今までの対面指導や
他のオンライン指導には、
真似できない
メガスタの
オンラインとは!

メガスタは「独自のオンライン」と
「授業クオリティ評価AI」で
結果を
出しています!

メガスタは、オンライン指導で日本最大級の指導実績・合格実績があります。その理由は、「メガスタ独自のオンライン」と「授業クオリティ評価AI」にあります。

ただ単純に対面指導をオンラインにするだけでは、結果を出すには不十分です。それでは対面指導と同じレベルか、それ以下になってしまいます。
ですので、メガスタはオンライン指導に加えて、実際に行われている授業のクオリティ(品質)を「授業クオリティ評価AI」で判別できるようにしました。もちろん教育業界では初めてです。

ではこれから、メガスタのオンライン指導の特長を分かりやすく説明させていただきます。
どうしてメガスタが、オンライン指導でこれだけの実績を出しているのか、そして毎月多くの生徒さんが入会しているのか、その理由をご確認ください。

1対1のオンライン指導と
最先端の
テクノロジー!

他のオンライン指導とは全く違う、
結果を出し続ける、メガスタの
オンライン指導をお見せします

コロナ禍以降、オンライン指導を行うところが増えてきました。
残念ながら、中には「その場しのぎ」とも言いたくなるようなにわかオンライン指導も出てきています。ですので、

  • 「オンライン、大丈夫なの?」
  • 「対面の方がいいんじゃないの?」
  • 「メガスタは他と何が違うの?」
  • 「メガスタは本当に成績が上がるの?」

こんな不安をお持ちの方も多いと思います。
まずは、メガスタのオンライン指導がどんなものかの数分の動画で確認してみてください。

まずは、オンライン家庭教師の実際の指導をご覧ください!

メガスタは独自のAIを使って
成績を上げています

メガスタは生徒さんの成績を上げるために最先端のテクノロジーを使っています。
過去36万回分の生徒さんの指導データから独自の「授業クオリティ評価AI」を創り、すべての生徒さんのすべての指導のクオリティを判別しています。

「うまく行っていない指導」「成績の上がる指導」「結果の出ない指導」
「2人の相性の合っていない指導」「生徒さんが理解していない指導」

などを素早く判別します。

この評価に基づいてメガスタのスタッフが、指導内容を改善するためにスピーディに動きます。
このAIとスタッフとの連携が、メガスタが成績を上げられている大きな理由の一つです。

AIがお子さん一人ひとりの授業を解析し、スタッフが改善のために動いています

他社のオンラインが真似できない
メガスタのオンライン指導プラス
授業クオリティ評価AI、
分かりやすく説明します

2020年のコロナ禍以降、にわかに流行り出したオンラインでの授業ですが、約2年経った現在、そのクオリティが問題になっています。

オンライン授業が広く行われるようになって便利になったのはいいのですが、保護者の方、生徒さんの満足いく指導レベルに達していないのが現状です。

その理由のほとんどがオンライン指導への準備不足です。コロナ禍によって世の中が急に変わったため、多くの会社はオンライン指導への準備期間がなく見切り発車しました。コロナが急だったので仕方がないですが・・・

メガスタは、コロナ禍の遥か前からオンライン指導で結果を出すことに集中してきました。
言うまでもなく、入念な準備の下オンライン指導をスタートさせています。
では、これから具体的にメガスタのオンライン指導についてお伝えしていきます。

対面以上に、教師と生徒が
お互いに「見える」
メガスタのオンライン
お互いの「顔(表情)」と「手元」が
「同時に」くっきりと!

いい授業ができるには環境が必要です。
対面、オンライン関わらず、教師と生徒の「顔(表情)」と書いている「手元」がはっきり確認できる環境が必要です。もちろん、教師と生徒お互いにです。

例えば、教師は、生徒の顔(表情)から、今の体調、モチベーション、本当に分かっているか、などを予測したりします。また、解いている手元を見ることで、分からない問題、箇所、どこでペンが止まったかなどを把握できます。
ですので、教える側から、生徒の顔(表情)と手元が両方見えることが必要です。さらに顔と手元を切り替えて見るのではなく、同時に見えることがポイントです。切替え式だと、見逃してしまうことが発生するからです。

メガスタは当然ですが、
教師と生徒がお互いに、
「顔(表情)」と「手元」が「同時に」
くっきりと確認できます

メガスタのオンライン指導は、「顔(表情)を映すカメラ」と「書いている手元を映すカメラ」の2カメラを使い指導を行っています。この2カメラを指導で使うことによって、

  • 「本当に分かってる?」
  • 「ほんとは理解してないのに『分かってる』と言っていない?」
  • 「問題を解いている時、どこでつまずいている?」

などを把握できます。
教師がこういうことを把握できることで、もう一度さらに分かりやすく説明したり、躓いたところだけを的確に指導する、ということができるようになります。

「生徒の顔(表情)しか見えない」「手元だけしか見えない」「両方同時に見えない」では結果の出る指導はできないとメガスタは考えています。

実際の授業画面
生徒さんに聞きました
Q.画面の見やすさはいかがですか?(手元を移すカメラも含めて)

教師が説明しながら
「書いている手元」が
真上からはっきり見えるので、
とても分かりやすく教えることが出来ます

もちろん生徒さんからも、教師の「表情」や「手元」を見ることができます。担当の教師と真正面から目を合わせながら授業を受けられるので、集中力が続きます。さらに、教師がどうやって問題を解いているのか手順を真上から見られるので、途中で解き方が分からなくなることがありません。

対面の授業との違い
手元がしっかり見えて、教師の解説がわかりやすい!

画面上には書きません
紙に書く授業が行われます

オンライン指導というと、パソコンやタブレットの画面上で操作しながら勉強をするイメージがあるかもしれません。しかし、画面上に文字を書くのと、紙に文字を書くのとでは感覚が違いますよね。
定期テストや大学入試は全て紙のテストですので、メガスタは従来の学習の感覚と変わらずに、紙とペンを使って受けられるオンライン指導にこだわっています。

成績が上がる授業か? 
受かる授業か?
メガスタのAIが判断します!

メガスタでは、生徒さん一人ひとりの毎回の授業に対し「授業クオリティ評価AI」が品質評価を行っています。

AIが評価?? ピンとこない方が多いと思います。
授業で一番大事なのは、生徒さんにとってためになっているか、つまりいい授業が行われているかどうかです。

今までの塾、予備校、家庭教師などは、いい授業だったかどうかを毎回確認する仕組みはありませんでした(生徒アンケートぐらいはあるかも知れません)。
授業を行っている先生、授業を受けている生徒、この当事者間しかどういう授業だったか分かりません。
保護者の方はもちろん分かりませんし、運営している側でさえはっきり掴めていません。

繰り返しますが、お子さんにとって授業のクオリティは大事です。ここが生命線ですし、改めて言うまでもないと思います。

メガスタは、ここをはっきりさせたかったのです。
メガスタは、シンプルに言うと、毎回の授業に対し「成績が上がる授業が行われているか?」「志望校に受かる授業が行われているか?」を独自AIによって分かるようにしたんです。

どうしてメガスタだけが、
「授業クオリティ評価AI」を
創れたの?

少し専門的な話になってしまいますが、AIを作るには大量のデータが必要です。教育で言うと、実際の授業の映像データがなくては創れません。しかも膨大にないと創れないんです。

メガスタは、過去36万回分以上の授業映像データを消去せずに保存しています。この授業データを分析し、数年かけて独自のクオリティ判別ができるAIを創りました。

ですので、このAIを創るには、長い年月オンライン指導に取り組んでいること、膨大な指導映像データを持っていること、そして生徒さんが望む結果を出したいという情熱が必要です。これがメガスタだけが「授業クオリティ評価AI」を創れた理由です。

メガスタの
「授業クオリティ評価AI」で
授業の何がわかるの? 
生徒にどういうメリットがあるの?

