オンラインプロ教師のメガスタ

メガスタと
塾・予備校の違い

偏差値が伸びていない生徒さんに、
最適な選択とは?

志望校に偏差値が届かない生徒は
メガスタと塾・予備校のどちらを選ぶべき?

大学合格を目指すにあたって、ほとんどの方が、塾・予備校、家庭教師などを活用します。
塾・予備校・家庭教師は、それぞれ特長があり、自分に合うやり方を選択することが大切です。
とは言っても、どれが自分に本当に合っているのか悩んでいる人もいるかもしれません。

このページでは、「偏差値が伸び悩んでいる」「苦手単元や抜けがある」「塾や予備校、家庭教師でうまくいっていない」という生徒さんによりよい選択をしてもらうために、メガスタと塾・予備校との違いやそれぞれの特長について詳しくお伝えします。

まずは、メガスタと塾・予備校の大きな違いを見ていきましょう。

違い① 生徒の目標・学力に合わせたカリキュラム

ご存知のように、塾も予備校も特殊な場合を除いて集団授業です。集団授業である以上個々の対策はできません。
どの塾も予備校も年間のカリキュラムが事前に決まっており、先生はそれに従って授業を行っています。つまり、1年を通じて授業の内容が決まっているのです。
生徒さんが多いので、分からない所があっても、その場で質問をして解決することが難しい場合があります。

塾・予備校では、生徒さんの学力に関係なくひとまとめの授業内容

一方メガスタは、家庭教師が隣で教えるような1対1の指導です。カリキュラムは、生徒さん一人ひとりの学力レベル・目標に合わせて相談の上決まります。
そのため、その生徒さんが苦手なところの重点的な強化が可能です。
基本的なところが抜けている場合、個別に生徒の状況に応じて基礎にさかのぼって対策をすることができます。
また、指導中に分からない所があっても、すぐその場で解決できます。

メガスタは、生徒さんが苦手な教科を基礎から指導するなど
個別の対策をします!

違い② 授業以外の時間の活用
生徒さん任せではなく教師が勉強の仕方を指示

塾・予備校では、授業以外の学習時間は生徒さんに任されます。自習時間に何をすればいいか分からず途方にくれてしまう生徒さんも少なくありません。

受験勉強時間における授業以外の学習時間の比率は無視できません。例えば、1日13時間勉強する生徒さんが塾予備校で5時間、自宅で8時間勉強したとしたら、60%以上を家庭など授業以外の学習に費やすということになります。
適切に授業以外の学習の計画をたてて進めることが 受験を成功させる上の鍵となります。

塾・予備校の場合の学習スケジュール

メガスタの場合の学習スケジュール

勉強を教えるだけではなく、「勉強のやり方」を教えるのがメガスタです。生徒さんの指導日だけでなく指導のない日の学習計画も立てます。
その結果、指導を受けている時間以外でも何をしていいか分からずに途方にくれるようなことなく、正しい受験勉強のやり方で学習を進めることができます。

違い③ 苦手単元の穴埋め

塾や予備校に通う場合は、基本的に生徒さんは塾・予備校のカリキュラムに合わせて授業を受けます。過去の単元が消化不良だったり、抜け、理解不足があっても、自分で克服しなければなりません。 一方、メガスタでは、苦手な単元も分かるまで指導を受けることができます。

過去の単元に抜けがあった場合どうなるでしょうか?

英語の場合だと、「高校の文法が抜けている」「単語を覚えてない」「熟語も不十分」といった場合は、そこを穴埋めしないと先に進めません。長文読解はほぼ無理です。

数学の場合も同じです。理解していない単元、苦手な単元などがある生徒さんの場合は、同じくそこを穴埋めしないといけません。そのままにしておくと入試問題や実戦的な問題には手も足も出ない状態が続きます。

また、英語の場合も数学の場合でも、抜けている単元、理解していないところ、やらないといけないところは、生徒さん一人ひとり全く異なります。

基本的な所が抜けている場合、個別に生徒さんの状況に応じて前の段階にさかのぼって対策をする必要があります。繰り返しになりますが、メガスタでは、苦手な単元も分かるまで指導を受けることができます。

違い④ 入試の傾向を踏まえた志望校の学部・併願校対策

塾・予備校とメガスタの最も大きくかつ重要な違いは、「入試の傾向を踏まえた志望校の学部・併願校対策ができるかどうか」という点です。
塾・予備校には志望校別のコースがありますが、一人ひとりに合わせての学部や併願校対策は行いません。

大学受験は入試の形態が多種多様で、大学学部の入試傾向に合わせた指導を受けないと志望校への合格は難しくなります。
そもそも、国立大入試と私大入試とでは全く違います。 また、私立大学でも大学・学部によって、
受験科目、配点、問題の傾向などが異なります。

具体例を挙げると、慶應大学の法学部と経済学部では、高い読解力が必要な「インタビュー文」・「討論文」が出題されますが、他の大学ではあまり見られない出題です。

つまり、大学入試は通り一辺倒な対策では対応できませんし、入試の傾向に合わせて対策しなければ、生徒さんを合格させることはできません。

オンラインプロ教師のメガスタは、入試の傾向を踏まえた志望校の学部対策・併願校対策を徹底して行ないます。
その結果、オンライン指導で首都圏最大級の大学受験合格実績を出しています。

メガスタと塾・予備校の
違いまとめ

塾・予備校とメガスタの受験指導の特長のまとめです。

■メガスタと塾・予備校の比較

偏差値が伸び悩んでいる、苦手単元や抜けがある生徒さんの場合

塾・予備校の
指導の特長
オンラインプロ教師メガスタの
指導の特長
カリキュラム(学習計画)

年間カリキュラムが決まっており、生徒が合わせなければならない

一人ひとりのレベルに合わせて
相談の上決まる
授業でわからないことが
あった場合

授業はどんどん先に進む

その場で質問して全て解決できる
授業以外の学習について
(こちらの時間の方が長い)

授業以外の学習は生徒任せ

授業以外の時間に何をするか、
学習の指示・管理を教師が行う
苦手単元がある場合

自分で何とかしないといけない

さかのぼって教え直してもらい、
苦手単元は解消できる
一人ひとりに合わせた
志望校(学部)
対策(併願含む)

集団授業なので
個別対策はできない

一人ひとりの
志望校(学部)併願校に
合わせた入試対策をする

メガスタと個別指導塾の決定的な違いは?

一般的な塾や予備校とは別に個別指導を売りにする塾があります。
しかし、個別指導をうたいながら、家庭教師のような1対1指導ではなく、1対2、1対3の指導だった、ということは少なくありません。

その点、オンラインプロ教師のメガスタはマンツーマンにこだわります。1対1でなければ、お子さん一人ひとりに合わせた授業を行うことや、学習プランを立てそれに基づいた授業を行うのは無理があるからです。

また、個別指導塾では、講師が学生であるケースが多く、志望校の学部・併願校対策などの専門的な指導を行うことは難しくなります。

■メガスタと個別指導塾の比較

大学受験を目指していて、1対1の指導を希望されている場合

個別指導塾の
指導の特長
オンラインプロ教師メガスタの
指導の特長
指導形式

実際は1対2、
1対3以上の場合が多い

完全1対1の指導
講師の専門性

基本的に学生講師なので、
指導に限界がある

大学受験専門のプロ教師が指導
講師の数

通う教室にいる限られた
講師の中から選ぶ
(授業ごとに担当講師が
代わる場合もある)

1万人以上の教師の中から、
最適な教師を選べる
専門的な
志望校(学部)対策

講師に専門性がないと
できない

専門的な志望校対策を行う

合格圏外からの逆転合格を目指すならメガスタ

もともと成績が良い生徒さんが、難関校と言われる大学に合格するのは当たり前です。塾や予備校は生徒さんの数が多いので、合格者の数は多いですが、志望校のレベルに全く届いていない生徒さんが難関校に合格する例は多くありません。

逆に、メガスタの生徒さんは、ほぼ100%授業スタート時は志望校の偏差値に届いていません。届いていない生徒さんが最後の頼みの綱として入会されています。

「何とか今から間に合わせてほしい」
「受験勉強のやり方が分からず困っている」
「志望大学に偏差値が全く届いていない」

という状況の生徒さんばかりです。

そんな生徒さんには、さかのぼって苦手単元の消化不良・抜け・理解不足への対応が必要です。
苦手を克服するだけではなく、志望校・学部・併願校に合わせた対策も必要です。 塾や予備校で難しいそれらの対策を行い、志望校に届いていない生徒さんを志望校に合格させるのがメガスタの大きな特徴と言えます。

こんな人にオンラインプロ教師のメガスタはおすすめ

ここまで読み進めていただき有難うございました。
メガスタ・予備校・塾の特長をご理解いただけたかと思います。

上の条件に全くあてはまらない生徒さんは、塾や予備校でも十分成果を出せるでしょう。
あてはまる条件が一つでもある生徒さんは、オンラインプロ教師のメガスタ
偏差値を飛躍的に伸ばして志望校に合格することは十分に可能です。

2/26
安心の返金保証付きお試し授業 実施中!

友だち追加で大学受験マル秘情報プレゼント

家庭教師と
比較検討している方へ
他のオンライン家庭教師や
家庭教師とは何が違うの?
メガスタと家庭教師の違いについて

家庭教師との違い1
家庭教師でもオンライン指導でも
実績があります

メガスタは、創立以来25年以上に渡り、家庭教師として首都圏で何千人という生徒さんの成績を伸ばし、指導ノウハウを磨き上げてきました。そして、そのノウハウを活かしたオンライン指導で、全国の生徒さんを志望校に逆転合格させています。オンライン指導で日本最大級の合格実績を出しているのも、家庭教師としての実績があるからこそできることです。

家庭教師との違い2
全国どこに住んでいても
質の高い指導が受けられます

家庭教師の場合、住んでいる地域によって指導できる教師が限られてしまいます。しかし、オンラインなら全国どこに住んでいても関係ありません。「志望校の対策をしてくれる家庭教師が近くにない」「地方に住んでいるから家庭教師を呼べない」という生徒さんにも、質の高い1対1指導を提供することができます。

家庭教師との違い3
35,000人以上の中から
ぴったりの教師を選べます

メガスタには、全国から厳選された35,000人以上の教師が在籍しています。なかでもメガスタのプロ教師は、大手予備校や塾で活躍している現役講師や元講師、もしくは家庭教師専業で長年経験があり、実績を出している講師​です。これまで他の家庭教師やオンライン家庭教師サービスが合わなかったという方でも、メガスタなら生徒さん一人ひとりに合わせた教師を紹介できます。

家庭教師との違い4
AIを使って指導のクオリティを
チェックしています

メガスタでは、「生徒さんが本当に理解できているのか」「一方的な指導になっていないか」など、すべての授業のクオリティをAIがチェックしています。これによって、これまで塾や家庭教師ではなかなか気づくことができなかった授業の課題点をメガスタがすべて把握し、授業内容を調整しています。このようにメガスタでは、日本初のAIを活用することで、生徒さん一人ひとりに合わせた指導を実現しています。

家庭教師との違い5
指導がない日にやるべきことを
教師が指示します

塾や家庭教師で結果が出ていない生徒さんの多くは、正しい勉強のやり方が分かっていません。しかし、塾や家庭教師の場合、指導日以外の勉強はすべて本人任せになっているのが現状です。一方メガスタは、指導がない日の勉強を教師が指示するので、何をすればいいのか分からないということがありません。そして、それにより勉強の効率が一気に上がるので、最短で結果を出すことができます。

家庭教師との違い6
指導開始後もメガスタが
しっかりフォローします!

メガスタでは家庭教師によくあるように、先生を紹介したら終わり、というような投げやりなご紹介は絶対にしません。メガスタのスタッフが担当の教師とご家庭をつなぎ、指導開始後もしっかりフォローいたします。