オンライン家庭教師のメガスタ

大学別・
入試傾向と
対策ポイント 家庭教師メガスタが
全国の国公立・私立の
難関大学入試を
徹底解説!

大学受験において、入試問題は大学によって出題傾向が異なります。

その一方で、各大学・学部ごとの入試問題は、実は毎年ほぼ一定でワンパターンです。
そのため、志望大学、学部の出題傾向を把握し、出やすいところから逆 算して勉強を進めることが、合格への近道です。
メガスタは塾・予備校と異なり大学ごとに志望校対策を 行い、合格圏外から多数の生徒さんを合格させています。

このページでは、受験生のために、大学別の傾向と対策や勉強のコツな ど、大学入試に役立つ情報をお届けします。

希望の大学を探す

大学名一覧から探す

地図から探す 地域から探す

2021年新大学入試対策について

医学部対策

医学部(医大)を志望されている方は、医学部専門のプロ家庭教師「メガスタ医学部」のサイトを ご覧ください。

全国の医学部の入試傾向と対策ポイントを詳しく解説しています。

※医学部専門プロ家庭教師「メガスタ医学部」のサイトへ移動します。

大学の入試情報をみて
ショックを受けた方へ

みなさんの中には、志望校に偏差値が届いておらず悩んでいるという方も少なくないと思います。志望校の詳しい情報を確認したら、不安になってしまったという方もいるかもしれませんね。

しかし、もし今の偏差値が行きたい大学に届いていないとしてもまだ志望校は変えないでください。メガスタでは、偏差値が志望校に届いていなくても、模試の判定がD・E判定からでも、毎年多くの生徒さんが志望校に逆転合格しています。

ここからは、どうすれば偏差値の届いていない状況から志望校に逆転合格できるのか、受験勉強の正しいやり方についてご説明します。

入試情報を調べた後に
やるべきこと

繰り返しになりますが、各大学・学部ごとの入試問題は、実は毎年ほぼ一定でワンパターンです。そのため、志望校の入試傾向に合わせて出やすいところから対策を進めることが逆転合格の近道です。
具体的には、入試情報を調べたら、次のことを実施してみてください。

① 入試傾向から逆算して、勉強の優先順位を決める
② 志望校の入試で出やすいところから対策する

どの大学どの教科でも、「○○学部の英語は、こうすれば合格点が取れる」というポイントがあるので、その傾向に合わせた対策をすることが合格への近道です。
特に、志望校(学部)と学力差の開きが大きい場合、とにかく時間がありません。そのため、志望校(学部)の入試傾向に徹底的に絞り込んで対策することが必要となります。

ただ、効果的な入試対策(志望校対策)をするには、早稲田なら早稲田、慶應なら慶應の入試傾向に詳しいことが必要です。単に過去問をくり返し解いて慣れるだけなら誰でもできます。それでは意味がありません。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

プロ家庭教師を活用して
本当に行きたい大学を目指してください

繰り返しになりますが、現時点で偏差値が届いてないという理由で、行きたい大学を諦めるようなことはしないでください。志望校の入試に特化して勉強すれば、偏差値が届いていなくても入試で合格点は取れます。

入試に特化して効率よく勉強するために、メガスタのプロ家庭教師を活用してください。プロ家庭教師が、生徒さんが志望校に合格するために足りていないところを正確に見極め、足りない部分を補います。さらに、何から勉強を進めたらいいのか、どうやって勉強を進めたらいいのか困っている生徒さんには、正しい受験勉強のやり方を教えます。

今の自分の学力で行けそうな大学を探すのではなくて、本当に行きたい大学を目指して、合格して頂ければと思います。「現時点で届いていないけれど行きたい大学がある!」という方は、今すぐに資料請求をしてください。お急ぎの方は直接のお電話でのご相談も承っております。

家庭教師が解決!
見落としがちな難関大学の壁

難関大学に合格するのは、他の大学に比べても特に困難ですよね。見落としがちな難関大学の壁をまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

難関大学の壁①勉強の効率が重要!特に、浪人生との差に注意!

現役生の方にとっては忘れがちですが、国公立や上位私大を狙う場合、普通の大学に比べて多くの浪人生もライバルになることは意識しておいた方がいいでしょう。
浪人生は、すでに一度受験を経験しています。つまり、一通りの勉強を済ませています。また、現役生と違って学校・部活・行事などに拘束されることもないので、時間的余裕があります。
経験や勉強時間において有利な浪人生に勝つためには、効率よく受験勉強を進めていくことが非常に重要です。
メガスタのプロ家庭教師なら、生徒さん一人ひとりの現状や志望校に合わせて指導を行います。難関大学の合格に向けて、最も効率よく受験勉強を進められます。

難関大学の壁②モチベーションの維持が合否を分ける!

一方、浪人生の方が現役生より不利になる面もあります。それはモチベーションです。
現役生は、高校でクラス一丸、あるいは学年一丸となって受験勉強を行っていることが多く、受験勉強に対するモチベーションを維持しやすいです。
ですが浪人生の場合、孤独に受験勉強する機会が多かったり、受験生としてさらに1年間過ごさなければいけないストレスもあり、モチベーションを維持しつづけるのは現役生よりも大変です。
5月~6月頃は、現役生に比べて模試の点数も取れるので偏差値が高いですが、9月~10月頃になると現役生が一気に追い付いてくるため、頑張っていても偏差値が伸びなかったり、合否判定が落ちてしまうこともあります。このような状況で、一人でモチベーションを維持するのは非常に難しいです。
メガスタのプロ家庭教師なら、志望校に合格させるための指導を行います。さらに受験勉強を最後まで頑張れるように、たとえスランプになっても克服できるように、最後まで生徒さんのモチベーションを維持していきます。

難関大学の壁③膨大な出題範囲!やみくもな対策は不可能

難関大学の場合、入試問題の難易度はとても高くなります。たとえば教科書に載っていない内容が出題されることがあります。膨大な知識が必要になることもあります。また記述式の場合には、得点を取るための答案作成についても訓練しておく必要があります。
メガスタのプロ家庭教師は、大学・学部ごとの入試傾向に沿って出やすい問題から教えます。さらに記述式の二次試験対策についても、途中の計算式など、どのように答案を作れば点数が取れるのかについても教えます。ハイレベルな入試問題の対策はメガスタのプロ家庭教師にお任せください。

普通のやり方では逆転するのは不可能

高3になったら、他の受験生も頑張り始めます。難関大学ともなれば、高2から本格的に受験勉強を始める方も大勢います。
ですので、たとえば高3の4月に模試でE判定を取った場合にそこから逆転をするのは、塾や予備校などの皆と同じ普通のやり方ではほぼ不可能です。
ですが、メガスタのプロ家庭教師には、E判定や偏差値40台から国公立や上位私大に合格させた実績が数多くあります。現時点の偏差値が届いていなくても諦める必要はありません。メガスタのプロ家庭教師が、志望校に逆転合格させます。

9/30
安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント