オンライン家庭教師のメガスタ

合格者インタビュー 「国立・京都繊維大に合格!」 「弱点を見抜いて埋めてくれた!」 京都工芸繊維大学(工芸科学部)

高木 湊斗さん(山口県)
高木 湊斗さん(山口県)

京都工芸繊維大学(工芸科学部)

メガスタスタッフとご本人のインタビューを掲載しております。

予備校では分からないところを質問できずに困っていました。
だから気兼ねなく質問できるメガスタを始めることにしたんです。

メガスタ:合格おめでとうございます。今の率直なお気持ちを教えてください。

湊斗さん:嬉しすぎて、これはほんとに現実なのかみたいな気持ちです。とにかく嬉しいって感じですね。

メガスタ:メガスタの指導が始まったのはいつからですか?

湊斗さん:高校3年の12月から2月です。前期試験の直前の3ヵ月間指導していただきました。

メガスタ:指導前の成績を教えてください。

湊斗さん:大手予備校の模試でC判定とかそのくらいのレベルでした。

メガスタ:受験勉強で悩んでいたことはありましたか?

湊斗さん:予備校に通っていたんですが、分からないところを講師に聞きに行く勇気がありませんでした。環境は整っていたんですけど、予備校の講師は生徒一人ひとりの理解度を把握している訳でもなかったので、僕の方から聞きに行くのが難しかったですね。

メガスタ:メガスタはどうやって見つけましたか?

湊斗さん:母親が見つけてくれました。1対1なので気兼ねなく質問できるし、僕の理解度に合わせて教えてくれるので、それなら始めてみるのもいいのかなと思いました。

メガスタ:オンライン家庭教師にはどんな印象を持っていましたか?

湊斗さん:オンラインの家庭教師は進んでいるというか、最新のやり方だなと思ったので、あまり不安はありませんでした。それに今はコロナの影響もあって、対面でやるっていうのも心配事が多いので、それならオンライン家庭教師でやるのもいいかなと思いました。

自分ひとりでは英作文の対策は絶対できませんでした。
やはりプロに添削をお願いして良かったです!

メガスタ:指導科目と指導頻度を教えてください。

湊斗さん:英語と数学です。それぞれ週1回で100分ずつですね。

メガスタ:志望校対策はどんな風にやっていましたか?

湊斗さん:英語の指導は、前半は英文の和訳を中心に、前期試験が近づいてからは過去問演習というかたちで英作文の和訳の添削をしてもらいました。数学は過去問演習が中心でしたね。20年分の過去問を解いたので、傾向の研究もできました。

メガスタ:英作文の添削を受けた感想を聞かせてください。

湊斗さん:英作文は、自分ひとりでは絶対に対策できない分野だと思います。今回プロに添削してもらったことで、自分はどこができてどこを間違えたのかが手に取るように分かりました。英作文の書き方や、ある程度の形も教えてくれたので、それに則って書いていけば良いということで、早く正確に書けるようになりましたね。やはりプロ講師にお願いしてよかったです。

メガスタ:共通テストに向けてどんな指導がありましたか?

湊斗さん:数学の指導では大学の過去問を使ってやっていたので、過去問演習を通して問題の流れや解き方を教えてもらった感じですね。

メガスタ:指導時間外の勉強の指示はありましたか?

湊斗さん:「ここはもう1回やってみてね」といように復習するポイントを教えてくれたり、予習する場所も分かったので、指導の時間外でも迷わずに勉強できました。

僕の理解度に合わせて進めてくれたので助かりました!
メガスタはかなりおすすめできます!

メガスタ:どんなところに1対1指導のメリットを感じましたか?

湊斗さん:僕の理解度に合わせて進めてくれたところです。「ここが分からないです」と言ったときに講師も立ち止まってくれて、もう1回きちんと教えてくれたので、そういうところで本当に助かりました。

メガスタ:指導の手応えを感じたポイントはありますか?

湊斗さん:共通テストの問題は、最後に大きな問題を解くっていうのが大問の流れなんですね。その最初の問題文を読んだ時点で、これはこういう流れで問題を解いていくんじゃないかという見立てができるようになりました。

メガスタ:オンラインでのコミュニケーションは問題なかったですか?

湊斗さん:はい。最初からすんなりいけました。

メガスタ:手元用カメラはどのように使いましたか?

湊斗さん:数学の指導では講師が途中式を見てくれて、「ここがおかしかったね」とか、「ここの部分はいいね」ということを教えてくれました。あと英語の指導だと、英作文のときに自分で書いたものをカメラで写して、それを使って授業を進めていました。

メガスタ:家で指導を受けれるメリットは感じましたか?

湊斗さん:僕は山口県に住んでいるんですが、予備校が広島の方で、片道だいたい50分くらいかけて通っているんですね。通うだけでも大変なので、家に帰って一息ついてから始められるのは結構ありがたかったです。そういう形態だったから続いたみたいなところはあると思います。

メガスタ:家庭教師をつけていなかったらどうなっていたと思いますか?

湊斗さん:過去問を始めたときに、どうやって勉強したらいいのかが分からなかったと思います。

メガスタ:後輩にメガスタをお勧めするメッセージをお願いします。

湊斗さん:僕は二次の対策がかなり遅れてしまって、焦ってメガスタを始めたんです。でもプロ講師のおかげで二次試験を自分のものにできました。何より勉強の内容で迷うことがなくなったので、メガスタはかなりおすすめできます。

こちらのインタビューも読まれています

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント