150点):国語総合
  • 地歴(100点):世界史B、日本史B、地理B
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B
    ※地歴・数学から1科目選択

[一般選抜・大学入学共通テスト](250点満点)

  • 外国語(50点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(50点):「国語」
  • 地歴(30点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(30点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から2科目選択
  • 数学(50点):「数IA」「数IIB」
  • 理科(40点):「物基」「化基」「生基」「地基」から2科目選択
    ※基礎を付していない科目から2科目選択した場合には、それらを基礎を付した2科目とみなし、2科目の成績を利用

人間科学部

学科 偏差値
人間科学Aパターン 65.0
人間科学Bパターン 65.0

[一般選抜・個別学力検査](600点満点)

  • 外国語(200点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 国語(200点):国語総合
  • 数学(200点):数I・数II・数A・数B

[一般選抜・大学入学共通テスト](600点満点)

  • 外国語(100点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 地歴(100点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(100点):「倫理、政治・経済」
  • 理科(100点):「物基」「化基」「生基」「地基」「物理」「化学」「生物」「地学」
    ※基礎を付した科目は2科目で1科目分とする
    ※地歴・公民・理科から3科目選択、但し理科において同一名称を含む組合せは不可

外国語学部

学科 偏差値
中国語 62.5
朝鮮語 62.5
モンゴル語 57.5
インドネシア語 62.5
フィリピン語 57.5
タイ語 60.0
ベトナム語 60.0
ビルマ語 60.0
ヒンディー語 57.5
ウルドゥー語 57.5
アラビア語 62.5
ペルシア語 60.0
トルコ語 60.0
スワヒリ語 60.0
ロシア語 62.5
ハンガリー語 60.0
デンマーク語 60.0
スウェーデン語 62.5
ドイツ語 62.5
英語 65.0
フランス語 62.5
イタリア語 62.5
スペイン語 62.5
ポルトガル語 62.5
日本語 62.5

[一般選抜・個別学力検査](500点満点)

  • 外国語(300点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II、英語会話)、独、仏、中、韓、西、露から1科目選択
    ※英語専攻志願者は英語を選択すること
  • 国語(100点):国語総合
  • 地歴(100点):世界史B
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B
    ※地歴・数学から1科目選択

[一般選抜・大学入学共通テスト](150点満点)

  • 外国語(25点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(25点):「国語」
  • 地歴(25点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(25点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から2科目選択
  • 数学(25点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(25点):「物基」「化基」「生基」「地基」から2科目選択
    ※基礎を付していない科目から2科目選択した場合には、それらを基礎を付した2科目とみなし、2科目の成績を利用

法学部

学科 偏差値
65.0
国際公共政策 65.0

[一般選抜・個別学力検査](450点満点)

  • 外国語(150点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 国語(150点):国語総合
  • 数学(150点):数I・数II・数A・数B

[一般選抜・大学入学共通テスト](450点満点)

  • 外国語(100点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から2科目選択
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(50点):「物基」「化基」「生基」「地基」から2科目選択
    ※基礎を付していない科目から2科目選択した場合には、それらを基礎を付した2科目とみなし、2科目の成績を利用

経済学部

学科 偏差値
経済・経営 65.0

[一般選抜・個別学力検査(A配点)](60点満点)

  • 外国語(20点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 国語(20点):国語総合
  • 数学(20点):数I・数II・数A・数B

[一般選抜・大学入学共通テスト](540点満点)

  • 外国語(120点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」から1科目選択
  • 国語(120点):「国語」
  • 地歴(60点):「世界史B」「日本史B」「地理B」から1科目選択
  • 数学(120点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 公民(60点):「倫理、政治・経済」
  • 理科(60点):「物基」「化基」「生基」「地基」から2科目選択
    ※公民・理科から1科目選択、但し基礎を付した科目は2科目で1科目分とする
    ※公民・理科の科目は「物理」「化学」「生物」「地学」に代替可能

理学部

学科 偏差値
数学 60.0
物理 62.5
化学 60.0
生物-生物科学 62.5
生物-生命理学 60.0

[数学・化学・生物科学/一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(200点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物、化基・化、生基・生から2科目選択

[物理/一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(200点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物は必須、化基・化、生基・生から1科目選択

[生命理学/一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(200点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物、化基・化

[一般選抜・大学入学共通テスト](300点満点)

  • 外国語(50点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(50点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(50点):「物理」「化学」「生物」「地学」から2科目選択

医学部

学科 偏差値
70.0
保健-看護学 57.5
保健-放射線技術科学 57.5
保健-検査技術科学 57.5

[医学/一般選抜・個別学力検査](1500点満点)

  • 外国語(500点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(500点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(500点):物基・物、化基・化、生基・生から2科目選択
  • 面接

[保健-看護学/一般選抜・個別学力検査](400点満点)

  • 外国語(200点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 数学(100点):数I・数II・数A・数B
  • 理科(100点):物基・物、化基・化、生基・生から1科目選択

[保健-放射線技術科学・検査技術科学/一般選抜・個別学力検査](600点満点)

  • 外国語(200点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 数学(200点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(200点):物基・物、化基・化、生基・生から2科目選択

[医学/一般選抜・大学入学共通テスト](500点満点)

  • 外国語(100点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(100点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(100点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(100点):「物理」「化学」「生物」から2科目選択

[保健/一般選抜・大学入学共通テスト](500点満点・600点満点)

  • 外国語(放射線技術科学・検査技術科学:100点、看護学:200点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(100点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(100点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(100点):「物理」「化学」「生物」「地学」から2科目選択

歯学部

学科 偏差値
60.0

[一般選抜・個別学力検査](1200点満点)

  • 外国語(300点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 数学(300点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(300点):物基・物、化基・化、生基・生から2科目選択
  • 面接(300点)

[一般選抜・大学入学共通テスト](450点満点)

  • 外国語(100点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(100点):「物理」「化学」「生物」から2科目選択

薬学部

学科 偏差値
薬学部 62.5

[一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(150点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物、化基・化、生基・生から2科目選択
  • 小論文(50点)
  • 面接

[一般選抜・大学入学共通テスト](400点満点)

  • 外国語(50点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(100点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(100点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(100点):「物理」「化学」「生物」から2科目選択

工学部

学科 偏差値
応用自然科学 57.5
応用理工 60.0
電子情報工 60.0
環境・エネルギー工 60.0
地球総合工 60.0

[一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(200点):コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物は必須、化基・化、生基・生から1科目選択

[一般選抜・大学入学共通テスト](300点満点)

  • 外国語(50点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(75点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(75点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(50点):「物理」「化学」「生物」「地学」から2科目選択

基礎工学部

学科 偏差値
電子物理科学 60.0
化学応用科学 60.0
システム科学 62.5
情報科学 62.5

[一般選抜・個別学力検査](700点満点)

  • 外国語(200点):英(コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II)、独、仏から1科目選択
  • 数学(250点):数I・数II・数III・数A・数B
  • 理科(250点):物基・物は必須、化基・化、生基・生から1科目選択

[一般選抜・大学入学共通テスト](300点満点)

  • 外国語(50点):「英語(リスニングを含む)」「独語」「仏語」「中国語」「韓国語」から1科目選択
  • 国語(75点):「国語」
  • 地歴(50点):「世界史B」「日本史B」「地理B」
  • 公民(50点):「倫理、政治・経済」
    ※地歴・公民から1科目選択
  • 数学(75点):「数IA」必須、「数IIB」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目選択
  • 理科(50点):「物理」「化学」「生物」「地学」から2科目選択

※当ページの大学入試情報は執筆時点での情報となります。最新の情報については、大学の公式サイトをご確認ください。

志望学部の入試情報はご確認いただけましたか?

もし、配点の高い科目が苦手科目だったり、後回しにしてしまっている科目だったりした場合には、要注意です。今すぐに受験勉強の進め方を変える必要があります。

ステップ大阪大学の入試傾向に沿って、出やすいところから対策する

大阪大学の場合、入試問題の傾向は、毎年一定で、ほぼワンパターンです。
問題量、難易度、出やすい分野が決まっているのです。

ですから、大阪大学に合格するためには、大阪大学の傾向を知った上で、 優先順位の高い分野から解けるように対策していくことが合格を近づけます。

下記では、大阪大学の科目別の入試傾向と対策を簡単にご紹介しています。

大阪大学 
科目別入試傾向と対策

英語

大問数 4問
解答形式 記述式
試験時間 90分(文学部は105分)

大阪大学入試英語は語彙力がカギ!

大阪大学の個別試験の英語の対策には、語彙力の養成が欠かせません。大問1は英文和訳問題で、難解な言い回しをうまく日本語に置き換える力が必要です。大問2は長文読解で、この問題は英文量も多く、時間がかかりますが、他の大問にも時間をかける必要があるため、英文速読理解の対策が必要です。大問3は自由英作文で、与えられた課題に対して自らの考えを英文で表現します。正確に表現するためにも語彙力を上げておきましょう。最後の大問4は和文英訳で、(1)は全学部共通の問題ですが、(2)は文学部のみ他の学部と異なる問題が課せられます。この大問では、分からない言葉は他の表現にして置き換えるなどの練習が必要です。 どの大問においても語彙力がカギとなりますので力を入れて頑張りましょう。

数学

大問数 5問
解答形式 記述式
試験時間 150分(文系学部は90分)

大阪大学の数学対策は幅広い内容理解と計算力が重要

大阪大学の数学は、数学Ⅲからの出題が多く極限・微分法・積分法・場合の数・確率・数列・整数、他にも複素数平面も出てます。他の分野との融合問題が多くこの単元だと出ないという考えは止めた方がいいです。計算量も多いので計算の訓練の対策も必須で、理系だと難易度が高い問題が並ぶためすぐに解答出来るものは少ないと言えます。融合問題と証明問題が多めで高度な計算力と理論的思考力が必要で、基礎を徹底して学んでから応用力をつける練習をしたほうがいいです。 文系は理系と違い難易度はそれほど高いですが、幅広い分野から出題されるため苦手分野をなくして知識に差が出ないようにしておくと安心です。

国語

大問数 4題
解答形式 記述式
試験時間 120分

読解力・記述力を養うことが重要

大阪大学の国語は、評論・小説・古文・漢文の4題で構成されており、4分野の全てにおいてハイレベルな読解力と記述力が求められます。大阪大学の国語は基本的に全て記述式となっていて、特に現代文は求められる記述解答量が多い傾向があるため、対策としては時間配分に注意して取り組みやすい問題から手際よく解答を進めていく判断力を養うことが重要になってきます。小説においては作品世界を深く読解し、作品のモチーフを踏まえて自分なりの解釈を提示することが求められてくるので、対策としては過去問題を十分に研究した上で、日頃から文章を深く読み取ることを意識しながら表現力を鍛錬していくことが大切になります。

日本史

大問数 4題
解答形式 記述式
試験時間 90分

年号の暗記と詳細項目の確認をしよう

大阪大学の日本史の入試問題の対策について、毎年すべて200字程度の論述問題が構成されていて、紀元である原始時代やその後の古代、そこから中世や近世や近代などの範囲から出題されている傾向にあります。それぞれの分野で起こった出来事などや、またそのことがどのように影響されたかという事を、自分なりに理解しておき同時にそれを説明する力が重要なポイントになってきます。そのためにも大阪大学の日本史でとるべき対策は、問題集の演習問題を何度も繰り返してすることはもちろんの事、テキスト等のわからないポイントを放っておかないで抑えておいて、全て調べてある程度理解しておくことが大切です。