では、メガスタの「授業クオリティ評価AI」で何が分かるのかもっと具体的にお話しします。分かりやすくお伝えすると以下の通りです。

  • ①今の指導で成績が上がるか
  • ②教師と生徒さんの相性が良いか
  • ③生徒さんが授業に集中しているか
  • ④生徒さんが質問できているか、コミュニケーションは取れているか
  • ⑤教師が生徒さんのやる気を無くす発言がなかったか
  • ⑥授業のクオリティが下がってきていないか


このようなことが分かります。
つまり、成績が上がるか、志望校に受かる授業が行われているか分かります。
分かることにスタッフがスピーディに的確に動けるので、
従来よりはるかに結果を出せる確率が上がります。

大事な授業の品質、
なぜ確認して来なかったの?
答え=物理的に無理です

では、今まで塾、予備校、家庭教師などは、この大事な指導のクオリティをどうして確認して来なかったのでしょう?

答えは簡単です。それが物理的に無理だからです。
想像してみてください。本当に授業のクオリティを確認するには、誰かが授業(例えば60分間)をつきっきりで確認する、すべての授業を確認するという作業を、全員の生徒さんに行わなければなりません。これはとても無理です。これが出来なかったのは仕方のないことです。

つまり、人の力ではどうにもなりません。ですので、メガスタは授業のクオリティを確認するのはAIに任せ、授業の品質を大幅に上げられるようにしたのです。

指導評価を翌朝AIが作成
生徒さんが望む結果を出すために、
スタッフがスピーディに動きます

AIが指導を評価すると言ってもその評価結果が出るのが遅いと意味が無くなってしまいます。例えば結果が翌月になるとか・・・
メガスタのAIは、当日の授業の評価結果を翌朝に出します。

AIが出した評価に基づき、改善点、問題点、気になるところがあればメガスタのスタッフが動きます。教師や保護者の方と連絡をとり問題点を改善していきます。
例えば、保護者の方との会話はこんな感じです。

  • 「メガスタのAIが○○という結果を出したので連絡しました」
  • 「AIが気になるデータを出したのでお電話しました」
  • 「お子さん今こういう状態ですが大丈夫でしょうか?」

こうやって、生徒さんにとってマイナスになることを事前に掴み防いでいます。

今の授業は、成績が上がる方に向かっているのか?
受かる方向に向かっているのか? 
これが分かることが重要!

AIと言ってしまうと話が難しくなってしまいますが、メガスタが何のためにAIを作ったかと言うと、

  • 「今、生徒さんは成績が上がる方に向かっていけているのか? そうでないのか?」
  • 「志望校に受かる方にちゃんと向かっていけているのか? そうでないのか?」
  • 「目的を叶えられる方向に進んでいるのか? そうでないのか?」

ただ単純にこれを知りたいからです。
これが分かれば、生徒さんの目的(目標)を叶えられる確率が遥かに高くなります。
そのためにメガスタは「授業クオリティ評価AI」を活用しています。

メガスタのオンライン指導は
はっきり言って、
もう対面指導は超えてます

最後に、どうしてもお伝えしたいことがあります。
それは「対面指導」と「オンライン指導」どちらが良いのか?どちらが総合的にクオリティが高いか?ということです。

話しが少しそれますが、メガスタでは訪問型家庭教師の紹介もしています。つまり対面指導です。
ですので客観的に今、「対面指導」がいいのか「オンライン指導」が良いのか分かる立場にいます。そしてどちらが良いのかの基準は、もちろん、どちらが成績が上がっているか、どちらが受かっているか、つまり結果です。

その答えは「オンライン指導」です。

ただ、ここで注意して欲しいのはメガスタの場合ということです。
これまでお伝えしてきたように、メガスタは独自の「オンライン指導」と「授業クオリティ評価AI」を組み合わせたもので成り立っています。

つまり、ただの「オンライン指導」ではないということです。
メガスタのオンライン指導は「メガスタのオンライン指導」と「授業クオリティ評価AI」で塾や家庭教師の対面指導を超える授業が行えています。

最先端のAIに見守られ、
AIによって、
スタッフが生徒さんのためにスピーディに動くオンライン、
どんな授業が行われているか、
生徒と教師しか分からないブラックボックスの対面授業、
皆さんはどっちを選びますか?!

4万人以上の教師全員、
あなたを教える候補
マッチングもデータ重視します

メガスタには4万人以上の教師が在籍しています。全国でも最大級の教師在籍数です。
つまり、メガスタを選択いただいた場合お子さんの候補となる教師は4万人いることになります(少々荒い言い方ですが)。4万人の中からお子さんに最適な教師を選ぶことができます。

対面の個別指導、家庭教師ではこのようなことはできません。
塾の個別指導は1つの教室にいる先生はだいたい10名~15名ですし、その中から先生を選ばなければなりません。
家庭教師も距離の壁がある以上候補の先生の数は限定されます。

つまり、メガスタと塾の個別指導や家庭教師を比較すると、お子さんの候補となる教師数の比較は、メガスタ4万人に対し個別指導塾、家庭教師は10名~20名ということになります。どちらがお子さんに最適な教師に出会えるか、言うまでもありませんね。

最適な教師の選び方
決して相性だけではありません

メガスタの教師は学生、大学院生、社会人、プロ教師まで在籍していますが、それだけでなく様々な特長を持った教師がいます。

指導教科、得意な学年、補習か受験、やる気があまりない生徒が得意、成績の良くない生徒が得意、その逆、など教師の適性も様々です。

もちろんお子さんも十人十色でいろんな生徒さんがいます。性格、今の学習状況、目的など一人として同じ生徒さんは存在しません。

そんな生徒さんと教師をマッチングしていい結果に結びつけることは、簡単なことではありません。
メガスタでは、生徒さんと教師の基本データを基にマッチングしますが、それだけではありません。教師の過去の膨大な指導データをベースにマッチングしているんです。
4万人の教師とこのマッチングスキルでメガスタは合格実績などの結果を出しています。

教師は、実績あります、
オンライン指導も慣れています

塾や学校の授業を受けたことのある方は、オンラインは対面の授業と比べて「わかりにくい」「集中できない」という印象を持っている方も多いかもしれません。

その原因の一つとして「先生のオンライン指導経験の不足」が挙げられます。オンライン指導といっても、普段教室でしている授業を単にオンラインでするだけではダメなのです。それでは、映像授業と変わりません。

オンライン指導で結果を出すためには、指導経験や実績、人柄といった要素だけではなく、「オンライン指導に対する高いスキルやノウハウ」も必要となります。

メガスタでは、「オンライン指導研修」を実施し、メガスタが10年以上にわたって培ってきた「オンラインで結果を出せる指導のやり方」を徹底的に指導しています。
そして、研修の結果、オンライン指導を任せられると判断した教師のみを「オンライン教師」として認め、生徒さんをお任せしています。
教える側に高いオンライン指導スキルがあるからこそ、オンライン指導で対面の指導以上の結果を出すことができているのです。

指導の様子、教えてください! オンライン教師に
聞いてみました

「手もとが見やすいから
お子さんが集中しやすいです!」

北川教師

北川教師

岐阜薬科大学

メガスタのオンライン指導は書画カメラでお互いの手元を映すので、教師生徒ともに集団や個別指導の塾よりも手元が見やすく集中できると思います。
実際に指導してみて、生徒さんが自宅で受けることによりリラックスして授業を受けているからか普段の学校生活の話や悩みなどを素直に話してくれるなと感じました。

「オンラインだからこそ、
生徒さんのやる気に
どこまでも寄り添えます」

杉山教師

杉山教師

20年以上

学力の向上、合格に導くことが自分の一番のミッションだと考えているのですが、オンライン指導が劣るとはまったく思いません。特に10月〜年末にかけての受験直前期は生徒さんのやる気が高まる時期。昨年は大晦日も元旦も授業。夜23時開始や、5時30分開始で指導したこともありました。オンラインは、生徒さんのやる気にとことん寄り添って指導できるスタイルだと思います。

「オンラインで成績を上げてきたからこそ、自信を持って
おすすめできます!」

小野寺教師

小野寺教師

慶應義塾大学

オンライン指導の生徒さんを今まで5人以上担当してきましたが、このコロナ禍でオンライン指導は感染のリスクもなく、地方の生徒も教えられるなどいろいろな利点があります。
メガスタのオンライン指導は手元のカメラを使うことにより、対面とほぼ変わらないクオリティーの指導も実現できると感じております。
今までオンライン指導で何人もの生徒の成績を上げてきているので、これは自信を持って言えます!

