オンラインプロ教師のメガスタ
無料電話相談
はこちら
0120-001-691
【受付時間】 火〜土 10:30〜20:30(日、月、祝 休)
通話無料
無料資料請求はこちら 無料資料請求

東京農大第一中・高に強い
オンライン教師が、
定期テストの点数を
上げます!!
※東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城(一部)のみ、
家庭教師がご自宅に訪問して指導することも可能です。

東京農業大学第一高校・中等部

※メガスタで2021年9月~2022年8月に実施した14万2000回の授業で生徒評価5段階(満足・やや満足・普通・やや不満・不満)から「満足・やや満足」と回答した率

※過去36万回分の生徒さんの指導データから日本で初めて独自の「指導クオリティ評価AI」を創りました。

※メガスタは2007年からオンライン教育事業をスタートさせ、今年で15年を迎えました。

東京農業大学第一高校・中等部に
準拠した指導ができます

オンラインプロ教師 メガスタ私立の東京農業大学第一高校・中等部専門対策ページにお越しいただきありがとうございます。このページでは、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムや定期テスト(定期試験)、内部進学対策について解説しています。

東京農業大学第一高校・中等部のご家庭からは「うちの子に合う学習塾がない」「東京農業大学第一高校・中等部に詳しい講師がいない」「定期テストの点数が上がらない」というお悩み・ご相談をよく聞きます。
東京農業大学第一高校・中等部のご家庭で、お子さんの学習面でお困りの保護者の方にお役に立てる情報がありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

東京農業大学第一高校・中等部の
定期テストの上げ方について

※ご注意 当サイトの内容の著作権はメガスタにあります。テキスト、画像等の無断転載・無断使用は固く禁じます。

 
最新の情報でない場合もあります。

東京農業大学第一高校・中等部の使用教材について

東京農業大学第一高校・中等部では以下の教材を授業で取り扱っています。成績を決めるうえで重要となる定期テストは、基本的にこれらの教材の内容から出題されるため、教材に沿った勉強を行い、理解することが重要です。

英語

【中等部】
・ニュートレジャー
・ニュートレジャーワークブック
・ニュートレジャー文法問題集
・ニュークラウン問題集
・ウィンパス
・ユメタン
・チャンクで英単語
・ディスカバー
・プリント
【高校】
・エバーグリーン
・エバーグリーンワークブック
・総合英語ファクトブック
・ヴィンテージ
・ターゲット1900
・速読英単語
・クラウン

数学

【中等部】
・改訂版 中学校数学シリーズ
・体系数学
・体系問題集
・授業プリント
【高校】
・詳説数学シリーズ(啓林館)
・数学シリーズ(数研出版)
・4ステップ
・アドバンスプラス
・プリント

国語

【中等部】
・新しい国語シリーズ
【高校】
・国語総合(明治書院)
・古典文法10題ドリル
・基礎から解釈へ新しい古典文法
・古典文法315

理科

【中等部】
・系統的に学ぶ中学生物・化学
・改訂版 化学基礎
・改訂版 物理基礎
・授業プリント
【高校】
・リードアルファ

社会

【中等部】
・新しい社会 歴史
・中学生の地理
・中学校社会科地図
・世界の諸地域NOW(帝国書院)

使用教材を見る + 閉じる -

東京農業大学第一高校・中等部の定期テスト対策

東京農業大学第一高校・中等部の定期テストの難度は標準的です。出題内容のほとんどが授業内で扱われた内容から出題されるため、授業の内容をしっかり聞くことが重要です。
また、試験問題は学校で配布されている教材から出題されるため、どこから出題されているかをきちんと把握した上で勉強することが大事です。

英語の定期テスト対策

【中等部1年】教科書とプリントから約6割、単語帳から約2割、問題集から約2割出題

東京農業大学第一高校中等部1年の英語の定期テストでは、 教科書(ニュートレジャー)とプリントから約6割、単語帳(ユメタン)から約2割、問題集(ウィンパス)から約2割の比率で出題されます。

場合によっては、初めて見るような問題が出題されることもありますが、授業で扱った範囲からの問題ですので、教材をしっかりと対策をしていれば、十分な点をとることができます。

そのため、上記の教材をしっかりと対策できれば、定期テストで点を取ることができます。

また、テスト問題は教材から癖のない形で出題されるため、難度は標準的です。

しかし、ニュートレジャーという教材は難度が高めで、扱っている単語の量はとても多く、長文を訳すのにも時間がかかってしまいがちです。

さらに、東京農業大学第一高校中等部1年の英語の定期テストでは、対策が必要な教材が多いため、早くから計画的に勉強することが必須です。

単語やイディオムはテスト前までに暗記してしまいましょう。また、授業で扱った範囲でわからない箇所は早めに解消しておいてください。

その上で、定期テスト前に教科書とプリント、問題集をきちんと対策できれば、高得点を狙うことができます。

【中等部2年】教科書から2割、問題集から3割、プリントから1割、副教材から4割の出題

東京農業大学第一高校中等部2年の英語の定期テストは、教科書(ニュートレジャー)から約2割、問題集(ニュートレジャーワークブック、ニュートレジャー文法問題集)から約3割、プリントから約1割の比率で出題されます。

残りの4割は副教材である(ウィンパス、ユメタン、ディスカバー)から出題されます。

ですので、これらの教材をテスト前までに対策しきることが重要になります。

そして、問題自体の難度は標準的で、見たこともないような問題が出題されることはほとんどありません。

しかし、とにかく対策すべき教材が多いため、日頃から授業の進度に合わせて復習を徹底し、わからない箇所はテスト前までに必ず解消しておきましょう。

このように、東京農業大学第一高校中等部2年の英語の定期テストでは、早めのテスト対策が必要になりますので、学習計画をしっかり立てて、日々復習をきちんと行うことが高得点をとるカギになります。

【高校1年 コミュニケーション英語】教科書から5割、副教材から1割、教材外から4割出題

東京農業大学第一高校1年のコミュニケーション英語の定期テストは、教科書(クラウン)から約5割、副教材である単語帳(ターゲット1900)から約1割が出題されます。

残りの約4割は、教材外の初めて見るような問題から出題されます。

定期テストの問題の難度は標準的です。

教材外の初めて見るような問題の出題割合が高いですが、教科書の内容がきちんと理解できていれば解けるようなレベルの問題です。

つまり、テスト対策としては教科書の内容をきちんと理解し、単語帳をこつこつ覚えておくことが大切です。

日ごろから少しずつこれらの教材を復習しておけば、東京農業大学第一高校1年のコミュニケーション英語で高得点が狙えます。

【高校2年 コミュニケーション英語】教科書から10割出題される

東京農業大学第一高校2年のコミュニケーション英語の定期テストは、 ほぼすべての問題が教科書(クラウン)から出題されます。そのため、教科書の対策を徹底的にやれば満点近くの点数を取ることができます。

そして、初めて見るような難問は出題されないので、テストの難度は標準的と言えます。

また、学校の授業は教科書を中心に行われますので、 授業の内容をきちんと理解しておくことが定期テストの点数に直結します。ですから、東京農業大学第一高校2年のコミュニケーション英語の定期テストで高得点を取るためには、日々の復習で分からないところを残さず解消しておく必要があります。

【高校1年 英語表現】教科書から4割、問題集から4割、教材外から2割出題

東京農業大学第一高校1年の英語表現の定期テストは、教科書(総合英語ファクトブック)から約4割、問題集(ヴィンテージ)から約4割が出題されます。

また、教材外の初めて見るような問題が約2割の割合で出題されます。

つまり、教科書と問題集を徹底的に対策すればそれだけで8割近い得点を取ることができます。

定期テスト自体は標準的な難度ですが、テスト直前につめこんでもいい点数は取れません。

テスト前だけではなく普段からこれらの教材は復習するようにしましょう。

テストまでに何周も熟読しておくことが、東京農業大学第一高校1年の英語表現のテスト対策では重要です。

【高校2年 英語表現】教科書から7割、問題集から3割出題される

東京農業大学第一高校2年の英語表現の定期テストは、 教科書(エバーグリーン)から約7割、問題集(エバーグリーンワークブック)から約3割の比率で出題されます。

教科書の内容をしっかり押さえていれば70点近い点数が取れますので、 まずは教科書の対策を優先的に進めてください。

問題集は定期テスト前の課題として使いますので、それまでに教科書の対策を一通り終えておくのが理想的です。ですから、授業の内容をその都度復習をして、その日に扱った内容をきちんと身に付けておきましょう。そうすることで、定期テストで高い点数が取れます。

数学の定期テスト対策

【中等部1年】プリントからすべての問題が出題される

東京農業大学第一高校中等部1年の数学の定期テストは、 プリントからほぼすべての問題が出題されます。

そのため、とにかくプリントをやりこむことが定期テストで高得点をとるカギとなります。

単元によっては、初めてみるような問題が出題されることもありますので、授業で扱った範囲はしっかりと理解しておきましょう。

また、出題元がわかっており、問題の難度は標準的です。

以上のことから、東京農業大学第一高校中等部1年の数学の定期テストでは、どれだけしっかりプリントの対策ができたかがテストの点数に如実に現れます。

テスト前に慌てて対策するのではなく、毎日の復習でわからないところを解決するようにしておきましょう。

繰り返しになりますが、他の教材に手を付ける必要はありません。とにかく、プリントの内容をしっかり理解して定期テストに臨むようにしてください。

【中等部2年】教科書から2割、問題集から4割、プリントから4割出題される

東京農業大学第一高等学校中等部2年の数学の定期テストは、教科書(体系数学)から約2割、問題集(体系問題集)から約4割、プリントから約4割の比率で出題されます。

ですので、これらの教材をまんべんなく対策しておけば、高得点を取ることができます。

また、問題の難度は標準的で初めて見るような問題が出題されることはほとんどありません。

日頃から宿題はもちろん、授業の進度に合わせて問題集やプリントで演習を重ねておけば、テストでスラスラと回答できるようになります。

以上のことから、東京農業大学第一高等学校中等部2年の数学の定期テスト対策としては、日々の復習と合わせてテスト期間に演習を繰り返すことが重要です。

【高校 数学Ⅰ】教科書から6割、問題集から3割、教材外から1割出題

東京農業大学第一高校の数学Ⅰの定期テストは、教科書(数学シリーズ)から約6割、問題集(4ステップ)から約3割、教材外の初めて見るような問題が約1割出題されます。

そのため、まずは教科書と問題集をまんべんなく対策することが大切です。

定期テストの問題は標準的な難度です。

教科書と問題集に載っている問題が、そのまま出題されるわけではなく、形や問われ方が変わって出題されます。

とはいえ、考え方が理解できていれば解けるものですので、テスト対策ではそうした考え方や原理の理解に注力しましょう。

そのうえでテストまでに問題集で演習を重ねることで、東京農業大学第一高校の数学Ⅰのテストで高得点を狙えます。

【高校 数学A】教科書から8割、教材外から2割出題

東京農業大学第一高校の数学Aの定期テストは、教科書(数学シリーズ)から約8割が出題されます。

それ以外の初めて見る問題が約2割出題されます。

そのため、テスト対策として教科書を重点的に復習しておくことが高得点を取るポイントになります。

日ごろの授業ではきちんとノートをとって復習しやすいようにしておきましょう。

また、日々、教科書の問題を解いて、分からないものは早めに解決するようにしてください。

テスト直前には教科書の問題がスラスラ解けるようになっておけば、東京農業大学第一高校の数学Aのテストで高得点が取れます。

【高校 数学Ⅱ】6割の問題がプリントから出題される

東京農業大学第一高校の数学Ⅱの定期テストは、 約6割の問題が授業で配布されるプリントから出題されます。そのため、高得点を取るためにはプリントの対策が欠かせません。

そして 残りの4割は、先生がランダムで選んだ大学入試の過去問が出題されます。

このように、大学入試レベルの問題が出題されるので、数Ⅱの定期テストの難度は比較的高めと言えます。

以上のことから、東京農業大学第一高校の数学Ⅱの定期テストで高得点を取るためには、テスト期間までにプリントの内容を完璧にして、テスト前は大学入試レベルの演習問題対策に集中するのが理想的です。テスト直前になって慌てないように、日頃から計画的に勉強を進めてください。

【高校 数学B】ほぼすべての問題がプリントから出題される

東京農業大学第一高校の数学Bの定期テストは、 ほぼすべての問題が先生から配布されるプリントの中から出題されます。

学校の授業はこのプリントを使って行われ、習った範囲を超えるような難しい問題は出題されません。ですので、 授業の内容をきちんと理解していれば高得点が取れます。

そして、それはつまり、しっかり対策をしたかどうかで点数が決まるということです。

定期テスト前にまとめて勉強しようとすると、間に合わない可能性があります。そうなると点数を落とすことになりますので、日頃から少しずつ復習をして、分からない問題は早めに解消するようにしてください。その積み重ねが高得点に繋がります。

理科の定期テスト対策

【中等部】応用問題対策で60点取れる

授業については生物は板書メイン、化学はプリントメインで書き込ませます。

どちらについてもそうですがテストについては 知識の暗記だけでは点数が取れないようになっています。

一定数以上の問題をこなす必要があり、実験で行った内容を理解した上で問題が解けるように準備が必要で、生物に関しては一部生物基礎の内容に近いような問題の出題のされ方もしているのでかなり対策が必要になります。

系統的に学ぶ中学シリーズの問題集からの出題は考えられますが普通に購入することは出来ず、生徒でも学校経由では購入できないとのこと。入手可能なら準備したほうが良いでしょう。

【高校 物理】教科書から7割、教材外から3割出題

東京農業大学第一高校の物理の定期テストは、教科書(リードアルファ)から約7割、教材に載っていない問題から約3割が出題されます。

普段の授業はプリントを主に進みますが、テストは教科書ベースに出題されます。

また、教材外からの問題は、センター試験の過去問が出題されることもあります。

つまり、東京農業大学第一高校の物理のテスト対策は、授業のプリントを復習し、教科書の問題を繰り返し解いておくことが大切です。

普段の復習ではこれらの教材を使い、テスト直前には入試問題を使って演習を重ねるようにしてください。

そうすることで演習量が積めるようになり、高得点につながります。

社会の定期テスト対策

【中等部】問題集から7割、教科書から3割出題される

東京農業大学第一高校中等部の社会の定期テストは、問題集(世界の諸地域NOW)から約7割、教科書(中学生の地理)から約3割の比率で出題されます。

そのため、問題集と教科書をしっかりとやりこめば、高得点を狙うことができます。

また、定期テストの問題は、基本的に教材に則った問題が出題されるため、難易度は標準的です。

しかし、暗記が多くなる社会の定期テストは、早めに対策を始めて、しっかりと身に着けておくことが大事です。

ですので、東京農業大学第一高校中等部の社会の定期テストは、普段の復習で暗記をしっかりして、テスト前には見直しをするというように計画的に対策をしてください。

東京農業大学第一高校・中等部の内部進学

【中等部から高校へ進学時】
中等部の3年1学期に内申点が1が2つ以上あると進学できません。

東京農業大学第一高校・中等部の基本情報

【東京農業大学第一高校・中等部 基本情報】
https://www.nodai-1-h.ed.jp/
〒156-0053 東京都世田谷区桜3丁目33番1号
分類:共学

私立専門の家庭教師として25年! 東京農業大学第一高校・中等部に詳しい! メガスタの定期テスト対策で
塾よりも成績を上げます

いままでお伝えしてきたように、メガスタは東京農業大学第一高校・中等部の定期テスト対策についての詳しい情報と点を取るためのノウハウを持っています。ここが他の家庭教師・個別指導塾と大きく違うところです。
ここからはこれらをベースにメガスタがどのような指導を行い、東京農業大学第一高校・中等部のお子さんの成績を上げられるのかをお伝えしていきます。

定期テストがどこから出題されるかを踏まえて対策します

これまでお伝えしてきたように、東京農業大学第一高校・中等部の定期テストは学校から配布されている教材(問題集)から出題されています。さらに、どの教材から何割出題されているのかまで決まっています。
ですのでいろんな教材に手を出すのではなく、学校の教材(問題集)をきちんと解けるようになることが重要です。

メガスタは東京農業大学第一高校・中等部の教材(問題集)を使い、定期テスト対策を行います。当然ですが、どの教材(問題集)からどの程度出題されるかも把握していますので、それに沿って指導していきます。
メガスタはこのように東京農業大学第一高校・中等部の定期テストに合わせた指導を行いますので、確実に定期テストの点数を上げられます。

学校の授業をきちんと理解させていきます

これも繰り返しになりますが、東京農業大学第一高校・中等部の定期テストは基本的には学校の授業の内容から出題されます。ですので当然ですが、定期テストで点数を取るためには日々の学校の授業をきちんと理解しておく必要があります。しかし、東京農業大学第一高校・中等部の授業をすべて理解するのはなかなか難しいことです。ですので、分からないところを解消していくことが必要です。

定期テストでうまくいっていないお子さんのほとんどは、日々の授業で分からなかったところを解消することができていません。ここが定期テストで点数を取れない大きな原因の一つです。
メガスタでは、東京農業大学第一高校・中等部の授業で分からなかったところがあればすぐに解消していきます。具体的には、学校の授業で分からなかったところや間違えたところを分かるまで何度でも繰り返し教えます。

定期テスト前だけではなく、日頃から東京農業大学第一高校・中等部に合わせた指導を行うことでできないところをなくします。ですので定期テスト前に慌てて復習する必要はなくなります。
余裕をもった定期テスト対策を行うことができるようになり、定期テストの点数も上がっていきます。

前学年の内容が分かっていない場合、さかのぼって指導します

東京農業大学第一高校・中等部の定期テストでうまくいっていないお子さんの場合、その原因は今習っているところにあるのではなく前の単元にあることがほとんどです。それによって今やっているところが分からなくなっているのです。こういった場合には、今やっているところよりも前の単元から抜けを解消していく必要があります。

こういうお子さんの場合は、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムに合わせて「何年生の何学期までさかのぼればいいのか」「どこから手をつければいいのか」メガスタが把握し、抜けているところを必要なところまでさかのぼって指導します。これによってお子さんがその教科ができない本当の原因が解消できます。
集団指導の塾では授業のカリキュラムがあらかじめ決まっているため、お子さん一人ひとりに合わせてこうした指導はできません。
これは集団授業ですので、やむを得ないことです。ですがメガスタは、1対1の指導なので、お子さんの状況に合わせてさかのぼって教えることができます。

勉強のやり方を教えます
また指導がない日でもやることを指示します

定期テストの点数がうまく取れていないお子さんのほとんどは、そもそも正しい勉強のやり方が分かっていません。中学生、高校生にとって一番大切なのは正しいやり方で勉強することです。メガスタはお子さんに勉強のやり方を教えていきます。

また、メガスタは指導がある日はもちろん、指導がない日に「何をやるか」「どうやって勉強するのか」をきちんと指示します。担当教師の指導がない日の方が多いため、これらの日に正しいやり方で勉強できるようにならないと結果は出ません。メガスタは、指導以外の時間に自分で勉強できるようにきちんと宿題を出し、管理していきます。
お子さんは正しいやり方で勉強できるようになっていくので、普段の授業の理解度も上がっていきます。


メガスタはこのような指導を行うことで、生徒さんの定期テストの点数を上げることができるのです。

東京農業大学第一高校・中等部の
生徒さんにはメガスタが最適!

集団塾や予備校では、学校の授業内容と合わない

東京農業大学第一高校・中等部の場合、公立校とは違い学校独自のカリキュラムで授業が進んでいくため、成績を上げるためには、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムに合わせた指導をする必要があります。
ですが、塾や予備校は集団授業のため、あらかじめ決められたカリキュラムや教材を用いて授業がすすみます。そのため、東京農業大学第一高校・中等部の授業に合わせた指導はできません。塾の授業と学校の授業とでは、学ぶ内容も教材も進度もまったく違うため、東京農業大学第一高校・中等部の生徒さんにとって、一般的な集団塾や予備校では成績が上がり辛いのです。

個別指導塾でも完全に1対1で教えてもらえるわけではない

それでは個別指導塾はどうでしょうか。個別指導塾の注意点は、実際には先生1人に対して生徒が2~3名という塾が多いことです。
一方、メガスタは、完全1対1のマンツーマンで指導します。
同じ90分指導でも、1対2~3の指導よりも、お子さん1人だけにじっくり時間をかけて指導することができます。

個別指導塾とメガスタの指導方針の違い

また、当然ですがお子さんの成績を上げるには、講師が東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムに詳しい必要があります。しかし、多くの個人指導塾の場合、公立校に通うお子さんの方が圧倒的に多いので、東京農業大学第一高校・中等部の生徒さんを十分に教えるノウハウを期待することはできません。

その点メガスタは、私立専門として指導してきた長年のノウハウがあるため、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムに準拠した指導ができます

東京農業大学第一高校・中等部にお通いの生徒さんで、「苦手科目がずっとそのままになっている」「基礎的なことから抜けが多い」「勉強のやり方がよくわかっていない」という生徒さんには、メガスタが最適な選択肢と言えるのではないでしょうか?

一般的な家庭教師では私立校のカリキュラムに対応できない

完全1対1の指導で考えると、家庭教師が選択肢として上がりますが、一般的な家庭教師も集団塾や個別指導と同様に私立校のカリキュラムに準拠した指導は行えません。繰り返しになりますが、お子さんの成績を上げるためには、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムに詳しい必要があります。

メガスタ私立は全国の私立校のカリキュラムを熟知しています。指導ではお子さんが学校で使っている教材を用いて指導を行いますし、定期テスト前にはこれまでの出題傾向を踏まえてテストに出やすいところを重点的に指導することができます。

お子さんが勉強すべきところが明確に指導できるため、短期間でも成績が上がりやすいのです。

東京農業大学第一高校・中等部の定期テスト対策では
オンライン指導、訪問型家庭教師どちらでも選択できます

東京農業大学第一高校・中等部の定期テスト対策は、家庭教師がご自宅にお伺いして指導する「訪問型指導」でも、パソコンを通して指導を行う「オンライン指導」でもどちらもお選びいただけます。どちらをお選びいただいても、指導内容はほとんど変わりません。東京農業大学第一高校・中等部の定期テストで点数を上げるための専門指導を受けられます。
オンライン指導は、2つのカメラで生徒さんの表情と手元をパソコンに映しながら、リアルタイムで学習指導を行います。もし指導中に生徒さんがつまずいてしまっても、表情やペンの動きの違いを担当教師が気づいて、理解できるまで繰り返し指導することが可能です。そのため、オンライン指導であっても訪問型指導と遜色ない指導ができるのです。

かんたん動画で分かる!

実際のオンライン指導の様子を
動画でご覧いただけます。

「メガスタって?」 「どんな学習指導をしてくれるの?」 「オンライン指導でも成績が
上がるの?」
など、みなさんの疑問を映像で解決!
オンライン指導の様子もご紹介します。


ご自宅に教師が訪問できない地域にお住まいの方や、自宅が最寄駅から離れているという方はもちろん、部活で帰宅が遅い生徒さんや、自宅に教師を呼ぶのが負担に感じるというご家族の方にもご利用いただいております。

返金保証・成績保証 安心して始めていただけるように
メガスタでは2つの保証制度を設けています。

メガスタでは生徒さん、保護者の方に不安なくメガスタを始めていただくために、2つの保証制度を設けています。

返金保証について(訪問型家庭教師は対象外)

まず1つ目が「返金保証」です
実際にオンライン指導を受けていただき、万が一「オンライン指導を受けること自体が生徒さんに合わず、続けることができない」「システムに不具合が発生し、改善の見込みがない」といった場合、入会金とそれまで受けた分の指導料を全額返金いたします。

オンラインでの指導を迷われている方や、実際に指導が成り立つのか不安な方にとって、ご不安なくオンライン指導を始めていただくための保証制度です。
ぜひお気軽にメガスタをご利用ください。

成績保証制度について

もう一つが「成績保証」です
メガスタの指導開始した後に行われる定期テストが、前回のテストの点数を上回らなかった場合、無料で授業を行います。

これまでに数多くの東京農業大学第一高校・中等部の生徒さんの成績を上げてきた、メガスタだからこそできる保証制度です。

成績アップのために全力を尽くします!
東京農業大学第一高校・中等部の
定期テスト対策は

メガスタにお任せください!!

ご存知の通り、東京農業大学第一高校・中等部のカリキュラムは、授業・テスト・進度と他の学校とは異なっています。
そのため、東京農業大学第一高校・中等部で成績を上げるには、「東京農業大学第一高校・中等部に詳しい」ことが必要です。

メガスタでは、これまで、数多くの東京農業大学第一高校・中等部のお子さんを指導してきました。メガスタのオンラインプロ教師が東京農業大学第一高校・中等部に通うご家庭から選ばれるのには理由があります。

東京農業大学第一高校・中等部に詳しいプロ教師をお探しの方は、ぜひメガスタにお問い合せ、または無料の資料をご請求ください。

まずは資料をご請求ください

もし現在、期待する結果が出ていなくても、それは生徒さんの能力のせいではなく、勉強のやり方に問題があるケースが非常に多いです。

そういった生徒さんは、勉強のやり方さえ変えれば、一気に成績を伸ばし、テストで良い点を取れる可能性は非常に高まります。メガスタ私立は日本最高レベルの教師陣と全国の生徒さんを、メガスタだけの指導システムで繋ぎます。

成績アップのために全力を尽くします!
お子さんの成績アップ対策は
メガスタにお任せください!!

  • 勉強のやり方がわからない
  • 定期テストで点が取れていない
  • 近くにいい塾がない
  • 勉強の習慣がついていない
  • 塾で結果がでていない
  • 内部進学に不安がある

そんなお悩みを抱えている方は、まずは詳しい資料をご請求ください。また、お急ぎの場合には、直接お電話でのご相談も承っております。(学習相談で始めるかどうかを決める必要はありません)

最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ一緒に頑張りましょう!

東京農業大学第一高校・中等部の特徴

「4ブロック・プログラム」として、中高6年間を「基礎期」「充実期」「発展期」「完成期」の4つのプログラムポイントに分けています。 国公立・早慶・上智大学に50%合格させることを目指しており、とくに国公立に入るためのプログラムが充実しています。 東農大一では、生徒一人ひとりの能力を最大限に引き出すため、中2・3の英数で習熟度別授業を実施しています。数学の場合、上位クラスと下位クラスで学ぶ内容に大きく差があることもありますので、大学受験を目指すのであれば、できるだけ上位クラスに入っておきたい所です。 中間・期末が実質のクラス分けテストとなるので、定期テスト対策はしっかり行っていきましょう。理想は、定期テスト2週間前から、計画的にテスト対策の勉強に取り組むことです。 東農大一では、確認テストが月1~2回行われます。この確認テストは、苦手な部分を早期に発見し、フォローすることが目的です。苦手や分からない単元をそのままにしない体制になっているので、確認テストを学習のペースメーカーにして、勉強を進めると良いでしょう。

東京23区の
私立校一覧へ