世界史

大問数 1題
解答形式 記述式
試験時間 90分

時代の背景を把握しておこう

大阪大学の入試問題に関して世界史の対策としては、史料の中から論理的に考えて回答する問題が増えている傾向にあって、条件付きの記述問題も多く出題されているのでそこにポイントを置きます。特に中国を中心にアジア周辺の社会経済に関することであったり、文化のことであったりそれぞれ理解しておくことが重要になります。他にもグローバル化になってからのインターネットによる、ネットワークやそれぞれの国の交流関係なども出題されます。このようなことから大阪大学の入試問題における世界史の入試対策は、中国を中心として周辺のアジア諸国の、社会経済や文化のことなど深く掘り下げて、過去の問題集などでしっかりと復習してやっておく必要があります。

物理

大問数 3問
解答形式 記述式
試験時間 75分(2科目で150分)

大阪大学の物理対策は数学的解析や処理能力などが必須

大阪大学の物理は大問3つの中で力学と電磁気を主なテーマにした問題が1問ずつ出て、残りが波動・熱力学・電磁気・原子のどれかから出てます。2019年には原子も出題しているので注意したほうがいいです。問題ごとに難易度も違い典型問題がそのまま出ることはほぼないので、対策は初見の問題文を丁寧に読んでから先入観をなくして整理し、体系化した知識も必要です。大量問題を解いて経験を積まなくても、公式や法則の意味が体系的に理解出来ているなら高い得点も狙えます。 東大や京大に引けを取らないほど難しい問題があるため、問題文を読み解いて状況を把握できる理解力、そこに成り立つ関係式を見つけられる発想、計算を解ける計算能力など総合力が必要です。

化学

大問数 4問
解答形式 記述形式や選択形式
試験時間 75分(2科目で150分)

大阪大学の化学対策は知識の正しい理解が必須

大阪大学の化学の問題はレベルが高くて考察が多いですが、対象なのは教科書に出る分子や現象なことが主で、教科書を基本に力をつけていくのがおすすめです。まず必要なのは各学問分野への意欲と応用力、知識を使うには正しい理解が欠かせず、そこから考えて応用できる力を養う必要があります。 教科書を理解してから、類題・過去問を解答していきましょう。2科目だと150分の試験なのでその時間内で解ける練習も必須で大問1つが17分から18分が目安ですので時間配分も気をつけましょう。

生物

大問数 4問
解答形式 記述形式・選択形式
試験時間 75分(2科目で150分)

結果の考察を論理的にまとめよう

大阪大学の生物は、医学部であれば2類がメインで出題される傾向です。2019年度は主に人体構造とDNA配列の4問となっており、1000文字の文章に記載されている事柄を把握して自身の言葉で説明する問題となっていました。対策としては生物学の問題をしっかりと把握しつつ、小論文と同じように論理的な言葉でまとめられる文章力を鍛えるのが望ましいでしょう。日頃から対策で応用問題を解きつつ、導きだされた答えを文章で説明する練習をおこなうことで、入試対策の実力があがります。

いかがでしょうか?

今まで、大阪大学にどんな問題が出るのかを知らないまま勉強を進めていた方もいるかもしれませんね。
ですが、大阪大学の入試に出ない分野の勉強を行っても、合格は近づきません。

反対に、大阪大学の傾向を事前に理解し、受験勉強を進めていけば、大阪大学に合格できる可能性ははるかに上がるのです

大阪大学に合格する
受験勉強法まとめ

さて、今までは大阪大学に合格するための受験勉強の進め方について、ご紹介しました。

まず、ステップ1が「志望学部の入試情報を確認し、受験勉強の優先順位をつけること」、そして、ステップ2が「大阪大学の科目別の入試傾向を知り、出やすいところから対策すること」です。

この2つのステップで受験勉強を進められれば、大阪大学の合格は一気に近づきます。

大阪大学対策、
一人ではできない…という方へ

しかし、中には、このように大阪大学の傾向に合わせて受験勉強を進めていくのが難しいと感じる方もいるかもしれません。

たとえば、「英語の長文読解が苦手」といっても、苦手な原因が、単語なのか文法なのか、速読なのか読解なのか、自分では分からないという人も少なくないと思います

また、苦手な原因が分かっていても、それを克服するには、どんな参考書を使って、どんな勉強を進めればいいのか、自分で考えて対策を進めるのはなかなかハードルが高いですよね。

受験生の多くが通う塾・予備校では、基本的に集団授業なので、生徒さん一人ひとりに合わせた大阪大学対策はしてくれません。

さらに、授業以外の自習の時間の勉強内容はすべて自分で考える必要があります

では、個別指導塾や家庭教師はどうなのかというと、偏差値が届いていない状況から大阪大学に合格するには、教えてくれる講師側に、学力や指導力に加えて、大阪大学対策への専門性、偏差値の届かない状況から多くの生徒さんを合格させてきた実績があることが必要です

しかし、都市部から離れれば離れるほど、そういった大学受験専門のプロ講師が近くの教室にいる可能性は低くなっていきます。

では、成績が届いていない生徒さんは、大阪大学を諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。私たちメガスタは、大阪大学に合格させるノウハウをもっています。

ですので、今後どうするかを考える上で、お役に立てると思います。

「大阪大学の入試対策について詳しく知りたい」という方は、まずは、私たちメガスタの資料をご請求いただき、じっくり今後の対策について、ご検討いただければと思います。

まずは、メガスタの
資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

メガスタの
志望校対策とは?

私たちメガスタを知らない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に自己紹介をさせていただきますね。

日本最大級の合格実績!
オンライン家庭教師メガスタとは?

メガスタは、大学受験で日本最大級の合格実績を誇る家庭教師です。

私たちメガスタは、受験激戦区・東京(首都圏)で創立以来20年以上、オンラインでは全国何千人もの生徒さんを逆転合格させてきました。

オンライン家庭教師というスタイルでも、対面の指導と全く同じその受験対策は日本全国の生徒さんを志望校に逆転合格させています。

下記では、メガスタが多くの生徒さんに選ばれている理由をご紹介します。

  • 東大、京大を始めとする難関国公立大学や、早慶などの難関私大、医学部など難関大合格実績も多数。
  • 94%以上が、偏差値が届いていない状況からの逆転合格です。D・E判定から志望校に合格させます。
  • 日本最高レベルのトッププロ講師が1対1のマンツーマンで直接指導します。
  • 全国どこに住んでいてもプロの指導が受けられます。早朝~深夜まで時間を合わせて指導可能です。
  • 経済産業省が推進する教育改革プロジェクト『未来の教室』や、内閣府の規制改革推進会議でも、注目のサービスとして紹介されています。

このようにメガスタでは、偏差値が届いていない状況の生徒さんを志望校に合格させていることが大きな特徴です。

少しでも大阪大学対策に不安がある、受験勉強がうまくいっていないという方は、ぜひ私たちメガスタにご相談ください。

メガスタでは、大阪大学に合格させるために
このような指導を行います。

メガスタでは、生徒さん一人ひとりの弱点を見抜き、志望校に合わせた学習プランで、指導を行います。

具体的には、下記のような指導を行います。

  • ① 大阪大学に届いていない原因を見極めます
  • ② 最短ルートで大阪大学に合格するための指導プランを立てます
  • ③ 大阪大学の傾向に沿った志望校対策を行います
  • ④ 自習の時間の勉強内容を指示・管理します
    (オンライン指導の詳細は、オンライン指導とはページをご覧ください)

このように志望校合格に向けて戦略的な指導を行うからこそ、成績が届いていない状況からでも逆転合格が可能になるのです。

これが、メガスタのプロ講師が圧倒的な実績を出せる理由です。

日本最高レベルの大学受験専門プロ講師が、
1対1のマンツーマンで大阪大学専門の指導を行います。

「志望校の対策に詳しい先生に教わりたい」「経験と実績のある先生に教わりたい」というのは、受験生の共通の願いだと思います。

メガスタに在籍するプロ講師は、主に首都圏の駿台・河合・代ゼミ・東進など、大手塾や予備校で活躍する現役講師や元講師、もしくは、家庭教師として長年指導し、高い合格実績を出している講師たちです
メガスタでは、大学受験専門のトッププロ講師が大阪大学に合格させるための1対1のマンツーマン指導を行います。