「メガスタの先生たちが
心の支えだと言ってくれました」

高橋教師

高橋教師

20年以上

最初はオンラインで深いコミュニケーションが取れるか、授業の質はどうなるか、少し心配でしたが、その心配は全く無用でした。手元もしっかりと写せ、資料などをアップにして、深い内容の授業ができます。コミュニケーションに関する心配も全く無用でした。お子さんたちは、授業後などに、受験や学校の悩みを相談したり、学校で頑張って作った作品を披露されたり、メガスタの先生たちが受験の心の支えだと言って下さいました。

「普段の自主学習の
効率が上がり、
みんな成績アップしています!」

ステファン教師(ニックネーム)

ステファン教師
(ニックネーム)

東京学芸大学

メガスタのオンライン指導では、画面を共有しながら一緒に授業を進めていきます。必ず顔を合わせながら授業をするので安心です。
画面を共有するので、英作文や小論文の添削等も可能です。
普段の自主学習も効率が上がり、目標を1つ1つ達成していくので、みんな成績アップしています!

「お子さんが勉強に対して、
当事者意識を
持ちやすいのが特長です」

南保教師

南保教師

30年以上

オンライン指導だと、お子さんが勉強に対する当事者意識が持ちやすいことがメリットです。
そばに誰もいない環境なのでカメラの位置や発言の内容を意識的に伝わるようにお子さん自身で工夫してくれます。画面越しだからこそのコミュニケーションの工夫が国語に必要な伝える力になります。小学4年生から担当していますがオンラインの不安はありません。

「オンラインだからこそ、
できることがあります!」

濱田教師

濱田教師

東京工業大学

オンライン授業に対する不安というのは誰しもあるものだと思います。実際に僕も大学の授業がオンラインに変わった時は少し不安でした。
ただ、数学だったら、グラフを簡単に作成できるPCのソフトを画面共有して、綺麗なグラフを見てもらいながら解説したりなど、対面の指導ではできないオンラインの授業だからできることもあります。

「対面だと恥ずかしい…
というお子さんにも
おすすめです!」

Hana教師(ニックネーム)

Hana教師
(ニックネーム)

獨協大学

オンラインならではの利点は、まずはコロナの感染リスクを減らせるということだと思われます。
塾には様々なところから生徒様が通っていらっしゃって、密になってしまうこともあるかもしれません。
オンラインですとその心配がないので安心です。

こんな言い方で申し訳ありません
結局、オンラインは
実績と結果がすべてです!

皆さんは、塾や予備校、家庭教師、通信教師などから何を選ぶか決めるとき、何を基準に選ぶでしょうか?
答えは簡単ですね、お子さんの目的が叶えられる確率が一番高いものですね。

つまり一番大事なのは、実績です。
皆さんが叶えたい目標に対して一番実績を出してるところを選択すべきだ思います。

まずは、オンラインプロ教師
メガスタの
資料を
ご請求ください!

お子さんの学年や目的に合わせた
資料をお届け致します。

勉強の「結果」を出すための
マル秘ノウハウもプレゼント
メガスタ高校生 学年別・志望校合格のための方法
メガスタ中学生 やる気、学力が足りなくても
成績がアップできるノウハウ
定期テストで点数を上げる特別対策
メガスタ小学生 お子さんの成績を上げる方法

返金保証付きお試し授業
実施中!
※予告なく終了する場合がございます

無料資料請求
こちら

24時間受付中!

無料電話相談・お問い合わせ
メガスタについてさらに知る