オンラインの場合、どの地域に住んでいても指導可能。
時間帯も、早朝~深夜までご希望に合わせて指導します。

メガスタのオンライン指導なら、インターネットさえつながれば、小さな島や大雪の降る山の中、はたまた海外でも、大阪大学に詳しい大学受験専門のプロ講師の指導を自宅で受けられます。時間帯もご希望に合わせ、一番条件の合う講師を紹介します。

志望校合格のために全力を尽くします!
D・E判定からの逆転合格は、
メガスタに
おまかせください!!

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、受験勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、志望校に合格できる可能性は非常に高まります。メガスタは、大学受験を知り尽くした日本最高レベルのトッププロ講師陣と、業界で最も手厚いサポート体制で、志望大学への逆転合格を全力でサポートします。

メガスタについて、詳しく知りたいという方は、まずは詳しい資料をご請求ください。オンライン指導の詳細や、オンラインで合格した生徒さんの生の声もご覧いただけます。もしお急ぎの場合には、直接お電話での学習相談も承っております。

まずは、メガスタ

資料をご請求ください

無料資料請求
こちら

大阪大学 
キャンパス&大学紹介

URL

■大阪大学公式サイト
https://www.osaka-u.ac.jp/ja

■入試情報ページ
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/admissions

住所

■【吹田キャンパス】〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-1

■【豊中キャンパス】〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1

■【箕面キャンパス】〒562-0022 大阪府箕面市粟生間谷東8丁目1-1

詳細情報

  • 理事長名:西尾 章治郎
  • 学部学生数:15,250名、男性の人数:10,042名、女性の人数:5,208名
  • 専任教員数:3,249名(教授:942名、准教授:984名、講師:295名、その他:1,163名)
  • 設置学部:文学部、人間科学部、外国語学部、法学部、経済学部、理学部、医学部、歯学部、薬学部、工学部、基礎工学部
  • 併設教育機関:大学院
  • ・歴史:1949年
  • ・文学部:合計165名、男性 38.2%、女性 61.8%
  • ・法学部:合計250名、男性 65.2%、女性 34.8%
  • ・経済学部:合計220名、男性 73.5%、女性 26.5%
  • ・理学部:合計255名、男性 83.7%、女性 16.3%
  • ・医学部:合計260名、男性 77.7%、女性 22.3%
  • ・歴史:1951年
  • ・歯学部:合計53名、男性 54.7%、女性 45.3%
  • ・歴史:1972年
  • ・人間科学部:合計137名、男性 43.7%、女性 56.3%
  • ・歴史:2008年
  • ・外国語学部:合計580名、男性 34.9%、女性 65.1%

1838年に医師・蘭学者だった緒方洪庵によって私塾として設立された「適塾」を原点とし、「懐徳堂」の精神を受け継いで1931年に大阪帝国大学が創設されました。
さらに1947年に大阪大学に改称し、2007年に大阪外国語大学と統合しました。
「世界水準の研究の遂行」「高度な教育の推進」「社会への貢献」などを教育理念として掲げており、「地域に生き世界に伸びる」をモットーに、国内外の様々な問題に対処しうる社会から信頼される専門性と教養、人格を兼ね備えた人材を育成します。
創立90周年にあたる2021年を見据えた4年間を「進化の期」と位置づけ、たゆまぬ自己改革の指針として「OU(Osaka Unibersity)ビジョン2021」を掲げ、社会との共創による知の創出を目指しています。

大阪大学に
成績が届いていない生徒さんへ

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、期待する結果を出せる可能性は非常に高まります。メガスタは、日本最高レベルのトッププロ講師陣と業界で最も手厚いサポート体制で、みなさんの求める結果を出すために全力でサポートします。

そんなお悩みを一つでも抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません。)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒にがんばりましょう!

「結果」を出すために
全力を尽くします!
逆転合格・成績アップは、
メガスタ高校生に
おまかせください!

安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント